2007/3/28

水彩画教室  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

今日の水彩画教室は木炭デッサン。
同じモチーフをみんなでぐるりと取り囲んで描く。
私の場所からはこんなふうに見えたんだけれど・・・
クリックすると元のサイズで表示します

絵手紙の猫は水彩画仲間の猫大好きさんにお借りしたもの。
これも実物のようには描けませんでした〜
0



2007/3/30  12:38

投稿者:TERAI

京子さん、ありがとうございます。
了解です。


http://www.geocities.jp/botsuwan/

2007/3/30  11:44

投稿者:京子

TERAIさん、こんにちは。
コンクールの結果は残念でしたが
審査員も人間ですから好みが入る事だってあるでしょうし
「よーーーし、今度こそ!」というばねにされてはどうでしょうか。
それに何よりお作りになったTERAIさんがその作品を気に入っているということが
作品にとって一番幸せではないでしょうか?

兼六園の桜、UPを楽しみにしています。

2007/3/30  11:40

投稿者:京子

美湖さん、こんにちは。
この猫ちゃん、気位の高い雌猫というイメージだったのに
描いてしまったらなんだか男の子のように見えて
男の子にしてしまいました。
まったくの力不足です。

木炭デッサン、あなたに褒めていただけるとは
光栄&汗顔の至りです。

2007/3/30  4:13

投稿者:TERAI

京子さん、おはようございます。
相変わらず、睡眠時間が短いというか早起きですが、新聞発表のあった昨日よりは、眠れましたし、ようやく落選のショックから立ち直りつつあります。「4か月の制作で入選した人もいるのに、1年半もかけたのに何故落ちたのか」とか、しっくり来ないものは残りますが・・・。昨日はまとまりのないメールを送りまして失礼しました。

金沢もようやく開花したそうです。昨日の夕刊にも今朝の朝刊にも載っていませんが、昨日、金沢城・兼六園管理事務所に聞いたところ、開花したと言っておりました。見頃は四月第一週ということです。
また兼六園に撮影に行きたいです。

http://www.geocities.jp/botsuwan/images/yamaboushi1.jpg

2007/3/30  1:15

投稿者:美湖

ねこさんの愛嬌におもわず笑ってしまったわ♪
木炭デッサンも素敵!

2007/3/29  20:59

投稿者:京子

うめさん、こんばんわんこ。
そーなのよ、私も画像を見てびっくり!!
まるで違うものになっちゃいました。
敷いてある布の左のほうは新聞紙みたいにごわごわしているしね〜

次回は色が入るので楽しみにしてます。
これはもう、あなたにならって笑ってごまかすしかありません〜〜〜〜〜
きゃあ〜☆

2007/3/29  20:54

投稿者:京子

TERAIさん、こんばんは。
水彩画教室、今のところは順調に行ってますよ。
スランプがまた来るかもしれませんが・・・

木炭は柳の木で作るそうです。
描くときは手でこすったり、パンで消したり
手はもう真黒です。

漆芸でも木炭が大活躍のようですね。
先人の知恵ですね。

2007/3/29  6:35

投稿者:TERAI

京子さん、おはようございます。
今日は寝不足です。
さきほどメールを送りましたが、寝不足で疲れていると、メールもブログも長いわりにまとまりのない文章になってしまいます。乱文乱筆ご容赦ください。

http://www.geocities.jp/botsuwan/

2007/3/29  1:19

投稿者:うめ

w( ▼o▼ )w オオォォ!! もう完成ですね
私は今日もさっぱりでした_(^^;)ツ アハハ
もうギブアップ状態でした(^。^;)

実際に見たときとこうやってここで見るのと
またちょっと違いますね。でもここまで描けたらいいですよね、布が布だもんってあたりのえなんだけど...w 私のは布になってなくて_(^^;)ツ アハハ 次回の水彩バージョンも楽しみにしてます(o^∇^o)ノ
(゜O゜;アッ! 私も完成させないとですよね
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

2007/3/29  0:02

投稿者:TERAI

京子さん、こんばんは。
こんな時間ですが、一旦早寝してまた起きたので、段々目がさえてきそうです。
「木炭デッサン」というのですか。初めて聞く技法です。水彩画教室、順調ですか?
炭で思い出しましたが、蒔絵で貝を花の形に切るとき(切るのは針で切りますが)、花の図案を漆で貝に転写します。そのままでは見にくいので、炭粉をまぶして図案がはっきり見えるようにします。見やすくするためなら、酸化チタニウムとかの白い粉でもよいのですが・・・前回の教室では炭粉を使いました。漆を塗り重ねるときも炭粉で磨いて艶消しをしますし、漆芸では炭の用途はものすごく広いです。必需品といってもいいです。もっとも木炭ではなくて、静岡炭(駿河炭)とか呂色炭(ちしゃ炭)といったものを使います。と言っても言葉だけではわかりにくいかも知れませんね。

http://blogs.yahoo.co.jp/botsuwan/folder/870989.html

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ