ノアノア noanoa chalkart works

チョークアーティスト・CAA日本チョークアーティスト協会認定講師として活動しています。
大阪市内の自宅で教室しています。
作品をドンドン紹介していけるように頑張ります♪
建築家との家づくり記録もあるよ。

 
「ノアノア」を登録 人気blogランキング にほんブログ村 美術ブログ チョークアートへ
にほんブログ村

CALENDAR

2022年
← January →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ARCHIVE

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:m-louis
結局、ジンの「おいでおいで〜」につられて最後まで
読んでしまいました(^^;)
まあ、気になるもの抱えたまま仕事してても集中力が
沸かないというのもあったのですが、今度はブログに
書きたいことが湧き出して来てて、またまた困ってま
す。嗚呼、〆切が〜、、

というわけで、一時的にそれを抑えるためにちょこっ
とばかしここでコメント。
まず思ったのがこの本は施主必携の書だなって思った
こと。いつか施主連合で施主必読書50とかいう企画
やっても面白いと思いますが、その第一候補じゃない
でしょうか? 正直、ここにいらしてる皆さんにも読
んでいただきたく思いました。

内容についてはノアノアさんとのトラバ合戦用エント
リーのためにもこれ以上書かないでおきますが、しか
し、このエントリーの冒頭でノアノアさんがこの本の
主役を指して「まさに私のことやン!」と書かれてた
のが頭に刷り込まれてしまったせいか、それともふだ
んのノアノアさんの書き込みとかを見ててそう思って
しまったのか、とにかく全編通してジンと桂子さんの
やりとりが私の中では朝妻さんとノアノアさんがコン
トやってるようにしか見えなくなってしまいまして、
でも、それも含めて面白かったです。朝妻さん、サイ
ト内に通販ページ作るべきですよ! 絶対!

http://yanaka.m-louis.org/blog/
投稿者:ノアノア
m-louisさんの「家と命」
このエントリも出来ればトラバしたいと思ってたん
ですよ。似たような内容の話を書きたいと思ってた
ところだったんで。(書きたいことだらけで追いつ
かないんですけど)
で、あの場では年齢へのコメントにしました。

私の年齢に関しては
私は30以上の数が覚えられません。
だから自分の年齢も分かりません。
ってことでスットボケときましょうか。

http://pink.ap.teacup.com/noanoa/
投稿者:asazuma
どうも!

ごめんなさい。
m-louisさんの「家と命」のコメントに
とーても失礼なことを書いてしまったようです。
訂正してお詫びします。

でもやっぱり聖子ちゃんと吉川は・・・。

http://www.asazuma.com
投稿者:ノアノア
またまたぷちパニックです(◎_◎;)

>キャサちゃん
「自分で設計した家に住めなくなった人」につい
て、あえて触れなかったのに。
あの家については、やっぱり時期尚早だったよね。
ところで、「ま、なんとか価格の半分くらいは現
金が用意出来たから...」って、え-、そうだった
の!?すごいやん、旦那!!やるなぁ...!

>朝妻さん(orジンさん)
呼ばないで!まだ、全部読めてないの!

>garaikaさん
今回、40過ぎの旦那が35年ローンが組めること
に驚きましたが、これが45才以上だったらどう
だったんだろうと思います。
自分が40才以上だったら、こんな風なのめり込み
方が出来たかどうか疑問です。
実体験から、適齢期というのが絞られてきますね、
やっぱり。

http://pink.ap.teacup.com/noanoa/
投稿者:garaika
うむむむ。
いつの間にこのような盛り上がりを・・・。

すこし違う切り口でネタ振りをば。
「適齢期」に関連した本としては、藤原和博さんという方が書いたその名も「建てどき」という本がありますね(私のblogで前にほんの一部分を紹介したことがあります)。
この本のオビに「45歳過ぎたら建ててはいけない」なんて書いてあって、その年齢がだんだん近づいている私の目にとまりました。
中身は「適齢期」的な話は少なくて、結局、一般的には施主本というものに分類される内容なんですけど、設計事務所と組んで立てる場合は、体力、知力、根気力的に適齢期はあるかもしれないなどとは思わせてくれました。


http://blog.goo.ne.jp/garaika/
投稿者:ノアノア
え-、先ずは、一度にこんなにコメントつけてもらっ
たのハジメテなのでビックリしました。ありがとう
ございます。軽ーくパニック状態です(◎_◎;)

>m-louisさん
「20代からガンガン挑戦して失敗を重ねながら終の
棲家に辿り着く」コレが出来れば、言うことナシで
すね。
ところで、トラバ合戦宣戦布告ですか!?
おぅ、受けてたつぞ!(あ-ウソウソ、お手柔らか
に...)

>嫁さん
「いずれは夫の両親との同居」ですか!?
それって大丈夫〜???人ごとながら心配!
賃貸の良さも捨てがたいですよね。

>がらさん
そーいえば、がらさんの年齢は全く見当つきませ
ん...。

>朝妻さん
「あるアメリカ人建築家のお言葉」
まさに同感です。名言ですね。
家づくり(=人生)において、基本は夫婦だと思っ
てます。(私はちょっと例外なのかもしれないです
が)最近の子供中心の考えは、度を超してる感じも
してます。
命尽きる時一緒にいるのは子供ではなく夫・妻で
しょう、人生の伴侶は誰って問いたくなることがあ
ります。
「焦らず、かつ、慎重になりすぎず」の程良い頃が
30代ではないかと考えてます。

毎度、言うことだけはゴリッパですね、私。失礼し
ました。

http://pink.ap.teacup.com/noanoa/
投稿者:asazuma
どうも!朝妻です。

「m-louisさーん。おいで、おいで」

おっ、ジンが呼んでますよ。

「ノアノアさんも、おいで、おいで」





http://www.asazuma.com
投稿者:キャサ
私のように1度設計までした家を捨てた人
は、適齢期ぢゃあ無かったんですよねきっ
と(笑)
で、今回の旦那さんとは転勤族のくせにマ
ンション買っちゃうし(汗)
人生設計・資金計画・・・出来てるんだろ
うか?ま、なんとか価格の半分くらいは現
金が用意出来たから資金的には適齢だった
のかもね(笑)
しかし、これからですな。何事も(苦笑)

http://www.aa.isas.ne.jp/tibimame/index.html
投稿者:m-louis
朝妻さん、こんなところで書くのも何ですが、ジン、
微妙に怪しい雰囲気のところがイイ味出してるってい
うか、好感もてますね!
そのうちまたノアノアさんとトラバ合戦になりそうで
す。

しかし、私の場合はたまたま止むに止まれぬ事情から
の家作りだったもんですから、周囲のことを気にする
という以前に少なくとも同年齢の友人(職種的にも)
で家作りのこと話しても誰も相手にもなってくれな
かったんですが、フツウはあのお宅もそうだし『うち
もそろそろ・・・』ってなるんですね。

仕事しなきゃいけないのに、ジンが手招きして困りま
す(笑)

http://yanaka.m-louis.org/blog/
投稿者:asazuma
どうも!朝妻です。

あるアメリカ人建築家のお言葉
『子供はスペシャルに長く滞在するゲストである。』

故に、

『家は夫婦のためにつくればいいのだ』

とのこと。

“施主適齢期”

『うちもそろそろ・・・』という言葉をよく見聞きします。
外的、内的要因、人それぞれ
気持ちとまわりの状況が一致したとき、それが適齢期!
どちらかが欠けているとはじめてから辛い思いをすることもあります。
焦らず、かつ、慎重になりすぎず
夫婦の気持ちを大事にすることが一番ではないかと思います。
え?親と同居の場合はどうするかですか?
これは、状況が様々。
とても私がここでいえる話ではありません。
と、またしてもズルく逃げさせていただきます。

http://www.asazuma.com
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ