強迫性障害、兄の家庭内暴力、虐待を経て 私は絶対に諦めない

機能不全家族の中で生まれ育ち、自分は過去にAC(アダルトチルドレン)と自覚した時期がありました。家庭環境を乗り越え、強迫性障害を克服し、今カウンセラーとして活動しています。強迫性障害・AC(アダルトチルドレン機能不全家族)・親子・家族関係・PTSDトラウマ・喪失感等で悩んでいる方(メール・電話・Skype スカイプ等)カウンセリングいたします(相談にのります)

 
強迫性障害・アダルトチルドレン(AC)・親子関係・家族関係・人間関係・家庭内暴力の相談室/あおぞらカウンセリングルーム(クリック!!)まゆまゆのカウンセリングルーム 私のOCDコラム(壮絶な家庭環境を含む、OCD体験を一万字程度にまとめたものです。ただ内容的には、かなり前の物なので過去の記録としてお読みください) ★強迫性障害克服体験記、強迫性障害は治ります(クリック!!)ブログも書いています。 私の母が支配的な人だった反発からか、兄は中学生の頃、母に暴力をふるうようになり、その状態は10年以上に及びました。その間、人生すべてをかけ母を守り続け、最終的には、兄を殺そうかまで、追い込まれたのです。 その影響からか、高校3年生の時強迫性障害(強迫神経症)になり、長期間重症の日々を過ごさねばなりませんでした。  しかし、症状以上に辛った事は、守り続けたはずの母から「気ちがい、死ね」と、言われ続けた事でした。  周りには、理解してくださる人は一人もいず、孤独な日々でした。  20代半ば過ぎ症状は緩和、結婚をし子供ももうけ、結婚生活は幸せでした。 でも、「OCDになった私は駄目な人間」という思いは、抱え続けたままでした。しかし、女性カウンセラーさんとの出会いで「私は価値ある人間」と変わる事ができ、現在はカウンセラーとして活動しています。(現在強迫性障害OCDは治癒(完治)いたしました)★このブログは、今までの私の人生とカウンセラーとして奮闘する日々の事、そして私の親子関係、家庭問題(環境)、トラウマ等に対する考え方を綴っています。(ただ、人生については、最近はあまり書いておらず、途中になってしまっています) ☆コメントは管理人承認後に公開されます。 ☆まゆの新聞投稿文こちら  ★私の強迫体験が載った本が発売されました。 本の詳しい説明はこちら(クリック!!)

私の強迫体験が載った本

ただ治るではなく、自分自身や家族間・親子間の生き方含めた治るを問うた本です。OCDの人達だけではなく、多く方に読んで欲しい一冊です。

ブログランキングに参加しています。ポチッと押してね。

カウンセラーブログランキング にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー

2020年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まゆまゆ
こんにちは、やえぽん

うはは(^_^;) 見つけられると恥ずかしいなと思いつつ、リンクしておいたので、誰にもお知らせしてないし、そりゃぁ気づかないと思うよ〜

そっかぁ、そういう配慮があるんだ・・・・うーん、なんか複雑な思いになってしまいました。
 そうだよね。自分の事はいいけど、家族の事は気になるよね。。。。


http://home1.netpalace.jp/with-you/
投稿者:まゆまゆ
こんにちは、のりちゃん

なかなか言えないよね。どう説明していいかもわからないし・・・・説明した所でどれだけ分かってもえらえか分からないし・・・・
私も、ずっと誰にも言えなかったよ。
これほど隠している人はいないんじゃないかな?って人でした。
 こんな事隠さなくてもいい社会にしたいなと思っているのだけど・・・・


http://home1.netpalace.jp/with-you/
投稿者:やえぼぼ
こんにちは。
まゆぽんの新聞投稿文がlinkされているのをつい先日、気付きました。^0^;(遅っ)

以前に病院から、32条(現・自立支援医療制度)関係の郵便が届いた時、無地の封筒で差し出し名が記されていませんでした。
神経科専門だったので病院側の配慮なんだな、と思いました。
自分は記名があっても構わないけれど、家族宛てのものだったら、伏せて欲しいのが本音です。
賃貸住宅でお隣さん家に間違って郵便物が届くこともあったので。
私も保身的なので、家族に対する他人の目は気になります。
投稿者:のりこ
悲しいけどそういう世の中ですよね。
私自身友達の誰一人ホントのことを言えません。だからまゆまゆ姉さんが病気を克服してカウンセラーの道を選んだこと病気の私からみるととても嬉しいことです。

http://blogs.yahoo.co.jp/ky0408m
投稿者:まゆまゆ
こんにちは、angeliさん

身近な人がそうだと、より保身的になってしまいますよね。私自身そうでした。
「どうしてそんな風に考えるの?」
と悲しくなりますが、私がこれから出来る事はやっていきたいなって考えています。

http://home1.netpalace.jp/with-you/
投稿者:まゆまゆ
こんにちはFぽん

 私自身自分がOCDになるまで、なーにんも分かってなくて、ものすごい差別的な人間でした。
 私はある意味OCDになってとても良かったなって思うので、(ならない方が良かったんだすけどね(^_^;) 私もできる事は色々やっていきたいなって思っています。

 

http://home1.netpalace.jp/with-you/
投稿者:まゆまゆ
こんにちは、アキさん

ほんと、いじめられるような事じゃないですよね。

だけど、そんな風に考える人もいるんですよね。私ができる事は限られているんですけど、あきらめずに、いろんな働きかけはしていきたいなって思っています。

 

http://home1.netpalace.jp/with-you/
投稿者:F
自分は,自分がこういった病気になるまで,なにもわかっていなかったです.
無知曚昧であったとおもいます.
これから,病気がよくなって,お医者さんにもゆかなくてよくなったとしても,おわりにはしたくないきもちがあります.
なにか,わからないけれど,自分にできることは,やってゆきたいな〜.

http://yaplog.jp/kikuchi-f/
投稿者:アキ
こんにちは^_^

私も複雑な思いを感じました。
「そんな風に思われているんだ・・・」という思いと、「現実的には確かに黙っていた方がいいのかもしれない」という思いが。

決していじめられるようなことではないんですけどね。

投稿者:angeli
そういう人はやっぱりいますよね。私の母はまさにその手のことを言っていました。ただ、あの年齢(60歳〜)には多いのかもしれないとも思います。
その方、子どもがいじめられるのを心配して、という流れだけど、人を傷つける発言になっていますよね。とても残念。それこそ、そんなことおっしゃらなければいいのにな〜と思います。

でも、そういう人がいるというのは自分の家族を見て知っているので、私もめったなことでは言わない習慣になっています・・・。言ってわかる人ばかりではないですしね。。保身かな。どうするのがいいのかなあ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ