2014/4/22  16:45

市長2期務め通算40年間に亘る“選良”人生に本日ピリオドを打つ岡田市長のこれまでとこれから  安中市長選挙

■今日は岡田市長の退任日です。市議5期、県議3期、市長2期を務め上げて、これまで40年間、選良として安中市に君臨してきた人物が、初めて下野する記録的な日です。当会は、先日、秘書課に電話をして、岡田市長の退職金はいくらなのか質問しましたが、秘書課を統括する田中毅総務部長から「現在、市長の業務引き継ぎに必要な書類を各部署で作成中であり、まだ計算していないので、市長の退任日あたりにあらためて電話をしてみてくれ」と言われたので、本日再度電話をしました。


 総務部長に電話をして「先日お願いした件ですが、今日が退任日の岡田市長に支払われる退職金の金額は確定したでしょうか。ご指示通り本日電話してみましたので、教えてください」とお願いをしました。すると総務部長は「確かに、現市長から新市長への業務引継書類は出来上がって、これから岡田市長の決裁を得る予定だが、岡田市長の退職金は個人の所得に関する情報なので、具体的な数字を教えられるわけがない。条例に書いてあるからそれを見ればわかる」と手のひらを返すように、開示を拒否してきました。

 そこで、当会から、「条例は分かりづらく、また、それによって計算したとしても、正確性を欠くおそれがあり、その場合岡田市長本人に対しても、また納税者である市民の皆さんに対しても不正確な情報で迷惑をかける心配があります。計算式だけでなく、それぞれの数値をきちっと教えてください」と総務部長にお願いしました。すると、総務部長は、職員の給与計算をする秘書課職員係の小黒係長に電話を回しました。

 同係長も、当初は当会に数字を教えるのをためらいがちでしたが、ようやく教えてもらったのが次の計算式です。

 給与月額 × 在任月数 × 定数 = 岡田市長の退職金

 ここで、それぞれの正確な数値を教えてもらいました。
  給与月額 = 89万円ちょうど
  在任月数 = 2期8年で96か月
  定  数 = 0.4

 これらを上記の計算式に導入すると次のようになります。

 890,000円/月 × 96月 × 0.4 = 34,176,000円

■民間では、定年まで働いでもせいぜいこの半分強ですが、公務員、それも特別職の首長の場合は、月給×月数でカウントされるため、このように法外な数字になります。

 勿論、善政を行い、市民のために寝食を忘れて公務に励み、退職金以上の成果を生み出してもらえれば、なんら問題ありませんが、岡田市長の場合、現在安中市が背負っているタゴ51億円事件で、元職員と一緒に市土地開発公社の理事監事として、公社事業と運営に関与していたことがあります。にもかかわらず、事件後、事件の真相について口をつぐんだまま、今日いう日を迎えてしまいました。

 退職金をもらって、後は野となれ山となれ、では困ります。

■とくに、安中市土地開発公社の運営については、再三にわたる市民の情報開示請求にも不開示をつらぬき、ずっと市民に内緒にしてきた経緯があります。

 とりわけ、タゴ51億円事件の発覚後、元職員タゴから当時甘楽信用金庫(現・しののめ信金)安中支店勤務だった石原保(富岡市七日市在住)に預けられた絵画等6点が、岡田市長2期目当選直後に、石原保から、タゴの配偶者に返却され、それが安中市土地開発公社に寄贈されました。これは、事件発生から捜査に携わり、出直し市長選で市民団体候補が中島博範候補に敗れた後、「タゴが購入した絵画や骨董品等はすべて押収した」として捜査を終了した警察の説明とは異なるものです。

 これら絵画等6点のありかについては、岡田市長ら現在の公社関係者が知っていますが、今回の市長交代のどさくさに紛れて、再びタゴ事件関係者の手に戻るリスクもあり得ます。

■また、公社のプロパー事業は、東日本大震災後、津波の被害可能性を避けるために、津波の心配がなく地震が比較的少ない安中市のような交通アクセスの便利な内陸部への移転を真剣に検討する企業が増えたことで、順調な推移を見せつつありますが、この公社の利益が、タゴの尻拭いのための群銀への和解金として消えるのではなく、きちんと市民に還元される必要があります。

 こうしたことを岡田市長は任期中にきちっ!と実行しなければならないはずでした。しかし、どうやら、それもせずに、退職金だけをせしめて、今日をもって、市長を退任し下野してしまうことになりそうです。

 当会では、新市長が、公社事件の一部始終を検証し、その後の経緯と現状を市民に対して明らかにし、真相解明、責任の明確化、再発防止策、市民への被害回避、タゴや事件関係者からの損害賠償金の回収に向けた迅速な施策を行いやすくできるように、引き続き努力を傾注する所存です。

【ひらく会情報部】


3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ