みなさん雅子オアシスいらっしゃって下さりありがとうございます。 日常生活のさり気ない出来事を書きながら、楽しい会話を通して、私達障害をもっている人達の生活状況や社会資源、福祉制度の問題点など、分かりやすくお話していきたいと思います。 この部屋で楽しく過ごしながら、ちょっとだけ色々な事を考えて、いただければ幸いです。 御意見、御感想、愚痴や独り言、何でもコメントに足跡を残して下さい。

2007/5/21  0:41

ホワイトボード  

我が家には、大きなホワイトボードがある。

私が一人暮しを始めた時に1ヶ月の介助者のローテーションを書き込む為のもの。
一人暮しの生活が始まる日に、友達がプレゼントしてくれた。

毎月介助者の名前を書き込んで、16年目になろうとしている。
ここに書かれた人の数は400人以上になる。

介助の項目も障害が重度化する度に変わっていく。
今は朝、入浴介助、夕食介助、就寝介助。
3年ぐらい前までは、就寝介助の項目はなかった。
しばらくはそのままで使っていたけど、昨日のボラさんに書き換えた。
今までは、就寝介助の人はますめからはずれていたけど、おさまるようになった。
これから、何回介助の項目が変わるかな?

人の層も年々変わってきた。
今、我が家に来ているヘルパーさんの1/4は私の子供みたいな年令の人が殖えてきた。
こういう時代になったんだなぁ。P
この間カーネーションをもらっちゃったもんね。
嬉しいやら、「あー、そっか〜」と気が付き、複雑な気持ちでした。

今後は、孫の顔を見るような感じだな。

元気でいなくっちゃ!!   
0



2007/5/21  21:48

投稿者:守隨秀章

高校生ぐらいの子供たち、人間的に明らかに二極分化しているような気がする。
車椅子で外出して、難儀をしていると、高校生とおぼしき女の子たちが飛んできて介助してくれることは度々だし、ヘラヘラ笑って、見て見ぬ振りをするのも、同じ年代の子供たちだ。
子供たちの精神構造にも、“格差”が出てきたのだろうか。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ