2008/8/4

オフィスでのペパーミント使い  オフィスで出来るアロマテラピー

毎日暑い日が続きますね。
今日はそんな暑さにぴったりの清涼感のあるペパーミントのお話です。

何度かここに書いているのですが、
私の周りでは私の身内であるならば、
ペパーミントを持つ事は、
もはや身内の常識のようになっています(笑)

昨日うちの旦那様とペパ-ミントの話をしていたのですが、
その話が面白かったので、
ちょっと邪道な所もあるのですが、
彼のオフィスでのペパーミント使いをアップしたいと思います。


定番の使い方
●頭痛や気分転換に=こめかみにすり込む
これは何度も書いていますが、
人差し指にほんの1滴ペパーミントを垂らし、
両方の指でこすり合わせます。
その指をこめかみにすりすり…清涼感と共に気分がすっきりし、
ちょっとした頭痛なら治ります。
眠気も覚めるのでオフィスでの使い方としては一番おすすめです。

*本来エッセンシャルオイルは原液を触る事は禁じられていますが、
例外的な使い方です。なので使う量は1滴を両指ですり合わせた量です。
目の辺りには絶対に塗らないように注意して下さい。


オリジナルな使い方
●あごに塗る=鼻が抜けます
これが彼のオリジナルなのですが、
ペパーミントをこめかみに塗り込んだ指で、
あごの辺りにも塗ります。
私はやらないのですが、鼻が抜けてすっきりするそうです


●首の後ろに1滴塗り込む
暑い時に首のでっぱりの辺りに1滴塗ると、
ひんやりします。
色々試した結果、ここが一番効果があると我家のミント大臣が言ってました
ペパーミントには「解熱作用」があるのでそれも頷けます。


●足の疲れに
足の人差し指と中指の間に1滴すり込むと足の疲れがとれるそうです。
これも色々試した結果、この位置に塗るのが一番気持ちいいのだそうです。
長い会議の時に1日中靴を履いていると疲れるので、
これをやるのだそうです。




どうですか、ちょっと変わった使い方ですが、
私的には面白いと思いました。
原液に直接触れる事は普段禁じていますが、
日頃こめかみに塗り込んでいたら
肌を刺激する量などもわかっているので、
自己責任においてやるのは新しい発見があっていいかもしれません。
何よりペパーミントは体温を下げてくれるので、
夏には持ち歩いてミネラルウォーターに1滴入れて
内服すると涼しくなります。
この夏はペパーミントで暑さを乗り切りませんか。


ペパーミント関連記事
オフィスで使うペパーミント

http://blog.with2.net/link.php?252494


2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ