東電福島第1原発事故の群馬県民への影響・・・安中市における本日の放射線量(2021年5月〜)  前橋Biomass発電問題・東電福一事故・東日本大震災

2021年10月17日(日)午前07時50分  0.076μSv/h

2021年10月16日(土)午前08時40分  0.069μSv/h
2021年10月15日(金)午前06時25分  0.061μSv/h
2021年10月14日(木)午前06時00分  0.077μSv/h
2021年10月13日(水)午前04時55分  0.074μSv/h
2021年10月12日(火)午前09時10分  0.073μSv/h
2021年10月11日(月)午前06時25分  0.076μSv/h
2021年10月10日(日)午前06時05分  0.070μSv/h
2021年10月09日(土)午前07時55分  0.077μSv/h
2021年10月08日(金)午前07時50分  0.073μSv/h
2021年10月07日(木)午前07時10分  0.071μSv/h
2021年10月06日(水)午前06時30分  0.076μSv/h
2021年10月05日(火)午前05時45分  0.073μSv/h
2021年10月04日(月)午前07時05分  0.069μSv/h
2021年10月03日(日)午前06時00分  0.066μSv/h
2021年10月02日(土)午前07時30分  0.074μSv/h
2021年10月01日(金)午前08時00分  0.076μSv/h

続きを読む
0

行政の不正情報ーーお待ちしてます!! 通報者は保護され、通報が外部に漏れることはありません。  オンブズマン活動

■平素より当会の活動にご注目くださり厚く御礼申し上げます。中共由来の未曽有のコロナ禍の中ですが、読者諸氏にお願いがあります。
 市民オンブズマン群馬では、行政内部の皆様からの公益通報をお待ちしております。
 行政内部で不正を揉み消した、等等の不正情報を通報者に代わって調査公開致します!!
 匿名の通報でも可能なのですが、通報者が匿名の場合、的確な調査ができず、どうしても調査が遠回りしてしまい、結果的に多くの時間と費用を費やしてしまうことがあり、また調査できないこともあります。
 調査を円滑に実施するために、通報者は例え偽名でも良いので、連絡先等(例えば、連絡用のフリーメールアドレスの設定など)をお知らせ下されば、速やかな情報交換による調査・報告が可能となりますのでご協力下さいますようお願い申し上げます。
 尚、通報者の存在または情報を外部に漏らすことは絶対にありません。
 本年も当会の活動に引き続きご理解とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
【市民オンブズマン群馬事務局からの依頼】
36

【タゴ51億円事件】ついにタゴ自宅売却!8月24日にタゴが公社に100万円入金でも残元金まだ22.67億円!  土地開発公社51億円横領事件


■令和に引き継がれた平成の負の遺産である安中市土地開発公社を舞台にした巨額詐欺横領事件、通称「タゴ51億円事件」が1995年5月に発覚してから26年6ヶ月が経ちました。1995年は1月17日に阪神淡路大震災、3月20日に地下鉄サリン事件と立て続けに発生し、騒乱の納まらない中、5月18日に安中市役所内で、間違いなく我が国の公務員による不正行為では空前絶後、前代未聞の最大級の不祥事件が発生したのでした。そして、なぜか警察により単独犯とされたタゴ以外、事件に関わった大勢の関係者は誰一人責任を取ることなく、平成が終わって令和に入ってもなお、安中市と公社はタゴ51億円事件の尻拭いである和解金24億5千万円を103年ローンで群馬銀行に払い続けています。

 その一方で、不可思議なことに安中市・公社はタゴから毎月1万円ずつしか返済を受けていません。それも口約束での返済で、証文などはなく、タゴの任意による自主的な返済に委ねているというから驚きです。タゴが払わない月があっても、市の幹部は誰もタゴに文句を言いません。

クリックすると元のサイズで表示します
国道18号線を高崎方面に向かって走ると、右手にタゴ事件の遺構が見えてくる。9月17日撮影。


続きを読む
1

【一太県政】一部エリート上級職員が私物化する県庁不明朗人事を巡る住民訴訟のその後の顛末報告  県内の税金無駄使い実態

■格差の拡大が取りざたされている昨今、「上級国民」という言葉をよく耳にします。社会的な地位などによって、特別な権利を得た人を揶揄する造語で、2015年の五輪エンブレム問題の経緯説明の際、五輪組織委員会の武藤敏郎が「一般国民」という言葉を用いたことが発端とされています。群馬県庁内でも、「上級職員」と呼ばれる一部エリート職員らがおり、彼らはその特権意識から強い結束を誇っていますが、それが行政の効率化に活かされるのであればともかく、私物化に走り、とくに人事面でエコ贔屓を生む温床になっています。

 当会は、群馬県行政の人事管理を巡り、県庁3階で起きている不透明な実態に着目し2020年2月28日に住民監査請求を群馬県監査委員に提出したところ、いつもの補正命令もないまま、突然同年3月17日に門前払い同然の却下通知が送られてきたため、同年4月16日に訴状を前橋地裁に提出しました。以来、現在に至るまで、コロナ禍の中、7回の弁論を重ねて、次回10月27日(水)午前11時30分から第8回弁論が開かれる予定です。そこで、この機会に、これまでの裁判の経過をご報告いたします。
クリックすると元のサイズで表示します
会計局は県庁3階の北側にある。会計管理者の福田芳美会計局長は昨年度から続投。まさか女性がトップを務める部局だから総務部人事課から仕事のできない再任用職員を引き続き押し付けられたとは思いたくないが…。

続きを読む
1

【速報!安中市庁舎建替え問題】本日の市議会全協で茂木市長が市民アンケート結果無視して安高跡地決定宣言  安中市庁舎建替えに伴う予算過大問題

■安中市庁舎建替え問題がついに急展開を見せています。10月18日月曜日の安中市議会の全員協議会が開かれ、そこで茂木市長は、市庁舎建替え場所について「安高跡地に市議会特別委員会の報告書による助言があり、市として、その助言に沿って決定致しました」と宣言する予定だという情報が、本日当会に飛び込んできました。全員協議会で、市庁舎建替え場所を安中高校跡地にすると宣言したあと、茂木市長による記者発表も用意されている模様です。

 そして、数日後に臨時市議会を開き、今後の予算等について市側からの提案に基づき、決定する算段だということです。市議会の9月定例会が終わったばかりで、12月定例会を待たずしての急展開はいったい何を意味しているのでしょうか。安中市行政は、議会を懐柔しておけば、市民アンケートや市民懇談会で、安中市の財政に最も優しい方法を市民がいくら望んでも、完全に無視して、自ら都合の良い豪奢な市庁舎への建替え実現にまい進できると最初から踏んでいたのです。

 タゴ51億円事件の発覚から26年半が経過するこの時期に、まさに象徴的な市民不在の暴挙が行われるところをみると、安中市は26年半前の状態に戻ったかの印象がいたします。

続きを読む
3

パワハラとエコ贔屓が跋扈する群馬県庁…知事の「コメントに値せず」を受け第三者委員会に消極的な人事課  オンブズマン活動

■部長級であと1年で定年退職の参事が自殺するという衝撃的な事件が起きたにもかかわらず、山本一太知事は、9月24日の第26回定例記者会見で、「記事の中身を読めばわかるが、すべて伝聞方式。『らしい』とか『言われている』とか、殆ど事実に基づかないと思っており、コメントするに値しない気がする」と述べました。
 また、発言を促された友松寛総務部長も「知事が言ったとおり、報道内容は、主要な部分で正しくないと思う。実際にどういった仕事との関わりがあったのか、しっかり確認をしたいと考えており、その結果がまとまれば、ご家族には丁寧に説明したい」と言いました。
*****令和3年9月24日定例記者会見動画*****
https://www.youtube.com/watch?v=t-pJkqcbtwU
クリックすると元のサイズで表示します
20210924山本一太群馬県知事定例記者会見
○県職員の自殺について
28:48〜NHK記者の質問
29:08〜山本知事の回答コメント
30:18〜31:15友松総務部長の回答コメント
**********
続きを読む
0

台湾企業がワクチン提供の返礼にマスク60万枚を寄贈、うち10万枚が群馬県台湾総会の仲介で群馬県に寄付  国内外からのトピックス

■台湾、すなわち中華民国の建国記念日は10月10日で、10が二つ重なることから双十国慶節、略して双十節とも言われます。これは1911年10月10日(宣統3年・旧暦辛亥8月19日)が、清朝の圧制に苦しむなかで、孫文を主とする革命軍が武昌で清朝打倒の行動を起こした日であることから、建国記念日とされました。この辛亥革命によって清朝が倒れ、孫文が臨時大総統となり、翌年1月1日に南京において中華民国が成立しました。

 台湾の双十節が間もなく迫る中、先月9月25日に、日本から台湾に5回目のワクチン提供が行われました。こうした日本からのワクチン支援は台湾の社会に大きな反響と感謝の声を台湾社会に巻き起こしています。「日本に恩返しをしたい」として、台湾各地での動きが広がっています。

■そうした中で、台中市にある「東志企業股份有限公司」(英文社名・EASTERNER ENTERPRISE CO., LTD.、董事長・彭以信、所在地・台中市西屯区河南路二段410号1楼、電話+886-4-24510961、FAX +886-4-24516227、業種・建材用品その他金属製品の卸売・自動車部品・用品の卸売)も感謝の気持ちを込めて、60万枚の台湾製マスクを日本に寄贈することを決めました。
クリックすると元のサイズで表示します
9月14日に群馬県庁に届けられた台湾からのマスク10万枚(4000枚入り✕25箱)。

続きを読む
1

なぜか農政部参事の服毒自死事件には触れず、自身のツイッター中傷事件勝訴をブログで紹介する一太知事  オンブズマン活動

■先月9月18日に群馬県職員の自殺が、週刊誌「フライデー」の記事に取り上げられたことから、パラハラがあったのかどうか、徹底した真相究明を望む声がSNSで飛び交っています。しかし、この事件について、その後、群馬県からは第三者委員会等の設置の話しもまったく聞こえてきておりませんし、マスコミの報道も皆無です。遺書らしきものが残っていたとされているのですから、原因を究明することで、場合によっては過労によるストレスが原因と特定され、労災認定される事案かもしれません。一太知事や、宇留賀副知事には迅速な対応と説明責任が問われているわけですが、「ご遺族からそっとしておいてほしいと言われた」などとして、このまま握りつぶしてしまう作戦かもしれません。

 他方、9月9日に一太知事は、自身のTwitterサイトに投稿された誹謗中傷メッセージの発信者を特定して謝罪に追い込んだとする話題を、記者会見の場で発表しました。そのことを報じた記事を見てみましょう。

**********上毛新聞2021年9月10日6:05
開示まで1年… 山本一太知事がツイッターの中傷発信者を訴訟で特定 投稿者は謝罪
クリックすると元のサイズで表示します
定例会見で示され、山本知事が「人格攻撃だ」と指摘したツイッター返信の一部(群馬県提供)
続きを読む
1

第28回全国市民オンブズマン大会が9月25日(土)・26日(日)にオンライン開催!  オンブズマン活動

クリックすると元のサイズで表示します
ZIP ⇒ iuysv.zip

■今年で28回目を迎える全国市民オンブズマン大会は、2021年9月25日(土)、26日(日)に昨年同様オンラインで開催(参加費無料)されます。
https://ombuds28th.peatix.com/
https://www.ombudsman.jp/taikai/21092526.pdf

続きを読む
7

パワハラとエコ贔屓が跋扈する群馬県庁…自殺に追い込まれた鳥獣被害対策担当参事の無念やいかに  オンブズマン活動

■フライデー10月1日号が報じた1ページの記事が大きな波紋を呼んでいます。記事のタイトルは「群馬県庁『パワハラ自殺事件』59歳職員服薬自殺の深まる謎」というセンセーショナルなものです。一体何があったのでしょうか。とりいそぎネットで検索してみました。

クリックすると元のサイズで表示します
**********フライデーデジタル2021年9月24日13:02

続きを読む
3

2014年3月解散の館林市土地開発公社が解散直前に売却した土壌汚染地で市がトーモクに約5億円尻拭い?  県内の税金無駄使い実態

■当会の館林支部長は、2014年3月に解散した館林市土地開発公社を舞台にした故安楽岡市長兼公社理事長による「羽衣問題」が、解散により館林市にツケが回らないように最大限の努力を傾注し、公社の問題を追及してきました。この「羽衣問題」は、民間企業が9000万円弱で購入した土地を、短期間で館林市がなんと5億円強で購入した事件です。
 「羽衣問題」では、当事者同士が手打ちのあと、料亭で会食したことが市議会で明らかになりました。この差額4億円余りは、館林市土地開発公社の負債となりましたが、2014年3月の公社解散により、公社のその他の負債と合わせて合計40億円が館林市の負担となり、館林市が第3セクター債を使って、それ以降20年間にわたり、毎年2億円ずつ返済することになっており、既にこの7年間に14億円の血税がドブに捨てられたことになります。
 そうした中で、7年前に解散した土地開発公社が解散直前に、段ボール製造大手の潟gーモクに、5億5300万円で売却していた北部第三工業団地の2.7ヘクタールの土地から基準値を超えるフッ素が検出され対策工事等で約5億円の支出を余儀なくされたとして、トーモクが損害賠償を求める民事訴訟を2年半前に提起し、今年7月に前橋地裁で和解勧告が出た為、公社を引き継いだ館林市が、9月8日の市議会定例会で全額を支払う方針を示しました。そのため、公社解散に当たり、不正会計の責任の所在を明らかにしないかぎり、公社を解散してはならないと警鐘を鳴らしていた当会館林支部長は、住民監査請求に踏み切りました。9月18日付の地元紙がこのことを報じています。

クリックすると元のサイズで表示します
**********上毛新聞2021年9月18日

続きを読む
0

赤城山麓林道をドライブ中、秋分の日返上で県営治山事業従事の作業員をはねた県警本部長の交通安全意識度  国内外からのトピックス

■秋の交通安全運動期間中の秋分の日に、群馬県警本部長が自家用車を運転して休日ランニングをしようと赤城山南麓の林道を一人で走行中、たまたま休日を返上して治山ダム工事に従事していた従業員が昼休みに林道で休んでいたところに出くわせて、避け切れずに衝突し、作業員が左足の太腿と左腕に打撲傷を負うという、なんともはやの事故が発生しました。
 さっそく各マスコミの報道内容をチェックすることにしました。

クリックすると元のサイズで表示します
**********FNNプライムオンライン2021年9月24日17:39
https://news.yahoo.co.jp/articles/15921f1e67f627cfcc518f938f01811593d034fd

続きを読む
2

【安中市庁舎建替え問題】市議会特別委の「安高跡地を適地」報告書にNO!の意見広告を市内全戸折込み配布!  安中市庁舎建替えに伴う予算過大問題

■9月2日付の地元新聞を見た当会は、安中市議会に設置されていた「庁舎建設等特別委員会」なるものが、最終報告書を9月1日の安中市議会定例会の初日に上程し、しかも、安中市が行った市民アンケートで、現在の市庁舎の場所が最適だとする意見が過半数を占めていたにも関わらず、それらを無視して、旧安中高校跡地が建設場所として最適だと結論付けた最終報告書が9月1日から始まった市議会定例会の初日に提出されたことを知り、さっそく当該報告書を入手し、内容を精査してきました。
 その結果、あまりにも住民不在の酷い市議会の実態を目の当たりにして、このままでは市議会が市の幹部の思惑通りに、住民の意向とは異なる方向に暴走するのを食い止める必要があることを痛感しました。そのため、本日、安中市内全域に、全部の新聞の朝刊へ意見広告として折込み配布をしました。
クリックすると元のサイズで表示します
9月12日朝刊に折り込まれた当会の意見広告。なぜか、来年4月の市長選を意識してなのかどうか明らかではないが、茂木英子後援会により「安中市長茂木ひでこ市政だより」が一緒に折り込まれていた。セットで読んでくれるかたがたも多いのではと期待される。

続きを読む
1

【記録資料番外編】群馬高専における深刻な諸問題の2021年9月現在に至る経過まとめ  群馬高専アカハラ問題

クリックすると元のサイズで表示します
群馬高専電子情報工学科教授・雑賀洋平。同校HP・トピックスページ(https://www.gunma-ct.ac.jp/cms/topics/jga140301.htm)より

■これまで3記事に分けて、特に2014-15年にかけて苛烈を極めた群馬高専電子情報工学科大規模アカハラ事件当時の記録資料を公表掲載いたしました。

 さて、当会・市民オンブズマン群馬では、関係者による告発と対処要請を受け、アカハラ事件発生直後の2015年4月から調査追及を開始しております。以来、足掛け6年半にわたり活動を継続しておりますが、同校の抱える闇は想像を遥かに超えて根深く、抜本的な問題解決には至れておりません。

 同校では、当会が活動している間にも次々と深刻な問題が起こりました。その筆頭が寮生連続不審死事件(2件目・3件目)の発生であり、次に西尾校長による学生脅迫騒動です。更に雑賀洋平をめぐっては、西尾校長が出元の文科省に逃亡して以降も、沼津バカンス逃避行や3Jクラス正担任就任強行などの事件が続発しています。これらは、今に至るも群馬高専側が悲惨なアカハラ事件を揉み消して「無かったこと」にしようと考えている証左であり、ハラスメントやいじめを横行させ隠蔽する同校の腐敗体質が何ら変わっていないという何よりの証でもあります。

 この記事では、その後から現在に至るまで、群馬高専と雑賀洋平をめぐって何が起こったかをあらためて振り返ってみました。

続きを読む
6

雑賀洋平による群馬高専J科アカハラ事件の記録B…被害学生らによる『人権・被害救済の申し立て』  群馬高専アカハラ問題

■次に、特に集中的なアカハラ被害を受けた電子情報工学科学生らが、2015年2月25日に西尾校長(当時)宛てで提出した『人権・被害救済の申し立て』を掲載します。

続きを読む
3




AutoPage最新お知らせ