2006/9/29


今月は先月に引き続き柑橘系の話題…なんて書きながら、
すみません。ちょっとさぼりがちでした。
実は今プライベートでごたごたがありまして、
「渡鬼」のヒロインを演じている所なんです(*_*)
今の私こそアロマテラピーが必要な感じです。
気を取り直して今日は集中力を高めるレモンのお話です。

勉強部屋やオフィスに最適の香り
レモンの香りを室内に漂わせただけで、
仕事のミス発生率が半分にまで低下する。
こんなデータもあるように、レモンには頭の働きを明晰にし、
気分をリフレッシュして冷静にしてくれる力があります。
勉強部屋やオフィスの香りとして、特におすすめのエッセンシャルオイルなので、
受験勉強や大事な仕事に取り組む時などの芳香浴に使ってみて下しさい。。
ローズマリーとブレンドするとさらに効果的です。

優れた抗菌作用レモンは抗菌作用に優れ、デオドラント(消臭)効果もあります。
お部屋の空気を爽やかにしたい場合にも便利なエッセンシャルオイルです。
アロマランプでの芳香浴や消臭スプレーにもおすすめな香りです。
特に風邪のはやる時期には、香りの相性が良いティートゥリーやユーカリと
ブレンドしたルームスプレーでお部屋の空気を浄化するといいでしょう。


内服におすすめゼフィールのレモン
日本では精油の内服は認められておらず、精油は芳香浴やアロマバス、
ルームスプレーやマッサージオイルに使用するのが一般的です。
でもゼフィールのエッセンシャルオイルは、食品添加物の認可を
受けている物もありますので、内服が可能なんです。
レモンも食品添加物を受けている精油の一つなので、
ホットレモンがおすすめです。

ゼフィールの精油で作るホットレモンレシピ
材料
はちみつ(茶さじ1)、レモン精油1滴、レモン果汁、お湯(100ml)
レシピ
1:茶さじ1のはちみつにレモン精油1滴、レモン果汁を入れよくかき混ぜる
2:1にお湯100mlを注ぎ、よくかき混ぜ出来上がり

*1日3回まで、長期に渡って飲む事ができます。
*レモン果汁はビタミンC補給以外の使用目的には入れなくてもかまいません

こんな時におすすめ
●風邪やインフルエンザの時−肝臓の働きを高め、発熱で消耗したビタミンCを速やかに補給する。
●胸痛、動機の時−血液浄化のために
●肝機能障害の時−肝臓の働きをよくする(吐き気、食欲不振、倦怠期時は1日2,3回飲む)
●二日酔い−肝臓の解毒作用をよくし、気分をリフレッシュさせる
●にきび、吹き出物−皮膚の回復を促すビタミンCを補給し、肝臓の働きをよくする
●水虫−自然治癒力を高める
●食欲不振−気分をリフレッシュさせ、消化機能を高める
●疲労感、無気力−心身を刺激する作用がある

胃腸障害等にはペパーミントとのコンビがおすすめのはちみつ
材料
はちみつ(茶さじ1)、ペパーミント1滴、レモン精油1滴、
飲み方
茶さじ1のはちみつにペパーミント1滴、レモン精油1滴、をくわえて飲む
*1日3回まで、最長5日間飲む事ができる

こんな時におすすめ
●吐き気、胃腸を伴う消化不良に



レモンにはこんな作用があります
緩下作用、強肝作用、強壮作用、駆虫作用、駆風作用、血圧降下作用、
血糖値低下作用、解熱作用健胃作用、抗壊血病作用、抗硬化作用、抗神経痛作用、
抗リウマチ作用、殺菌作用、殺虫作用止血作用、収斂作用、止痒作用、浄血作用、
消毒作用、制酸作用、瘢痕形成作用、皮膚軟化作用腐食作用、利尿作用

注意
敏感肌を刺激する。光感作作用がある(太陽に当たるとシミになる)


http://blog.with2.net/link.php?252494

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ