美きえの部屋・・・2008〜

 

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:美きえ
のぶきさま♪
舞踊の方や 長唄他の方達は いつも黒紋付ですから
逆に 袷・単衣・絽の3枚あれば良いんですよね!

端唄・小唄は まずは着る事がないのです。
その分 色々な色の着物が必要なので そういう意味では
結構大変でしたけど。。

お弟子さん達に 出銭の多くなる事を言いにくいですよね。
わが家でも お揃いの着物を1枚持っていれば安心なので
薦めましたが 誰もその話には乗ってきません。

本来 お稽古事の時は 着る着物のレベルもありますが
そこまでは考えが及ばないのでしょうね(汗)
投稿者:のぶき
素敵!
これで押しも押されもない大師匠ですね。

絽の留袖。。。。普通の家庭では作りませんね、確かに。
私が結婚する時、夏は留袖が無いから止めてと、
母に言われました(笑

うちの師匠は、夏冬の留袖、喪服共に、お流儀のを
御持ちです。
本当は名取弟子は揃えないといけないんでしょうけど、
そこまではね〜。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ