2014/9/28  23:23

高崎・玉村スマートICにも大量の有毒スラグか・・・関係先に公開質問状で確認中  スラグ不法投棄問題


■高崎駅東口から板倉町をつなぐ総延長58.6kmの東毛広域幹線道路が、平成26年8 月31日に全線開通しました。東毛広域幹線道路は、昭和37年度に事業開始となり、55年の歳月と総事業費1,372億円をかける幹線道路事業で、全線開通(一部一車線区画を含む)により高崎市から板倉町の所要時間が、整備前の133分から110分に短縮されました。また、これにより、周辺道路の渋扁解消、高速道路へのアクセス向上が図れるとともに、地域の相互交流と沿線活性化に期待がかけられています。ところが、この高速道路へのアクセスポイントとなる高崎玉村スマートインターチェンジ(IC)の工事に、有毒スラグが大量に使用されたという情報が市民オンブズマン群馬に寄せられました。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
東毛広域幹線道路の全線路線図。

クリックすると元のサイズで表示します
開通式典が行われた伊勢崎市清掃リサイクルセンター。

クリックすると元のサイズで表示します
最終工区となった玉村伊勢崎バイパス「伊勢玉大橋」で行われたテープカットと渡り初めのセレモニー。

■このため市民オンブズマン群馬では、この高崎玉村スマートICの工事に関係するステークホルダーに次の公開質問状を提出しました。平成26年10月3日(金)までに回答期限をお願いしていますので、回答の有無を含めて回答内容を追って報告します。

**********【東日本高速道路株式会社代表者あて公開質問状】
                    2014年9月22日
〒100-8979
東京都千代田区霞が関三丁目3番2号 新霞ヶ関ビルディング
東日本高速道路株式会社
代表取締役社長 廣院’遏〕
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ