2006/10/14

早々と  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

日中は半袖でも過ごせる日のあるようなこの頃だが
早々と喪中葉書が届いた。
見れば夫の会社関係の方で、無くなられたのは奥様とある。

奥様の生前は家の用事はすべて奥様に任せて
喪中葉書がいつ頃届くのかも
ご存知ない方だったのかしらと想像してしまう。

もう、喪中葉書の印刷の受付が始まっているので
「印刷しなければ」「送らなければ」と
心がせいてしまったのかもしれない。
深い悲しみで、そういう事を思いやる気持ちのゆとりが
失われているのかもしれない。
いろいろと想像をめぐらせてしまう葉書だった。

ともあれ、ご冥福をお祈りいたします・・・・・合掌・・・・・
0



2006/10/15  14:04

投稿者:京子

美豚ちゃん、こんにちは。
そうですね、我が家でも夫はなにも分からないと思います。
先日私が一泊で出かけた時
夫が一番心配だったのは自分の食事の事。
一晩だものコンビニのお弁当をかっても
外食してもいいと思うんですけど・・・
衣類もここに何が入っているか付箋をつけてあるのに
時分で探そうとしません。

2006/10/15  13:14

投稿者:美豚ちゃん

こんにちは。この方のお気持ちよく分かります。
我が家も義父の喪中なのです。夫は喪中のハガキをいつ出すのかと、アタフタとしてます。気がせくのでしょうね。
私がしておいたことを夫にも分かるように整理しておかなくてはと思いました。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ