美きえの部屋・・・2008〜

 

2019年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:美きえ
迷也さま♪
こはるさんが高座に上がっているのに 素の状態(私服)で
いきなり 高座の横に出ていかれたのです。
そして どういう所が良くないのかを その場で
師匠が読み始めました。
お前のはそこがダメなんだ・・そこん所をやってみろ!!
みたいに言われましても 普通なら頭の中が真っ白になってしまうだろうに
こはるさんは 師匠のおっしゃるように そこから始めるのです。
その強靭な精神力にまたまた(@_@) してしまいました。
そして最後には 2人で謝って高座を降りられたのです。


別件ですが かつて私の所に習いに来ていた彼はあんな風に
講談が出来ないだろうに・・確か・・今日真打昇進の会が
行われるそうです。
師匠によって 昇進の基準もまちまちなようです(-_-;)


投稿者:美きえ
山親爺さま♪
コメントありがとうございます。

立川流の中でもかなり厳しいと評判の談春師匠ですが
その下で精進されていますので こはるさんはかなり
上等な前座さん・・という感じがしています。
厳しい事を言って下さるのはある意味ありがたい事でもありますから
今後もめげずに精進していただきたいです。

講談もなかなか評判が良かったような空気でした。
お若いのに 皆さん頑張っていらして本当に頭が下がります。
投稿者:山親爺
客先で見ていても驚きました。確かに「ガンバってしゃべってますー!」がひしひしと伝わってきた「三方ヶ原」でしたが。
立川流は二つ目昇進には落語だけではなく「講談一語り・歌舞音曲」が必須なので、こはるが本気になってきたんだとは感じましたが、流石に談春は厳しい。
でも「一緒に謝って(高座を)降りよう」には弟子の上達を願う気持ちを感じました。
いい師匠ですよ。こはる、ガンバレ!

講談の二師匠、同じ講談でも全く違う演じ方があることを見せ付けてくれました。
いろいろと印象深い会でしたよ。三味線も近くでよく聞こえました。定席よりもいい!
投稿者:迷也
こんばんは(^^!
談春師匠が割って入った?どういう状況なのか分かりませんけど・・
突然の出来事にも動じない「試験科目」なんでしょうかね?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ