2008/5/1

オフィスで使うペーミント  オフィスで出来るアロマテラピー

うちの旦那様が風邪をひいて咳だけが続いています。
喉飴ももちろん効果はあると思いますが、
我家では1人1本ペパーミントを持ち歩いています。

ペパーミントを持ち歩く理由はいくつかあります。
最大の理由はゼフィールのペパーミントは「内服できる」からです。
オフィスでは家と違って、
自由にアロマテラピーはできない環境です。
でも精油を使いこなす事が出来れば、
どこでもアロマテラピーが楽しめます。
今日はペパーミントを使った
オフィスで出来るアロマテラピーの方法をアップします。
なのでカテゴリーも今日から一つ
「オフィスで出来るアロマテラピー」を増やしました。




精油の内服
500mlのミネラルウォーターのペットボトルに1滴(詳しい内服の方法はこちら)の
ペパーミントを滴下し、よくシェイクしたものを飲みます。
昨年辺りからレモンの香りがついたお水が
売り出されたり、フレーバーウォーターが
市販のものでも出てきましたが、
ペパーミントの精油が入ったフレーバーウォーターにはこんな効果が期待できます。

こんな時に飲むのがおすすめ
・胃腸の調子が悪い時
・腸内にガスが溜まっている時
・吐き気がする時
・鼻水が出る時
・痰が絡む時(このお水でのうがいもお奨めです)
・熱がある時
・頭をすっきりさせたい時のリフレッシュに

関連記事:「ペパーミントのフレーバーウォーター



芳香浴(匂いを嗅ぐ)
オフィスでも使える簡単な芳香機を使ってもいいですが、
ティッシュやハンカチに1滴含ませたものを嗅ぐ方法も
簡単にできておすすめです。

・苛立つ精神状態を鎮静化させたい時のクールダウンに
・頭をすっきりさせたい時
・吐き気がする時
・花粉症の不快な症状を和らげたい時に(マスクにミント付きティッシュを挟んでもOK)




こめかみに擦り込む
ペパーミントは頭痛を和らげてくれます。
人差し指に1滴落として両方の指で
すり合わせたものをこめかみに擦り込みます。
*本来精油は直接手で触ってはいけませんが、
例外的な使い方です。
精油を使う際の注意事項はこちら


3つの方法をアップしましたが、
薬を持ち歩いたりするよりは、
一つの精油の特徴を知って使いこなす方が、
精神的にもリフレッシュできておすすめです。
ぜひ試してみてください。



http://blog.with2.net/link.php?252494



0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ