2009/7/12

バジルにまつわる愛の神話  愛の伝説がある香り

毎年夏になるとバジルの種を植えます。
収穫したバジルでペーストを作り、
週末ランチにバジリコパスタでビールを飲むのが楽しみです

バジルには、恋の季節夏のハーブにふさわしく、
恋愛にまつわる伝説がたくさんあります。
今日はバジルにまつわる恋の伝説のお話です。

イタリアでは
バジルは「小さな愛」と呼ばれ、
身につけて異性の前にたつと
「あなたを愛しています」という
告白の印になるとか…


モルダヴィでは
好きな男性に差し出し、相手がそれを受け取れば
「あなたの気持ちに添います」
という意味だとか…


ルーマニアでは
「あなたの花嫁にして下さい」
ちう意思表示の小枝で、相手の男性が受け取ればOKの意味だとか…
また、純潔をためす植物として、
浮気性の男性に触れるとすぐに萎えてしまう…という話もあるとか(笑)


このようにバジルにはほとんどが、
「愛の告白」や「惚れ薬」としての男女の恋愛にまつわる伝説が多いのです。

実際バジルには「催淫作用」という
ロマンチックな気分を盛り上げる作用があり
女性ホルモンの「エストロゲン」に似た成分が含まれているので、
ホルモンのバランスを調えてくれる嬉しい精油です。
女っぽく綺麗になるため?
バジルの伝説にあやかった恋のお守り?
持っているだけで気分がウキウキしそうな香りの
エッセンシャルオイルです。
結婚祝いのプレゼントにもよさそうです。
この夏、バジルの力を借りて素敵な思い出が出来ますように

http://blog.with2.net/link.php?252494


クリックすると元のサイズで表示します
2




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ