強迫性障害、兄の家庭内暴力、虐待を経て 私は絶対に諦めない

機能不全家族の中で生まれ育ち、自分は過去にAC(アダルトチルドレン)と自覚した時期がありました。家庭環境を乗り越え、強迫性障害を克服し、今カウンセラーとして活動しています。強迫性障害・AC(アダルトチルドレン機能不全家族)・親子・家族関係・PTSDトラウマ・喪失感等で悩んでいる方(メール・電話・Skype スカイプ等)カウンセリングいたします(相談にのります)

 
強迫性障害・アダルトチルドレン(AC)・親子関係・家族関係・人間関係・家庭内暴力の相談室/あおぞらカウンセリングルーム(クリック!!)まゆまゆのカウンセリングルーム 私のOCDコラム(壮絶な家庭環境を含む、OCD体験を一万字程度にまとめたものです。ただ内容的には、かなり前の物なので過去の記録としてお読みください) ★強迫性障害克服体験記、強迫性障害は治ります(クリック!!)ブログも書いています。 私の母が支配的な人だった反発からか、兄は中学生の頃、母に暴力をふるうようになり、その状態は10年以上に及びました。その間、人生すべてをかけ母を守り続け、最終的には、兄を殺そうかまで、追い込まれたのです。 その影響からか、高校3年生の時強迫性障害(強迫神経症)になり、長期間重症の日々を過ごさねばなりませんでした。  しかし、症状以上に辛った事は、守り続けたはずの母から「気ちがい、死ね」と、言われ続けた事でした。  周りには、理解してくださる人は一人もいず、孤独な日々でした。  20代半ば過ぎ症状は緩和、結婚をし子供ももうけ、結婚生活は幸せでした。 でも、「OCDになった私は駄目な人間」という思いは、抱え続けたままでした。しかし、女性カウンセラーさんとの出会いで「私は価値ある人間」と変わる事ができ、現在はカウンセラーとして活動しています。(現在強迫性障害OCDは治癒(完治)いたしました)★このブログは、今までの私の人生とカウンセラーとして奮闘する日々の事、そして私の親子関係、家庭問題(環境)、トラウマ等に対する考え方を綴っています。(ただ、人生については、最近はあまり書いておらず、途中になってしまっています) ☆コメントは管理人承認後に公開されます。 ☆まゆの新聞投稿文こちら  ★私の強迫体験が載った本が発売されました。 本の詳しい説明はこちら(クリック!!)

私の強迫体験が載った本

ただ治るではなく、自分自身や家族間・親子間の生き方含めた治るを問うた本です。OCDの人達だけではなく、多く方に読んで欲しい一冊です。

ブログランキングに参加しています。ポチッと押してね。

カウンセラーブログランキング にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー

2019年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まゆまゆ
はじめまして、angelさん

来ていただいてありがとうございます。

その時は、確かに、家庭環境の事もありましたし、大変で辛かったです。
しかし、今となったら、私はとても貴重な経験が出来て、とても幸せだったなって感じでいます。

http://home1.netpalace.jp/with-you/
投稿者:まゆまゆ
こんにちは、シナモンさん

今回はコメントできたみたいですね。良かったです。

私ね、偉いね。とかスゴイですね。ってよく言われるんですけど、なんか、必死で生きていたら、
「あれっ?私って、ずいぶん楽になってるかも?そういえば、いつの間にか、何でも出来るようになってるな」
という感じだったので、そう言った言葉を聞くと、自分では「ウーン(+o+)」と言う風になったりします。

 そっかぁシナモンさんも、薬ではいろんな経験をしてきてるんですね。病気ってほんと一人一人壮絶な闘いがあるんですよね。
学問的勉強だけでは、その辛さは分からないですよね。

私はブログ通じて出会った方々との触れ合いを大切にしていきたいなって思っています。




http://home1.netpalace.jp/with-you/
投稿者:angel
初めまして
大変なんですね

ボクより何倍もつらい思いをされてるんですね
えっと、それでもいろいろな事を克服できるなんて凄いと思います


http://moon.ap.teacup.com/angel-cry/
投稿者:シナモン
入院はつらい経験でしたね。そんな経験をしたら、病院も薬も受け入れられなくなりますよね。ほぼ自力でOCDを克服したなんて、本当に頭が下がります。

私も薬の副作用で、支離滅裂な文章しか書けないほどの眠気に襲われたり、手の震えが出たり、吐き気がしたり、いろんな経験をしてきました。
今の薬(アナフラニール)は副作用もあまり出ないかわり、効いてるかどうかもわかりません。気休めに飲んでるだけかも。
いつかは、病院と薬から離れていかなくちゃいけないですよね。いつの日になるかなあ。


http://manybirds.cocolog-nifty.com/blog/
投稿者:まゆ
こんにちは、悩める母さん

 その時は、ほんと追い詰められ、ギリギリの選択だったんですよね。荒れた娘さん前にして、もうどうしていいのか、なす術もなく、立ち尽くされたような状態だったんだと思います。

追い詰められた時って、本人の意思や気持ちに目を向ける余裕なんて、なくなってしまいますものね。

 その時その場で必死で、精一杯の事をされていたんだと思います。

この入院を決断した事で、今悩める母さん自身が、心に深く傷を追われている状態なんだと思います。

辛い経験でしたよね。そして今も、娘さんの心の奥深くに目を向けた場合、
お母さんの心が痛くなり苦しくなるんですよね。
 そんなお母さんの思いを、ぶつけてくださる事で、少しでも心が軽くなっていただければ、幸いです。また来て下さいね。





http://home1.netpalace.jp/with-you/
投稿者:悩める母
こんにちは。
気が付けばもう今日で仕事納め。明日からしばらくお休みです。入院生活のお話を読んで娘の時はどうだったんだろう?と考えてみました。
娘の場合は、本人の同意がないままの保護入院という形だったので、物凄く荒れて暴れて大変だった事を今でも思い出すと辛くなります。
でも、あの時は心を鬼にしてでも「入院させて直してあげなければ」と自分に言い聞かせたつもりでした。でも、後になって思う事は、もしかしたら娘のことより自分が逃げたかっただけなんじゃないかって思うのです。
娘が壊れていく様を見ていたくない、娘の事で夫婦仲も最悪な状態になってしまって・・現実から逃避したい。それを「娘の為だからしょうがないんだ」って都合よく置き換えてしまってた。本人の意思なんて殆ど考えもせずに医者の言いなりになって・・
結果は言うまでもなく散々。ここ(精神病院)から出してもらいたい一心での実力行使は、食事をとらない、病院の治療プログラムには参加しない。1日の殆どをベッドの上で過ごして果てはリストカットまでしてしまい、もう限界と思って、医者の指示にも従わずに私が勝手に連れ戻したのです。考えてみたら本当にひどい親ですよね・・勝手に入院させて、勝手に連れ戻して、でもあの時の私には冷静に判断出来る思考は全くなかったのだと思います。
今はそんな事があったなんて思えないほど明るくふるまっていますが、ホントのところはどうなんだろうって思うことが時々あります。私達のこと恨んでいないだろうか?ってちょっと心配な時も・・
まゆまゆさんのように、後々「色んな事が経験できてよかった」と思ってくれたら良いのですが心の傷となってはいないかと心配する母です。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ