2015/3/19  23:48

大同有毒スラグ問題で、今度は大同特殊鋼本社コンプライアンス担当部署に公開質問状を発出  スラグ不法投棄問題

■この問題で、群馬県環境森林部が大同特殊鋼渋川工場に立入検査してから、既に、14か月が経過しようとしていますが、なぜこのような不法投棄が堂々と実行されたのか、その真相や実態はいまだに全貌が明らかにされていません。ここは、原因者である大同特殊鋼に情報を開示してもらうのが不可欠であると考えた市民オンブズマン群馬では、先日同社渋川工場長あてに出荷記録の開示について公開質問しましたが、遺憾ながら顧客情報を理由に拒否されました。そこで今回、顧客情報以外の出荷場所や日にち、量だけでも情報開示するよう、今度は同社の本社に次の公開質問状を提出し、同社の社会的説明責任に期待することにしました。


**********
openlettertocompliancecommitteeofdaidosteelheadoffice150319.pdf
(※事務局注:公開質問状本紙に社名を書き入れるのを失念してしまいましたが、封筒には「大同特殊鋼本社」と明記して簡易書留で郵送済みです)
                    2015年3月19日
〒461-8581愛知県名古屋市東区東桜一丁目1番10号
(アーバンネット名古屋ビル)
リスクマネジメント・コンプライアンス委員会 御中
                    市民オンブズマン群馬
                    代表 小川 賢
          公 開 質 問 状
 拝啓、貴社ますますご清栄のこととお慶び申しあげます。
 当会は、群馬県において、行政機関を外部から監視し、行政機関による税金の無駄遣いや行政権限を不当に行使することによる住民の権利・利益の侵害に対する調査及び救済の勧告を図る活動をしているボランティア団体です。
 さて、現在、私たちの地元である群馬県において貴社工場から排出される鉄鋼スラグから有毒物質が検出されたことについて、これまで住民が知らないまま公共事業の土木用資材として、再生砕石(CS-40)を装って路盤材に大量に使用されていたほか、盛土材などとしても数多くの現場で使用され、その他民間の工事にも大量に使用されていたことが、マスコミ報道等でも指摘されています。
 そうした中で、平成26年12月26日に国土交通省関東地方整備局による記者会見のなかで、「国土交通省関東地方整備局では、大同特殊鋼(株)渋川工場への聞き取りを実施し、同社が鉄鋼スラグの出荷を開始した平成3年度以降に施工した群馬県内の直轄工事のうち、鉄鋼スラグを出荷した記録があることが判明した工事の施工箇所および鉄鋼スラグと類似する材料の混入が認められた工事の施工箇所について…」とか、「なお、群馬県と渋川市は、大同特殊鋼(株)渋川工場に対し、それぞれの発注工事への鉄鋼スラグの出荷記録など、聞き取り調査を実施し、現在、その結果について取りまとめを行っているところです」という説明をしています。
 ご案内のとおり、平成26年1月27日に群馬県が貴社工場に立入調査を行い、この問題が広く世間に知られるようになりました。しかし、その後の推移を見ますと、一体どれくらいの鉄鋼スラグがどのような経路を経てどこに、どのような形で処分されてきたのかどうか、が見えてきません。本来であれば既に貴社工場から聴き取りや出荷記録を入手した国や県や渋川市が、詳しい情報を開示すればよいのでしょうが、未だ十分とは言えない状況にあります。そのため、県民として鉄鋼スラグにかかる不安がぬぐいきれません。
 従って、我々県民の立場として、自ら調査する必要があると考えております。そこで、当会は2月23日付で、貴社渋川工場長の竹鶴隆昭様宛に、下記内容の公開質問状をお送りしました。
 竹鶴様からは同3月2日付で、添付1及び2のとおり、ご回答をいただきましたが、残念ながら「お客様の事業情報が含まれているため、弊社の判断で提供できません」とのことでした。ここで言う「弊社」とは、貴社渋川工場のことなのか、貴社全体なのか判然としない為、あらためて、下記内容の公開質問状をお送りします。
 なお、当会としては「お客様情報」に係る顧客名や顧客住所、連絡先、担当者名等については黒塗りでも構いませんので、スラグの種類、量、出荷日、出荷先の場所だけでも出荷記録の開示について、ぜひ再検討ください。
          記

1.国土交通省が平成26年12月26日に記者発表したとおり、貴社で保管していると思われる平成3年度以降の鉄鋼スラグの出荷記録について

質問1-1:国交省の聴き取り時に貴社から提供されたのと同じ情報(記録記録など)を、我々に開示していただけますでしょうか?
質問1-2:開示していただける場合、どのような手続きが必要になるのか、ご教示願えますか?
質問1-3:開示していただけない場合、その理由や根拠をご教示願えますか?

2.国土交通省が平成26年12月26日に記者会見したとおり、群馬県と渋川市がそれぞれの発注工事への鉄鋼スラグの出荷記録など聞き取り調査をしたことについて

質問2-1:群馬県と渋川市の聞き取り調査時に貴社から提供されたのと同じ情報(出荷記録など)を、我々に開示していただけますでしょうか?
質問2-2:開示していただける場合、どのような手続きが必要になるのか、ご教示願えますか?
質問2-3:開示していただけない場合、その理由や根拠をご教示願えますか?

3.上記1、2以外で、鉄鋼スラグの出荷に関して貴社で記録していた情報について

質問3-1:そのような情報がありますか?
質問3-2:そのような情報があれば開示していただけますか?
質問3-3:開示していただける場合、どのような手続きが必要になるのか、ご教示願えますか?
質問3-4:開示していただけない場合、その理由や根拠をご教示願えますか?

なお、貴社のご回答を得た上で、あるいは得られなかったときに、記者会見で回答の有無及び内容を明らかにしてまいりたいと考えます。同時に当市民オンブズマン群馬のホームページ上でも明らかにし広く群馬県民に広報してまいる所存です。つきましては、平成27年3月26日(木)限り、次の連絡先にFAXにてご回答いただきますよう、お願い申し上げます。
     連 絡 先
市民オンブズマン群馬  事務局長 鈴木 庸
〒371,0801 群馬県前橋市文京町1-15-10
電話027-224-8567  FAX027-224-6624

添付1 2015年3月2日付貴FAX送り状
クリックすると元のサイズで表示します
添付2 2015年3月2日付貴渋川工場 竹鶴様からの回答
クリックすると元のサイズで表示します
**********

■上記公開質問状は、3月19日に簡易書留で郵送しました。大同特殊鋼のコンプライアンス部署から果たしてどのような反応があるのか、それともないのか、注目したいと思います。

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ