2007/4/23

スケッチ  絵手紙

クリックすると元のサイズで表示します

藤の花の美しい曼陀羅寺にスケッチに行った。
2か月ぶりに会ったどらポケ(どら絵もんのポケット)の
メンバーで。
私は風景は苦手なのでもっぱら庭の石仏を描いた。
この方は居眠りじゃなく瞑想をしておいでなのかな。
でも私に描かれたのが運のつきさ。
クリックすると元のサイズで表示します

藤はもう2〜3日後のほうがいいようです。
クリックすると元のサイズで表示します

ミニ三十三か所めぐりもあります。
クリックすると元のサイズで表示します

これはお昼ご飯でした〜〜〜〜
0



2007/4/24  12:59

投稿者:京子

TERAIさん、こんにちは。
あぁ、2回読まれたのはそういう意味でですね。
私もそういうことありますよ。

映画でも、映画館で見たものをDVDで見て
やっと展開がわかったものもあります。
最初どんな意味で出てきたかわからなかった場面が
「あぁ、ここの複線として必要だったんだ」とか。
推理小説も最後まで読んでからまた最初を読み直したり。
こういうストーリーを組み立てられる作家の頭は
どうなっているんでしょうね。

2007/4/24  6:28

投稿者:TERAI

京子さん、おはようございます。
昨日の蒔絵教室は上塗り前の研ぎをやりました。パネル面の段差が少ない方が、あとで研ぎ出しやすいのです。といっても何のことかわからないと思いますが・・・。
塗るのは先生に自宅の工房でやってきてもらいます。塗ったあと、温度や湿度に気を配らないといけないのですが、教室で塗ると塗ったあと皆帰ってしまうので、そういった気配りをするには先生に自宅工房でやってもらうのが一番です。来週、再来週と休みなので、次回は5月14日です。大分間があきます。
昨日はマンツーマンといいながら、かなりの工程を先生にやってもらいました。やりやすいところだけ自分でやったというべきでしょうか。先生も私がかなり不器用なのはわかっていて、失敗しそうなところは代わりにやってくださいます。全部先生がやると私の作品になりませんので、ところどころ「やってごらん」といった感じでやらせてくれます。とにかく、失敗は許されないといった雰囲気ですので(材料費も高いですし)、緊張します。

それと私が「オール読物」を2回読んだのは一読しただけではストーリーや人物の関係が把握できなかったからです。「かわせみ」ですとたいてい2回くらい続けて読んでやっと理解できる感じです。1回本を読んだだけで理解できる人は尊敬してしまいます。

http://www.geocities.jp/botsuwan/

2007/4/23  22:51

投稿者:京子

エリさん、こんばんは☆
楽しい一日をありがとうねぇ〜〜
気を使わなくていいということはいいですよね。

それにしてもスケッチは難しいわ〜〜〜〜
でも懲りないでまた行こうね!

2007/4/23  22:34

投稿者:エリ

こんばんは〜〜!今日は楽しかったですね!いろいろUPしてくださってありがとう!私の携帯の画像全然だめ!でした。藤の画像いいですねこれを見て書きたいくらいです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ