2007/11/15

テンションをあげる香り  旬のおすすめ情報

先日テレビのドキュメンタリー番組で、
今をときめく小栗旬君が出ていました。
私もあずみのなち役を見て以来のファンなのですが、
今の旬君は超ハードスケジュールのようです。
映画のロケが終わって、深夜1:00〜3:00まで
オールナイトニッポンのパーソナりティーを務め、
睡眠時間は1日2,3時間…
その間に舞台の練習もこなして…
なんて過酷なスケジュールでしょう。

テレビの中で旬君は苛立つ気持ちを音楽で紛らわしていました。
アップテンポの曲を聞いてテンションをあげていたようです。

ここまではいかなくても、
現代人は多忙な人が多く、苛立つ事も多いと思います。
だからと言ってその苛立ちをどこにぶつけようもなく、
仕事である限りはテンションをあげなければいけない…

今日はそんな多忙な人に私がおすすめだと思う香りをアップします。

忙しすぎて苛立つことが多い人には?
スィートオレンジ
ちょっと甘めの柑橘系が、気分を落ち着かせてくれて明るい気分にしてくれます。
とりあえず癒されたい!元気を出したい!時におすすめの1本です。

フランキンセンス
スパイシーな木の香りの中にレモンの甘さを感じる香りで、
古代から祭壇や寺院で瞑想を助けるものとして使用されてきた神聖な香りです。
覚えなきゃいけない事があるのに、
忙しすぎて気分が統一できない、そんな時におすすめの1本です。

プチグレンオレンジビター
ほんの一瞬でも現実逃避したい時には、
若葉の中にほんのり感じるような甘酸っぱさが、
時間旅行に導いてくれるでしょう。


苛立つ暇もなく、テンションをあげなければいけない人には?
ローズマリー
集中力、記憶力を助けると言えばこの香りで決まりです。
染み通るようなハーブの香りが頭をクリアーにしてくれます

レモングラス
「がんばるぞ!」という気分を高めたい時には、
レモンに似たスパイシーな香りが元気をくれるはずです。

ペパーミント
とにかく戦闘体制を調えたい人には、
ペパーミントのわずかな甘さとスパイシーな香りが
元気と勇気を与えてくれるでしょう。


この所、鎮静作用についてアップする事が多かったのですが、
テンションをあげるためのアロマテラピーもぜひ活用してみてください。
元気をくれる香りにきっと出会えると思います。


http://blog.with2.net/link.php?252494

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ