2014/6/15  23:02

安中市内で最初の「ぐんま緑の県民税」に関する出前講座が北野殿で開催され28名参加  茂木市政


■安中市で初の「ぐんま緑の県民税」に関する出前講座が、当会主催で、6月14日(土)午後7時から、市内岩野谷地区の北野殿公会堂で開催されました。当日は幸い、朝から梅雨の合間の青空が広がり一日中天候に恵まれました。参加者は、ほとんどが地元岩野谷地区の住民でしたが、お隣の高崎市からも参加された方がいらっしゃいました。マスコミ関係者は上毛新聞社の高崎市局から駆け付けていただきました。しかし、残念ながら、会場の直ぐ近くに住んでいる前市長と現市長は、出席しませんでした。
クリックすると元のサイズで表示します


 出前講座には、講師として群馬県環境森林部林政課の松本喜久男課長、及び随行者として同課林政推進係の小山兼弘係長に出席していただきました。開始15分前に現地に到着後、プロジェクターのセットを行い、予定通り7時から出前講座が開始されました。

 会場には、地元の岩野谷地区住民をはじめ、総勢28人が集い、当会の司会で冒頭に事務局長の挨拶の後、講師・随行者の紹介に引き続き、7時5分から出前講座の説明が開始されました。
クリックすると元のサイズで表示します

 約50分の説明のあと、会場内から活発な質問がいくつも出されたあと、8時20分から予め当会が事前質問として提出していた9項目について、松本課長から口頭で説明がありました。

 これに対して会場から、関連質問が出され、結局午後9時ちょうどに閉会となりました。

■残念ながら、前市長と現市長には出席いただけませんでしたが、4月の選挙戦で、両陣営の支援者の皆さんがそれぞれ何人も顔を出していただき、この緑の県民税への関心の高さがうかがえました。

 出前口座の詳しい模様は、おってご報告させていただきます。休日にもかかわらず、出前講座の為に準備をしていただき、分かり易く丁寧に説明をいただいた群馬県林政課の松本課長と、小山係長をはじめ、週末の団欒のひとときにもかかわらず、お集まりくださった参加者の皆様に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

【ひらく会事務局】
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ