2010/1/29

柑橘系の精油達  エッセンシャルオイルの実力

先日、書こうとして書けなかった柑橘系の精油のご紹介です。

柑橘系全般の特徴
精油は大きく分けるとラベンダーのように
気持ちを鎮静させる「気持ちのスイッチをオフ」にするタイプと
ローズマリーのように
気持ちを盛り上げる「気持ちのスイッチをオン」にするタイプがあります。

この二つはよく知られているのですが、
実はメンタル面で言うとぜひお気に入りを
1本持っていてほしいのが柑橘系です。
柑橘系は「落ち着く気持ちになる…かつ元気になる」
というリラックスとリフレッシュの両作用を持つので、
勝手に私は「元気系」と名付けています。

ブレンドの際にもどの精油とも相性がよく、
使いやすく人気があります。

ただ、化粧水や香水など肌につける際には
紫外線に当たるとシミになるという特徴がありますから
気を付けてください。



恋香房で取り扱えるゼフィールの柑橘系
詳細はリンクを貼っているので各精油をクリックして下さい。

オレンジスィート
オレンジビター
グレープフルーツ
タンジェリン
ネロリ

プチグレンオレンジビター
プチグレンマンダリン
プチグレンレモン
ベルガモット
マンダリン
ユズ
ライムレモン

http://blog.with2.net/link.php?252494


★本日この記事と同時にショップにタンジェリンをアップしました



0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ