強迫性障害、兄の家庭内暴力、虐待を経て 私は絶対に諦めない

機能不全家族の中で生まれ育ち、自分は過去にAC(アダルトチルドレン)と自覚した時期がありました。家庭環境を乗り越え、強迫性障害を克服し、今カウンセラーとして活動しています。強迫性障害・AC(アダルトチルドレン機能不全家族)・親子・家族関係・PTSDトラウマ・喪失感等で悩んでいる方(メール・電話・Skype スカイプ等)カウンセリングいたします(相談にのります)

 
強迫性障害・アダルトチルドレン(AC)・親子関係・家族関係・人間関係・家庭内暴力の相談室/あおぞらカウンセリングルーム(クリック!!)まゆまゆのカウンセリングルーム 私のOCDコラム(壮絶な家庭環境を含む、OCD体験を一万字程度にまとめたものです。ただ内容的には、かなり前の物なので過去の記録としてお読みください) ★強迫性障害克服体験記、強迫性障害は治ります(クリック!!)ブログも書いています。 私の母が支配的な人だった反発からか、兄は中学生の頃、母に暴力をふるうようになり、その状態は10年以上に及びました。その間、人生すべてをかけ母を守り続け、最終的には、兄を殺そうかまで、追い込まれたのです。 その影響からか、高校3年生の時強迫性障害(強迫神経症)になり、長期間重症の日々を過ごさねばなりませんでした。  しかし、症状以上に辛った事は、守り続けたはずの母から「気ちがい、死ね」と、言われ続けた事でした。  周りには、理解してくださる人は一人もいず、孤独な日々でした。  20代半ば過ぎ症状は緩和、結婚をし子供ももうけ、結婚生活は幸せでした。 でも、「OCDになった私は駄目な人間」という思いは、抱え続けたままでした。しかし、女性カウンセラーさんとの出会いで「私は価値ある人間」と変わる事ができ、現在はカウンセラーとして活動しています。(現在強迫性障害OCDは治癒(完治)いたしました)★このブログは、今までの私の人生とカウンセラーとして奮闘する日々の事、そして私の親子関係、家庭問題(環境)、トラウマ等に対する考え方を綴っています。(ただ、人生については、最近はあまり書いておらず、途中になってしまっています) ☆コメントは管理人承認後に公開されます。 ☆まゆの新聞投稿文こちら  ★私の強迫体験が載った本が発売されました。 本の詳しい説明はこちら(クリック!!)

私の強迫体験が載った本

ただ治るではなく、自分自身や家族間・親子間の生き方含めた治るを問うた本です。OCDの人達だけではなく、多く方に読んで欲しい一冊です。

ブログランキングに参加しています。ポチッと押してね。

カウンセラーブログランキング にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー

2021年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まゆまゆ
こんにちは、おかんさん

確かに純粋だったなぁ・・・あの頃は・・・

でも、今は、私は、私・・・母が好きとか嫌いとか、母に今までの気持ちを分かって欲しいとか、もうそんな事は、でうでもいいかなぁ・・・数年前までは、優しい母が欲しくて、さまよっていたけど・・・カウンセラーさんとの出会いで、今までのマイナスだったと思ってた経験が、すべてプラスに転換された感じです。

 私は、自分の力で、自分の夢を、今まで、ン〜十年間出来なかったことを、つかみとるつもり・・・

 過去のこと思い出して涙することもあるんだけど、でももう、基本的には辛くないというか、ブログ書いていても、平常心です・・・ 

 あまりに病気が酷くて、結婚なんて、とても、しかも不潔恐怖の私が子育てなんて・・・と思ってたけど、人生分からないなぁ・・・って感じです。

http://pink.ap.teacup.com/mayunoikizama/
投稿者:おかん
まゆまゆさんの、お母さんに対する思いは純粋だったと思います。
虐待され、施設に保護ざれた子どもでも、母親が会いに来る時はとても喜ぶそうです。
母子の間には他の人からは理解できない強い絆があるのでしょう。

もちろん、まゆまゆさんの置かれていた状態は想像を絶するものです。今幸せに、結婚してお子さんを育てておられる事は、驚嘆すべき事だと思います。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ