2008/10/15

ほっとけぇ〜!!  自分の事

 ちょっとオフレコで・・・

 先日の江戸川球場での試合応援席での事。
応援席が余りに狭く、奥行きがなかった為にいつものように野球部父母会応援席として一団となる事ができず、私たちは通路挟んで隣の列に6人で。(応援T,応援帽子,メガホンの団体)
 私たちの後ろは、一般の応援の方たちだったので、悩んだ末、エール交換の時以外は迷惑にならない様にと座ったまま応援する事に。
 ところがこの判断が裏目に・・・。
公式戦応援姿の私たちをチェックしていた、2代上のハハ様約2名からクレームが
『どうして、座ったままで応援してたの?!』的な。
その先輩方と親しい友人が後日、彼女たちとランチを共にする事になり、その席で話題になったらしい。まぁ、これから気を付ければイイさ。(その場で言ってくれればイイのに)
 
 私がムッツとしたのは別の事
私たち6人のウチ、2人が1年のハハ。残りは兄が3年で、弟が1年という繋がりで、1年ハハの1人は桑○さん。全く親しい訳じゃないけれど、普通に言葉は交わす間柄。私からみた彼女はとてもキュートな雰囲気の女性。やっぱオーラが出ている。でも特別自分をアピールするような感じはないし、どちらかと言えば天然系で気さくな印象だ。
 なのに、私以上に彼女を知らない先輩ハハ様方は、自分たち色の眼鏡で最初から桑○親子を見ている。私はそう言うのは大嫌いなのだ〜
 別にイイじゃん!!と私は思う。
だって桑○婦人なんだよ。華やかな生活もしているだろうけれど、私たちには理解し得ない苦労だってしているはず。プライベートだってある様な、無い様な・・・。認めてあげればいいのだ。
 それを『どうして1年の親なのに、座ったままなの?彼女は特別扱いなの??』って、ほっとけやぁ〜!!違うっちゅうねん 
 私たちも一番後ろの席まで下がって応援すればよかったのかもしれない。その場、その場で雰囲気や状況によってこれからは注意する事にしよう。素直にそう思う。でも注意と中傷は違うよ。後日、成城界隈でのまったりランチの話題として挙げてほしくはないよなぁ〜
 よくある事だけど、自分界だけの基準で他人を見るのはやめようよ。世の中色々な人がいる。ちょっと理解不能な人もいたりするけど、完全に否定してしまったら全ては終わり。自分対その人の問題であって、自分だってそうやって他人から受け入れてもらっているのだ。だいたい世間が狭い人達に限って他人の事が気になるもの。
 この色眼鏡の方たちの関心も、6人と言うよりその中の1人だったようで、よく離れた席からそこまでチェックが・・・をあれこれ言ってたらしい。大人気ないわよ
 ‘自分’どんだけぇ〜



  あぁ〜、すっきりした

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

   参加してますぅ〜
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ