2009/3/10

決めるのは息子  息子

 息子と病院へ

 高校で野球は辞めると言って引退した息子。
半年野球を離れて、気持ちがまた野球にどんどん吸い寄せられて・・・
大学でも野球を続けたいと、言うようになってきた。

 息子は教職を取る事を一つの大学進学への目標にしているので、それとの兼ね合いが。そして、何より酷使したまま、きちんと向き合っていない『肩の痛み』を治療しなくては、次へは進めない。

 そんな訳で、病院へ・・・
調べて行っただけの事はあり、息子の高校野球部の後輩の姿を見かけたり、高校野球部の事、息子の進学先の野球部の様子もご存じな担当医、野球部でお世話になったトレーナーとも連絡を取り合っているとの事。なんとなく親しみやすい感じの担当医で一安心。
 現役時代、関節や肩、身体が柔らかいのが自慢だった息子も、今や運動不足が祟ってエッ・・・な感じ。レントゲンを撮り、次回はMRIをすることに!!
 思っていた以上に症状は深刻かも・・・
リハビリで出来る限りカバーして、それでも改善されなければ、衝撃的な結末としては『手術』だってさ・・・
 
 要は息子の『野球』への入れ込み度に比例した治療を施して行くらしい。
手術をすれば3ヶ月は球は投げられない・・・
それでも野球のために治療に耐えて復活するか、否か。大学では色々な目的も楽しみもあるので、それを踏まえて方針を決めようと言ってたなぁ。リハビリでイイ状態に持って行ければそれに越した事はないけど。
 
 もしかしたら、息子にとってとても辛い現実が待っているかもしれない・・・。でも野球が好きなら、1度はきっちり向き合い、きちんと受け止めなくてはならない現実もある。もっと早くにそうしていれば・・・我が家の悪いクセだ。
 最終的に決めるのは息子自身。親はまた見守っていく、そして見届ける。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代 自分らしさへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

   参加してますぅ〜
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ