2008/6/30

ユーカリの特徴  エッセンシャルオイルの実力

種類も活躍の幅も多いユーカリですが、
この季節から夏にかけては、断然虫避け効果の高い
通称レモンユーカリ=ユーカリシトリオドラが売れ筋になります

今日はユーカリの精油の特徴や違いについてアップしたいと思います。


ユーカリラジアタ
一般的にユーカリと呼ばれているものはこのユーカリラジアタで、
風邪や呼吸器系のトラブルに力を発揮します。
同じ呼吸器系のトラブルに力を発揮するユーカリグローブルスに比べて
刺激が少ないため、乳幼児にはこのラジアタを使用した方がいいでしょう。




ユーカリグローブルス
主に上気道(耳鼻咽喉領域)のトラブルにはユーカリラジアタ Eucalyptus radiata、
下気道(気管支肺領域)にはユーカリグローブルス Eucalyptus globulus が用いられます。
一般的な風邪にはユーカリラジアタで対処できる事が多いのですが、
なかなか切れないしつこい咳や痰には、ユーカリグローブルスのほうが有効です。
ただしこの精油は「汗臭い」ような癖のある香りと言われていて、
香りがとっつきやすいように精製されたものもあるのですが、
精製されたものではユーカリグローブルス本来の効果がないので、
アロマテラピーには使えません。
キャリアオイルに入れて塗布する場合は、
ユーカリラジアタは胸に塗りますが、、
ユーカリグローブルスはみぞおち(横隔膜に沿って)や背中に塗ります。




レモンユーカリ=ユーカリシトリオドラ
ユーカリ特有の主成分1.8シネオールをほとんど含まず、
シトロネラールを80%以上含みます。
シトロネラールは昆虫の嫌う成分なので、
これからの季節に虫除けなどによく利用される事で知られています。

http://blog.with2.net/link.php?252494



0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ