強迫性障害、兄の家庭内暴力、虐待を経て 私は絶対に諦めない

機能不全家族の中で生まれ育ち、自分は過去にAC(アダルトチルドレン)と自覚した時期がありました。家庭環境を乗り越え、強迫性障害を克服し、今カウンセラーとして活動しています。強迫性障害・AC(アダルトチルドレン機能不全家族)・親子・家族関係・PTSDトラウマ・喪失感等で悩んでいる方(メール・電話・Skype スカイプ等)カウンセリングいたします(相談にのります)

 
強迫性障害・アダルトチルドレン(AC)・親子関係・家族関係・人間関係・家庭内暴力の相談室/あおぞらカウンセリングルーム(クリック!!)まゆまゆのカウンセリングルーム 私のOCDコラム(壮絶な家庭環境を含む、OCD体験を一万字程度にまとめたものです。ただ内容的には、かなり前の物なので過去の記録としてお読みください) ★強迫性障害克服体験記、強迫性障害は治ります(クリック!!)ブログも書いています。 私の母が支配的な人だった反発からか、兄は中学生の頃、母に暴力をふるうようになり、その状態は10年以上に及びました。その間、人生すべてをかけ母を守り続け、最終的には、兄を殺そうかまで、追い込まれたのです。 その影響からか、高校3年生の時強迫性障害(強迫神経症)になり、長期間重症の日々を過ごさねばなりませんでした。  しかし、症状以上に辛った事は、守り続けたはずの母から「気ちがい、死ね」と、言われ続けた事でした。  周りには、理解してくださる人は一人もいず、孤独な日々でした。  20代半ば過ぎ症状は緩和、結婚をし子供ももうけ、結婚生活は幸せでした。 でも、「OCDになった私は駄目な人間」という思いは、抱え続けたままでした。しかし、女性カウンセラーさんとの出会いで「私は価値ある人間」と変わる事ができ、現在はカウンセラーとして活動しています。(現在強迫性障害OCDは治癒(完治)いたしました)★このブログは、今までの私の人生とカウンセラーとして奮闘する日々の事、そして私の親子関係、家庭問題(環境)、トラウマ等に対する考え方を綴っています。(ただ、人生については、最近はあまり書いておらず、途中になってしまっています) ☆コメントは管理人承認後に公開されます。 ☆まゆの新聞投稿文こちら  ★私の強迫体験が載った本が発売されました。 本の詳しい説明はこちら(クリック!!)

私の強迫体験が載った本

ただ治るではなく、自分自身や家族間・親子間の生き方含めた治るを問うた本です。OCDの人達だけではなく、多く方に読んで欲しい一冊です。

ブログランキングに参加しています。ポチッと押してね。

カウンセラーブログランキング にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 強迫性障害(強迫神経症)へ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アダルトチルドレンへ にほんブログ村 メンタルヘルスブログ PTSD・トラウマへ ブログランキング・にほんブログ村へ

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

メッセージBOX

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:まゆまゆ
こんにちは、アキさん

ひぇーひぇーと思いました。何も分からずにこんな記事書いている私 恥ずかしい(/_;)

そーそーその客観的な捉え方で、裁判員さんが裁判官さんから?勉強された 事を新聞で読んだ事があったのですが、

そのとき あーそんな風に見なきゃいけないんだ・・・とものすごく 裁く難しさを感じました。私は職業柄裁判員には 絶対になれない気がします。

http://home1.netpalace.jp/with-you/
投稿者:アキ
今年最初のコメさせて頂きます^_^

少年犯罪などを知ると他人事には思えない時があります。
まゆまゆさんと環境は違ったと思いますけれど、私ももしかしたらそういった事件を引き起こしていたかもしれない・・・
そう思うとつい自分が感情移入してしまう側に寄り添った考えを持ってしまいます。
でも以前、被害者遺族の方が「加害者は守られるのに被害者は守られない」とおっしゃっているのを何度か聞いたことがあります。
そのお話を聞いた時に初めて「罪」を冷静に客観的に捉えることの重要さを知りました。
そうであれば、あまり事情に精通している人だと私のように偏った考えを持ってしまうのかもしれないと・・・。
このご両親が一体どれほどの思いで息子さんを手に掛けたのか・・・
刑が重いか軽いかもわかりません。
だけど過去に夫が妻を殺害してしまった悲しい事件では事情を汲み、情状酌量されていたことを記憶しています。
そして、やっぱりどんなことがあっても「人が人の命を奪ってはならない」ということ。
私はそんなこと言える権利も資格もないのですけれど、まゆまゆさんの記事を読んでこんなことを思いました。
「マイケル・ジャクソン裁判〜あなたは彼を裁けますか」を読んだ時、私は陪審員(裁判員)向きではないなぁ・・と思いました。
難しいですね、人を裁くことは。。。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ