2009/9/14

海のエジプト展  歴史の中の香り

週末、横浜まで「海のエジプト展」に行きました。
早起きをして
9:00ちょっと過ぎには着きましたが、
既に並んでいる人はいっぱいだったので、
朝一で行って正解でした。

音声ガイドは大人向けとコナン君の声と2種類あり、
私はコナン君にしました(笑)
コナン君にしたら最後にカードがもらえるので、
お子様にはこちらがいいですね。

会場はすごく広くて、全部順番どおりに回るのに
2時間位かかりました。
ちょっとした運動です。

目玉の三体の巨像はすごく大きくて、
これを見るだけでも行った甲斐がありました。

体験ブースでは
クレオパトラの愛した12種類の香りが体験できます。
私はこれが目的で行ったのですが、
面白かったのは、おばあちゃんと子供が
「くさいー」
「臭いならやめなさい」

…そんなやりとりをしていた事です。
12種類の香りで香水は一つだけなので、
単品ではいい香りじゃないと思えるものがあっても当然なのです。
でも私に言わせると、単品でも花の香りがするような
一般向けに気を遣った香料の選び方
だったと思います。
臭いと言われていたのは「乳香」と「没薬
だったのでしょうか。
でもクレオパトラはここには展示されていなかった
「シベット」(麝香猫の分泌物)の香りを好んだといいますから、
シベットが展示されていたら、
猫のおしっこのような香りがしていたのでしょうねー…

久々にアロマとはちょっと違う香料に触れて
面白かったです。
23日まで開催されていますので、興味がある方は
5連休の間にお出かけになられてはいかがでしょうか。

http://blog.with2.net/link.php?252494

公式ガイドブックと
キティーちゃんのクリアファイルを買ってしまいました。
キティーちゃんがクレオパトラに扮しています

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ