強迫性障害、兄の家庭内暴力、虐待を経て 私は絶対に諦めない

機能不全家族の中で生まれ育ち、自分は過去にAC(アダルトチルドレン)と自覚した時期がありました。家庭環境を乗り越え、強迫性障害を克服し、今カウンセラーとして活動しています。強迫性障害・AC(アダルトチルドレン機能不全家族)・親子・家族関係・PTSDトラウマ・喪失感等で悩んでいる方(メール・電話・Skype スカイプ等)カウンセリングいたします(相談にのります)

 
強迫性障害・アダルトチルドレン(AC)・親子関係・家族関係・人間関係・家庭内暴力の相談室/あおぞらカウンセリングルーム(クリック!!)まゆまゆのカウンセリングルーム 私のOCDコラム(壮絶な家庭環境を含む、OCD体験を一万字程度にまとめたものです。ただ内容的には、かなり前の物なので過去の記録としてお読みください) ★強迫性障害克服体験記、強迫性障害は治ります(クリック!!)ブログも書いています。 私の母が支配的な人だった反発からか、兄は中学生の頃、母に暴力をふるうようになり、その状態は10年以上に及びました。その間、人生すべてをかけ母を守り続け、最終的には、兄を殺そうかまで、追い込まれたのです。 その影響からか、高校3年生の時強迫性障害(強迫神経症)になり、長期間重症の日々を過ごさねばなりませんでした。  しかし、症状以上に辛った事は、守り続けたはずの母から「気ちがい、死ね」と、言われ続けた事でした。  周りには、理解してくださる人は一人もいず、孤独な日々でした。  20代半ば過ぎ症状は緩和、結婚をし子供ももうけ、結婚生活は幸せでした。 でも、「OCDになった私は駄目な人間」という思いは、抱え続けたままでした。しかし、女性カウンセラーさんとの出会いで「私は価値ある人間」と変わる事ができ、現在はカウンセラーとして活動しています。(現在強迫性障害OCDは治癒(完治)いたしました)★このブログは、今までの私の人生とカウンセラーとして奮闘する日々の事、そして私の親子関係、家庭問題(環境)、トラウマ等に対する考え方を綴っています。(ただ、人生については、最近はあまり書いておらず、途中になってしまっています) ☆コメントは管理人承認後に公開されます。 ☆まゆの新聞投稿文こちら  ★私の強迫体験が載った本が発売されました。 本の詳しい説明はこちら(クリック!!)

私の強迫体験が載った本

ただ治るではなく、自分自身や家族間・親子間の生き方含めた治るを問うた本です。OCDの人達だけではなく、多く方に読んで欲しい一冊です。

ブログランキングに参加しています。ポチッと押してね。

カウンセラーブログランキング にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まゆまゆ
こんにちは、悩める母さん

本当に、今までさまざまな努力されてきたんですね。一人必死で頑張り続けてこられたんですよね。想像を絶する日々だったと思います。いくら焦らずに・・・と言われても、今すぐにでも元気な娘さんの姿になって欲しいんですものね。お母さんだもん、欲だって出てきちゃいますよね。娘さんも辛いけど、それを支えておられるお母さんだって同じくらい、辛いんですよね。ここでは、情けなくたって、いいですよ。書きながら、どうしても泣いちゃうくらい苦しくてたまらないんだから、ここでは、悩める母さんのままでいてくださっていいんですよ。私は、こんなに頑張ってきたお母さんに向って、もっと頑張ろうねなんて言えないけど、いつでも心の思いは吐露しにきてくださいね。

http://pink.ap.teacup.com/mayunoikizama/
投稿者:まゆまゆ
kokoroさん こんにちは

あの時、あのことがなければ・・・・って思う事多いですよね。あんな風にしてればってね。
私もkokoroさんには随分励まされています。
失敗を繰り返しながらも、私も前向きに生きていこうと思っています。時々振り返っちゃうけどね^^;

http://pink.ap.teacup.com/mayunoikizama/
投稿者:悩める母
お返事頂いてとても嬉しかったです。いつも誰かにこの苦しい胸の内を分って貰いたかったから。まゆまゆさんのおっしゃる通りいろんな文献を読みあさり、数々の病院にも連れていき、精神科に入院もしました。果ては宗教に救いを求める始末でした。でもダメなんです。そう簡単には直らないんです。現在見て頂いている先生からも「年単位で考えて・・決して焦らずに・・」と言われています。でも親ってほんとにバカなもんで「コレが出来たらアレも出切る筈」ってつい欲が出ちゃうんですよね。頭の中じゃ「焦っちゃダメ!」っていつも自分に言い聞かせているのについ・・彼女も頑張っているのにほんと、情けない。こんな自分がホトホト嫌になる時があります。こうやって書き込んでいても涙がポロポロ出てきちゃって・・もっと強い人にならなくちゃいけませんね。「強迫は不治の病ではない」この言葉を信じて頑張らなくちゃ!
(ふと見せる幼き頃のあの笑顔 必ず治ると母祈る日々)
投稿者:kokoro
いつもまゆまゆさんに励まされています
人生に無駄はない!って思いたいです
あの時のあのことがなければ...って
そんな風に思ってしまうことよくあります
でもでも明日のことを考えて
前向きに生活していこうと思います


投稿者:まゆまゆ
悩める母さんへ

お嬢様が強迫性障害で苦しんでおられるんですね。本当なら青春を満喫しているはずなのに・・・・とさまざまな思いが頭をよぎるんですね。愛するお嬢様だから、少しでも何かしてあげたい・・・・でも何もできない・・その苦しい葛藤が伝わってきて、読んでいてたまらなくなりました。

強迫って症状に対して直接してあげられる事ってほんと少ないですよね。でも、きっと悩める母さんは、色んな事調べたりと、今までに、出来る限りの事してこられたんだと思います。毎日の娘さんとの生活でも、色んな事悩まれながら、精一杯の関わりをされているんだと思います。
 強迫は不治の病ではないはずです。私自身、時間は少しかかりましたが、何の支障もなくなりました。
こうして、書き込んでくださる事で、悩める母さんの何かの助けになってもらえればと言う思いでいます。しんどい時にはまた書き込んでくださいね。

 

http://pink.ap.teacup.com/mayunoikizama/
投稿者:まゆまゆ
こんにちは、胡桃さん

なんか気持ちをいっぱい代弁して頂いた気がして、とっても嬉しかったし、ホッとした気分になりました。

>まゆまゆさんにとっては、心の支えを完全
>に失うようなショックだったとお察ししま
>すが

そうなんですよね。あまりの事に心が凍り付いて、自分を見失いわけがわからなくなってしまったんですよね。

すごく後悔して、反省して、そこからいっぱい色んな事を学ぼうとしています。そして胡桃さんのように、決して忘れないようにしたいとも思っています。

そして、あの時抱いてしまった感情は、自分の中では大切にしてあげようと思います。(正当化するって意味じゃなくてね)

あー、思わず泣いちゃいました。



http://pink.ap.teacup.com/mayunoikizama/
投稿者:悩める母
18になる娘もまゆまゆさんと同じ強迫性障害と診断されて現在投薬治療中です。行動療法も頑張るように言われているのですがなかなかうまくいかないみたいで、そんな娘を前にすると「だんだんと良くなってきているんだから焦らず見守っていこう」と思う気持ちと「この子の将来はどうなってしまうのかしら」と思う気持ちが交錯して、時々私自身の感情がコントロールできなくなってしまいます。ほんとに娘の頭をパカってあけて憎き強迫を取り除いてあげたい。そんな心境です。ほんとなら輝く青春時代なのに強迫の鎖に縛られて苦しんでいる娘を前にしても何もしてあげられない情けない母です。
投稿者:胡桃
こんにちは。
人って、生きていると色んな感情を抱きますよね。
優しさとか温かさとかなら、自分でも安心できるし、人にも話せる。
でも、嫉妬とか憎しみの感情を抱いた時は、自分で自分が嫌いになるし、封印したくなりますね。
でも、人の抱く全ての感情は正直なその時の感情なのだから否定しなくていいのだと思います。
そうゆう心の過程や後悔を何度も経験しながら、人は感情のコントロールの仕方を学んでいくのだと思います。

まゆまゆさんにとっては、心の支えを完全に失うようなショックだったとお察ししますが、まゆまゆさんには、そうしなければ どうしても心が納得できない事だったのですよね。
その行動にも意味があったのではないでしょうか。
消しゴムで消してしまいたい過去、誰にも言えない過去、思い出すたびに後悔でいっぱいになってしまう過去を私も持っているけど、そのことをいつまでも忘れない自分でいたいと思っています。
忘れていないことで、その時の心を許してあげているような気がしています。
決して封印できない(忘れられない)のなら、私は付き合っていく覚悟なんですよ。
時間がたった事だから、そう言えるのかもしれませんが・・・。
時間って有難いものだな〜と思います。

なんか、分かりにくい文章でゴメンね!
お返事、書きづらいと思うので、なしでいいですからね。

http://yaplog.jp/egaodeaitai/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ