2008/8/26

私の気持ちです  自分の事

  野球部だった息子が引退して、1ヶ月以上がたちました。早いものです
  息子は毎日、予備校通い。次の目標に向けて頑張る日々・・・
そして、いつだって息子の応援団長のハハは、そんな別人と化したニューバージョンの息子を応援する毎日がいつのまにか当り前の生活に・・・

  ところが、引退が決まってしまったその日は、最後まで息子たちの姿を見届けたいと言う3年ハハ達の切なる願いが、役員さんとのちょっとした『気持ち』のすれ違いから叶うことなくそれぞれの想いを抱いたまま解散・・・

  いやぁ〜、いろいろありまして31日の3年にとっては最後の父母総会を前に思わぬ事態に・・・
結構攻撃的に気持ちをぶつける人、もう終わった事だから・・・と自分で気持にけじめをつけた人、父母会に完全に背を向けている人・・・色んな考えの人がいて・・・
私は、思い切って自分の気持ちを会長ハハ宛てにメールで伝えることにしたんです。携帯からPCに転送して、余りの長さにびっくり
  電話をいただいて、初めて彼女とゆっくり会話をしました。
でも、やっぱり肝心要の部分はいまひとつ・・・


  でも、何があっても息子と過ごした2年半は、私にとってかけがいのない大切な時間宝物です。これだけは胸を張って言える!!
そして、今回のこの騒動(?)で、ますます絆が強くなった友人がいる。分かり合える大切な友達が自分にはいてくれると再確認できました。
  ボケてもきっと忘れないよ!!


  メールはこんな感じ 気が遠くなりそうですが、見届けてやって頂けたら嬉しいです
 31日ははたして、どうなりますか・・・
  
               

思いきってメール送らせて頂きますネ。
わだかまりを持ったまま、自分の気持ちに蓋をして『いいじゃん、これで最後だし』と言う終わり方はしたくありません。
一年間ずっとご苦労されて来た役員さんにはもしかしたら、とてもご迷惑な、又気分を害する事になってしまうかもしれません。ごめんなさい。
実は昨夜3時近くまで〇〇さんと電話でお話しをしました。最近ずっとこんな日が続いています。
でも分かって頂きたいのは、決して役員さんを批判したり、否定する気持ちでやっている訳では無いんです。 只、同じものを見ていても感じる事は人それぞれである様に色々な母の想いがあるんだと言う事をわかって欲しかっただけなのです 例えばメンバーに入って活躍している子、その中でも一年の春休み中から試合に出ている子、2年あるいは3年から入った子、色々です。ちなみに内進だった我が子は、連休明けからやっと仮入部でした。そんな中、どの子も本当に最後までよく頑張ったと思います。それでもなかなかB戦を含め、練習試合の出番がない部員もいます。『毎日洗濯して弁当持たせて、息子がこのグラウンドにいた証が欲しいからグラウンド整備の姿でいいから写真撮って』と頼まれた事があります。
最後の夏、メンバーに入れなかった3年生部員の事実上の引退は2年生の冬でした。最後の最後まで夢を繋ぎ、チャンスを生かせる様に、アピール出来る様にと頑張って来た彼らの努力は3年生になる前に監督によってピリオドを打たれていたんです。この時はさすがに私も辛かったです。何人もの母と涙を流しました。それでも息子達はその現実を乗り越え最後までやり遂げました。9月に応援団長を引き受けてくれた△△田クンの気持ち。夏の大会の為にボードを新しくしてくれたと息子から聞いています。ママもお手伝いしたと後で△△田さんから聞きました。吹部やチア部に対しても、試合後お忙しいなら、前に一言『今日は応援ありがとう。最後までよろしくお願いします。』と言う事は何か問題ありなのでしょうか?
重箱の隅をつつく様な事をしていてもきりがありませんが、私たちが求めているのは、マニュアルにはないほんのちょっとの『思いやり』や『気持ち』なんです。
あの最後の日にしても、監督やコーチのお話しを聞きたかった訳じゃないのです。お名残惜し気持ち、息子達の最後の姿を一つ残らず見届けたいと言う只それだけの気持ちなのです。
□□(会長)さんはメールの中で部員から心のプレゼントをもらう事が出来た、成長を感じる事が出来たとおっしゃっていましたが、グラウンドで部員と触れ合う接点がない私たちには、あの日が最初で最後だったんですよ。グラウンドまで行きながら帰ってしまった事が今更ながら悔やまれます…
昨日の真夜中の電話で会長には、私には計りしれない物凄い責任や重圧、しがらみがある事をしりました。そんな中で百人もの部員の父母をまとめて行くご苦労は並大抵の事ではないと本当に思います。今までありがとうございました。
でも…でも敢えて言わせて頂くならば、父母会というのは野球部員の父母全てのものであるし、会長さんは私たちの代表だと言う事です。
色々な立場、色々な想いをもった父母、多くの比重は母に掛かると思いますが一つになるなんてことは並大抵の事ではないと思う。でもお互いが違う立場の人の気持ちを分かろと努力する思いやり、意見を聞こうとする耳をもてば少し変わるような気がしませんか?
そんな事をとりとめもなくあれこれ考えるうちに、思い切って伝えて見ようと思う様になりました。とても偉そうな事言ってますよねぇ〜
学年が進み、頑張る息子達の上にも微妙な違いが出て来た頃と時期を同じに母たちの間にも微妙な温度差が生じて来ましたよね。仕方ない事かもしれないけど寂しいなと感じていました。勿論本当に都合がつかなくてやむ無く欠席される方も沢山いらっしゃると思います。でも…必ずしもそうではなく欠席の方が沢山いらっしゃるのも又、事実です。
前にもメールで書きましたが、私は自分なりに自分で出来る父母会への協力は何かと考えた時に、父母会の行事には気持ちよく参加する事だと思い、実行してきたつもりです。なので31日も出席致しますのでよろしくお願いします。
こんなに長いメールを送るのは初めてです。
私の気持ちが少しでも□□さんに届く事を願って…


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

   参加してますぅ〜



0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ