2011/1/5

本の保管について考える  organize

今日から仕事始め。
夫と子どもはお休みだったため、私1人出かけるのか〜と、
ちょっと憂鬱になりながらの出勤でしたが、
「行ってしまえば楽しいかも」と思っていた通り、
いつも通りの楽しい仕事時間を過ごせました。

今回は片付けの話・本についてを。

物心ついた頃から、本が大好きだった私。
今も、本屋さんは大好きで、週に1〜2回は入ってしまいます。

しか〜し!
最近はすっっっかり本を買わなくなりました。
買わないなら行かなきゃいいのに、ついつい物色してしまう私…

今、私の手元にある本は、ざっと数えて40冊ほど。
昨年夏ごろ〜冬にかけて、70〜80冊は処分しました。

手元に残っている本のほとんどが整理整頓かカメラの本です。
「今の自分」が、何度も読み返したいと思える本を厳選したら、
このラインナップになりました。

収納のMOOK本も大好きなシリーズのものを残したので、
そこに載っている写真は何度見ても
そのつど発見があるように感じます。
何度でも飽きずに見られるのは、
保管しておくにふさわしい条件だと感じています。

カメラ本はどの本を買っても発見はあるのですが、
基本的には買う時によ〜〜〜〜く吟味して、
・好きなカメラマンさんの著書であること
・掲載写真の雰囲気が好みであること
・マニュアル本であれば、解説がわかりやすく、
 自分の目指すテーマとテイストに合っている
 写真が多数載ってること
・既に似たような本を持っていないこと
を基に、選ぶようにしています。
(条件をつけなければ、際限なく増えそうなので)

他の本も、基本的に
・見ているとほっこり癒される
・読むとやる気が涌いてくる
このどちらかを条件にして購入し、
決めている本棚のスペースに入らなくなってきたら、
すぐに処分する本を検討することにしています。

ものすごい量の情報が氾濫しており、
必要な情報はインターネットでサクサク手に入る世の中、
あえて『本』という形で手元に置いておくのは何故か?

本が大好きなだけに、『捨て方』だけでなく、
『入れる理由』を先に考えるよう、心がけています。

明日はそんな私が最近購入した、何冊かの本について、
レポートしたいと思います。
0
タグ:  片付け




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ