強迫性障害、兄の家庭内暴力、虐待を経て 私は絶対に諦めない

機能不全家族の中で生まれ育ち、自分は過去にAC(アダルトチルドレン)と自覚した時期がありました。家庭環境を乗り越え、強迫性障害を克服し、今カウンセラーとして活動しています。強迫性障害・AC(アダルトチルドレン機能不全家族)・親子・家族関係・PTSDトラウマ・喪失感等で悩んでいる方(メール・電話・Skype スカイプ等)カウンセリングいたします(相談にのります)

 
強迫性障害・アダルトチルドレン(AC)・親子関係・家族関係・人間関係・家庭内暴力の相談室/あおぞらカウンセリングルーム(クリック!!)まゆまゆのカウンセリングルーム 私のOCDコラム(壮絶な家庭環境を含む、OCD体験を一万字程度にまとめたものです。ただ内容的には、かなり前の物なので過去の記録としてお読みください) ★強迫性障害克服体験記、強迫性障害は治ります(クリック!!)ブログも書いています。 私の母が支配的な人だった反発からか、兄は中学生の頃、母に暴力をふるうようになり、その状態は10年以上に及びました。その間、人生すべてをかけ母を守り続け、最終的には、兄を殺そうかまで、追い込まれたのです。 その影響からか、高校3年生の時強迫性障害(強迫神経症)になり、長期間重症の日々を過ごさねばなりませんでした。  しかし、症状以上に辛った事は、守り続けたはずの母から「気ちがい、死ね」と、言われ続けた事でした。  周りには、理解してくださる人は一人もいず、孤独な日々でした。  20代半ば過ぎ症状は緩和、結婚をし子供ももうけ、結婚生活は幸せでした。 でも、「OCDになった私は駄目な人間」という思いは、抱え続けたままでした。しかし、女性カウンセラーさんとの出会いで「私は価値ある人間」と変わる事ができ、現在はカウンセラーとして活動しています。(現在強迫性障害OCDは治癒(完治)いたしました)★このブログは、今までの私の人生とカウンセラーとして奮闘する日々の事、そして私の親子関係、家庭問題(環境)、トラウマ等に対する考え方を綴っています。(ただ、人生については、最近はあまり書いておらず、途中になってしまっています) ☆コメントは管理人承認後に公開されます。 ☆まゆの新聞投稿文こちら  ★私の強迫体験が載った本が発売されました。 本の詳しい説明はこちら(クリック!!)

私の強迫体験が載った本

ただ治るではなく、自分自身や家族間・親子間の生き方含めた治るを問うた本です。OCDの人達だけではなく、多く方に読んで欲しい一冊です。

ブログランキングに参加しています。ポチッと押してね。

カウンセラーブログランキング にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー

2020年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まゆまゆ
こんにちは、悩める母さん

毎日毎日・・・どうする事もできずに、とてつもなく長い長い苦しい日々だったと思います。

「死んでしまおうか・・・」
悩める母さんが、どれほどまでに追い詰められていたか・・・・その苦しい思いがこの一言に凝縮されているなって思いました。

気持ちを受け取ってもらえる人との出会いって大きいですよね。娘さんがそんな人と出会えて、ほんとに良かったなって思います。

きっと悩める母さんが、必死の頑張りの中、やっとの思いで、出会えた先生なんでしょうね。悩める母さんの思いが、(努力が)先生に出会わせてれたんでしょうね。

すごく正しい事でも、ただただ、それを一方的に言われる形では心に届いていかないし、娘さんをさらに苦しめる事になっていたんでしょうね。
 私も、この先生のように、出会った方々の思いを大切に、受け取り続けたいと思っています。


http://home1.netpalace.jp/with-you/
投稿者:悩める母
まゆまゆさん。こんばんは

そうなんです。去年の夏から冬にかけての数ヶ月は想像を絶する日々でした。
今はあっけらかんとしてその頃の事を話す娘ですが、あの頃は正直言って会社から家に帰るのが恐かった・・
帰ったら、まず家中に散乱しているティッシュとタオルの片付けからやらなくちゃいけない・・毎日、毎日、毎日・・
自暴自棄になって「こんな思いをするくらいならいっそこの子殺して私も・・」って考えた事も数え切れません。
そんな絶望的な日々を送っていた時、人づてに現在の先生と出会ったのでした。
その先生はお世辞にも綺麗とは言い難い小さな個人病院のおじいちゃん先生で、最初は「この先生でホントに大丈夫かしら?」と心配になったぐらいでしたが、娘の話を時間も気にせず親身に聞いてくれて、次第に娘も心を開いていったのです。何より今までの先生と決定的に違ったのは娘のやっている事に対して決して否定的なことは言わないんですね。
今まで見てもらった先生は、決まって「行動療法とは・・・」「我慢しなさい」「そんなことをしていてはダメ!」と、頭ごなしに分かりきった事しか言わない。娘はそれ(行動療法)がすんなり出来ればこれほど苦しまないのにと、いつも投げやりで貰った薬を捨ててしまったりしていました。

現在も、実際のところトイレに入るときは使い捨ての手袋を手放せません。でもそのおじいちゃん先生は「それで貴女の生活の質が今までよりも向上するなら今はそれでも良いじゃないか。この病気は精神科の領域でも一番厄介な病気だけど必ずよくなる時が来るからゆっくり治して行きましょう」と言ってくれたそうです。

先日免許を取得した事を先生に報告した時も我が事のように喜んでくれて握手まで求められたんですって。
「それでどうしたの?」って聞いたら「私の手、汗ばんでいるけど良いの?」って先生に聞き返したら「もちろん」って言われたってニコニコしながら報告してくれました。

今では娘と私達夫婦にとってはかけがえのない先生です。
投稿者:まゆまゆ
こんにちは のりぴー

今ののりちゃんは、やっと終わったそんな思いだけが残っちゃうんだね。辛いよね。子供さんの笑顔が見たいと、必死で頑張っているのにね。。。そんな時私のブログ読んで・・・どうして・・・ってきっと思っちゃったんだね。

 のりちゃんはほんと今すごくしんどい時期なんだよね。
「どうして?なんで・・・こんな事で」
って思いながら、の毎日だもの、やり終えた時、上記の思いだけが残っても不思議はないと思うよ。

 私自身情けない思いだけが、ひたすら残り続けた学生生活だったんだよ。
 この記事は、そんな一部分だけを取り上げ書いた事だからね。のりちゃんはのりちゃんの生き方、ペースでいいんだからね


http://home1.netpalace.jp/with-you/
投稿者:まゆまゆ
こんにち、悩める母さん

「死んじゃう・・・・」
「ふりかけを舐めて・・・」

この時の悩める母さんの思いはどんなに追い詰められた思いだったんでしょうか。想像を絶します。
娘さんにあったいいお医者さんとの出会いがあったんですね。

一歩一歩歩んでいく娘さんの様子とその横で寄り添うお母さんの暖かな様子が目に浮かびます。

娘さんのその姿は、悩める母さんには、大きな喜びなんですよね。

青白い・・・この文を読んで、私が薬の副作用で寝たきり状態になっていた時、たまたま外に出ると、近所のおばさんが
「あんた真っ白やね」
と言われた事があり、酷く傷ついた時の事思い出しました。
「作った料理を食べてくれる姿」うれしいですよね。




http://home1.netpalace.jp/with-you/
投稿者:のりこ
レポート合格してよかったですね。試験も頑張って下さい。
まゆまゆ姉さんが食事会で自信をつけたこと
。私は何をやっても自信がつきません。
何かをやり終えた後もただ終わったと思うだけで自信にはつながりません。まゆまゆ姉さんのように芯の強さがまるでない。
まだ大したことしてないからかなぁ

http://blogs.yahoo.co.jp/ky0408m
投稿者:悩める母
こんにちは。
毎日、まゆまゆさんのブログを見るのが楽しみになってきている母です。
そう言えば娘もまゆまゆさんと同じような事していた時期があったな〜・・
過敏性腸症候群にこそならなかったものの、排泄するのが嫌で嫌で食事をほとんど取らずに一日中自室にこもって、私達が寝てから冷蔵庫の中の物をほんのちょっと食べる生活。(生命を維持する為のギリギリの接取状態、その為に入院させた時も出された食事にはほとんど手を付けず持参したふりかけを舐めていたって後から聞いた時は涙が出ました。) ホントにあの頃は「この子このままじゃ死んじゃう」って真剣に悩みました。
現在見てもらっている先生と出会ってから驚くほど良くなっていき今では「このままだと肥満になっちゃう」って悩んでいます(笑)
でも、何も口にしないでガリガリに痩せて、太陽の下に出ないからいつも青白い顔をしていた時の事を考えたら、多少太っていても今の方が母としては嬉しいかな・・

(太っちゃう、言いつつ食べる母の味。笑顔で見つめる我うれし)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ