2006/6/22

スタイラス技法  

クリックすると元のサイズで表示します
作品展に出品したものでよくやり方の質問を受けるのは
このスタイラス技法。
これも絵だよりアーチストさんに伝授していただいたものだが
スタイラスとは鉄筆の事だそう。
輪郭を鉄筆で凹ませておいてから、専用の色鉛筆(無ければ普通の色鉛筆でもいいし、クーピーペンシルがやりやすいと思う)で色をつける。その上を再び鉄筆でまんべんなくこすってから、黒で絵を浮かび上がらせる。一見版画のような効果が現れる。
クリックすると元のサイズで表示します

これだけの作業なのだが、困るのは目が見えない事。
色を塗ってから上をこする作業はどこまでをやって、どこがやれてないかが見えにくくて困る。
私よりちょっとだけ若い人むきの技法かもしれない(笑い)

0



2006/6/26  21:01

投稿者:京子

あらあ〜〜〜〜〜クニヒコさん
こんばんは〜〜〜〜始めまして〜
ようこそおいでくださいました!!
どきどきして支離滅裂になりそうです。

はい、たしかに佐野さんから送っていただいたキッドには
クニヒコさんのパンフレットが同封してありましたし
時々お部屋にお邪魔しておりました。
なのに一度もカキコいたしませず大変失礼いたしました。

クニヒコさんは、最近時事関係の人物がメインなんですね。
言いたいことがいっぱいですものね。
和田さんの絵に添えてある言葉がちくりときました。

2006/6/26  19:37

投稿者:クニヒコ

はじめまして。スタイラス技法考案者のクニヒコと申します。確かにくぼませた所がわからなくなることありますよね。わたしの場合は、薄い色から順に、一色塗ってはくぼませ、を繰り返して行きます。それでもくぼませた所に別の色を重ねる場合、もう一度こすっておくことを忘れることもあり、時々わたしも失敗します。どうかめげずに(笑い!)スタイラス技法を楽しんで下さい!では、また素敵な絵手紙を拝見させて下さいね。

http://stylus.blog.ocn.ne.jp/stylusgiho/

2006/6/22  11:51

投稿者:京子

え?え?え?・・・そうだった?
無理じゃないですよ〜〜〜
見にくいけれど見えない訳じゃないですから。

チーコさんも作品展の準備頑張ってるんですね。
頑張ったぶんだけ楽しみも大きいと思います。
沢山の方に喜んでいただけますように。

2006/6/22  11:04

投稿者:チーコ

おはよう〜?
何時でもおはようでいいかな?
旦那の会社の人、夜中でも「おはよう〜」
の挨拶で出勤してくるから。
その人達はその時間が朝だよね?
展示会もあと少しですね。
大勢の人が見てくれたでしょうね〜?
私も案内のハガキが出来てきたので、
一人10枚位(70枚)のハガキの裏に、
「呈茶券」の判を作り、今押しています。
場所代の変わりに、お茶代なの。
「スタイラス技法」私無理だね〜
京子さんより上だから・・・あ〜〜〜ア

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ