2006/10/18

不眠対策のアロマテラピー  旬のおすすめ情報

先日恋香房のBBSに不眠に関する質問を頂きました。
…と、いう事で今日は不眠に効果的な香りについてアップしたいと思います。

不眠症を治すには心身をリラックスさせ、
自律神経のバランスをとることが必要です。

自律神経=相反する作用を持つ下記の二つの神経がある
交感神経=心身を興奮させ、昼間に優位な神経
副交感神経=心身を鎮静させる夜間に優位な神経

不規則な生活や緊張状態が続いたりして過度のストレスが加わると、
心身のバランスをとる自律神経の調整機能がくたびれ、
不眠症になったり、逆に過眠症になったりします。


不眠症を治すには?
心身をリラックスさせ、自律神経のバランスを回復させる
このような作用を持つ精油の中でも特によく効くのは野生ラベンダーとされています。

おすすめのアロマテラピー
アロマバス
浴槽に野生ラベンダー6滴を入れ、よくかき混ぜて入浴します。

*人間は1日の体温の変動が大きいほどよく眠れる事が知られており、入浴によって身体を温めることが眠りを促すのに欠かせないのです。入浴は体温を上昇させ、血液の循環をよくして疲労を解消させるのに最適な方法なのです。


●芳香浴
シダーウッド1滴、ラベンダー2滴をティッシュやコットンにたらし、吸入する。
枕の間に挟んでもいい。
*ラベンダーの香りが苦手な人は、オレンジスィートプチグレンベルガモットなど柑橘系のいずれかの精油3滴と合わせて使うとよい。アロマバスの場合も同様にブレンドを変えるといいでしょう。

ラベンダーについて
実は市販されている精油のほとんどがラバンジンと呼ばれる種類のもので、
薬効があるラベンダーとは程遠い実情があります。
ラベンダーの仲間にはラベンダー・スピカ、ラベンダー・ストエカス、ラバンジンなどがありますが、鎮静効果をもたらすのは真正ラベンダーのみです。
ラベンダーの鎮静効果は酢酸リナリルという芳香分子の作用によります。


*ゼフィールのラベンダー
野生ラベンダーACOグレードがあります。
AOCグレードは、高品質の野生ラベンダーが生息する地域に限定して、
野生ラベンダーを栽培した物で、野性ラベンダーの次によいとされています。
一般に「真正ラベンダー」と呼ばれているものにあたります。

不眠におすすめの精油
代表的な精油
野生ラベンダー
プチグレン
(ゼフィールではプチグレンマンダリンが一番鎮静作用が強いと言われています)
オレンジスィート

その他
気分をりラックスさせるクラリーセージ
木の香りのシダーウッド
緊張や不安を抑えるカモミールベルガモット

http://blog.with2.net/link.php?252494

0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ