アカデミックハラスメント被害に揺れる群馬高専の学校長からオンブズマンに「一切回答拒否」と返事  群馬高専アカハラ問題

■指導的立場にある人物によるアカデミックハラスメント(アカハラ)の被害が横行すると見られる国立群馬工業高等専門学校ですが、実際にアカハラが起きているのかどうか、起きている場合には学校側がどのような対応策を講じているのかを確認するために、市民オンブズマン群馬では、4月15日に同校の西尾典眞・学校長宛に公開質問状を提出しました。その回答が当会に寄せられたのでここに紹介します。
※公開質問状提出の模様は次のブログ参照↓
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1584.html#readmore


 最初に当会事務局のFAXに送信されてきたのは、次の2ページでした。

**********
クリックすると元のサイズで表示します
2015年4月17日 15時12分  群馬工業高等専門学校    NO.0079 P. 1

                     平成27年4月17日
          FAX送信票
市民オンブズマン群馬
 事務局長 鈴木 庸 様
                    群馬工業高等専門学校
                     総務課長 尾 島 亨

 「公開質問状への回答書について」を、別添のとおりお送りさせていただきます。

**********
クリックすると元のサイズで表示します
2015年4月17日 15時12分  群馬工業高等専門学校    NO.0079 P. 2

                   平成27年4月17日
         FAX送信票
市民オンブズマン群馬
 事務局長 鈴木 庸 様
                  群馬工業高等専門学校
                   総務課長 尾 島 亨

 「公開質問状への回答書について」を,別添のとおりお送りさせていただきます。
 何卒,ご配慮方よろしくお願いいたします。
**********

■なにやら、相当慌てた様子がうかがえますが、これでは、一体なんのことか、さっぱり意味が分かりません。そこで、事務局では、週明けの4月20日に群馬高専の総務課に電話をして、「FAXの送り状と思しき同じような書面が2通届いたが、何かの間違いではないのか」として、あらためて回答をお願いしました。するとその日の午後、さっそく回答が届きました。

**********
クリックすると元のサイズで表示します
2015年4月20日 13時22分 群馬工業高等専門学校  NO.0088 P. 1

                     平成27年4月17日
          FAX送信票
市民オンブズマン群馬
事務局長 鈴木 庸 様
                   群馬工業高等専門学校
                   総務課長 尾 島 亨

 「公開質問状への回答書について」を、別添のとおりお送りさせていただきます。

**********
クリックすると元のサイズで表示します
2015年4月20日 13時22分 群馬工業高等専門学校  NO.0088 P. 2

                   平成27年4月17日
市民オンブズマン群馬
    代表 小川 賢
                   群馬工業高等専門学校
                      校長 西尾 典眞

 本年4月15日にいただいた公開質問状については、事案の性質に鑑みプライバシー保護の観点から回答を控えさせていただきます。
**********

■その日の夜、群馬高専からの回答書をみた事務局長は唖然としたそうです。無理もありません。今年3月、群馬県立県民健康科学大学におけるアカハラ問題で、同大学から送られた回答書には、簡単な内容ながら、アカハラ問題の存在と、対応方針について明記してあったからです。

 県立の教育機関であっても、オンブズマンからの公開質問状を無視せずに、きちんと返事をするのですから、国立の教育機関であれば、さらにしっかりとアカハラ問題の深刻さを受け止め、誠意ある回答を寄せてくるはずだと思っていたからです。

 にもかかわらず、群馬高専のトップは、「問答無用」で「(関係者の)プライバシー保護」を盾に、一切の回答を拒否しました。

 この場合のプライバシーは、どうやら当会が質問2-1で「貴学では、アカハラ行為を行ったとされる人物について、特定していますか?」と質した加害者のことを意味している可能性があります。

■当会では、4月15日に学生課に公開質問状を提出した際に、「ハラスメントが行われていない場合には、そのように回答していただいて構いません」と念押しをしてありました。

 今回、「事案の性質に鑑みプライバシー保護の観点から、回答を控えさせていただきます」と回答した背景には、やはり同校内部でハラスメント行為が間違いなく発生していることをうかがわせています。

■今年の3月31日まで群馬県立県民健康科学大学のトップだった土井邦雄・学長は、1962年、早稲田大学理工学部応用物理学科卒業後、大日本塗料鰍ノ極光研究所主任研究員として勤務した後、1969年に渡米しシカゴ大学放射線科アシスタントプロフェッサーとして奉職するとともに、同年に早稲田大学理工学部応用物理学科から工学博士の称号を受け、1972年に准教授、1977年から2009年までカートロスマン放射線像研究所所長・教授として勤務していました。

 土井学長は、CAD(コンピュータ支援診断)の世界的第一人者として知られていますが、2009年4月から5年間、同大学の学長を務めました。このため、ハラスメント問題については、グローバルな観点から対応する必要を感じていたのかもしれません。対応が遅れたかもしれませんが、ハラスメント問題を放置することなく、加害者に対してけじめを付けさせたことには間違いありません。

■一方、オンブズマンの公開質問に対して、回答拒否をしてきた群馬高専の西尾・学校長の場合を見てみましょう。まずは、西尾典眞氏の履歴を、ネット検索で確認した結果を次に報告します。

○2001〜2003年ごろ 国立教育政策研究所教育課程研究センター・研究開発部長
2003年 7月号「指導と評価」図書文化
平成13年度小中学校教育課程実施状況調査について

○2003年ごろ  国立教育政策研究所教育課程研究センター・研究開発部長
○2004年3月31日まで 文部科学省研究開発局・地震・防災研究課長
・平成15年度高等学校教育課程実施状況調査委員名簿
【教育課程実施状況調査に関するプロジェクトチーム(国立教育政策研究所内)】(平成17年12月末現在)

○2004〜2005年  西尾 典眞(文部科学省研究開発局地震・防災研究課長)
○2006年  日本私立学校振興・共済事業団参与
・2004〜08年度 国立大学法人理事出向一覧(抜粋)↓
http://university.main.jp/blog6/archives/2009/03/2004081.html
・2005/05/08 国立情報学研究所の国際学術情報流通基盤整備事業のなかのワークショップにおける開会の挨拶↓
http://sparc1038.jishin.go.jp/main/workshop/050325/h1601.pdf
・2005/5/14 東京大学HP↓
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_170422_01_j.html
新潟県中越地震緊急研究 一般講演会「雪国からのメッセージ〜新潟県中越地震から学ぶこと〜」
日   時: 平成17年5月14日(土) 13:00〜16:30
場   所: ホテルニューオータニ長岡 NCホール 新潟県長岡市台町2丁目8番35号(長岡駅東口)
主   催: 防災科学技術研究所、東京大学地震研究所、京都大学防災研究所、防災研究フォーラム
〜プログラム〜 13:05 来賓挨拶 文部科学省地震・防災研究課課長 西尾典眞氏
*信州大学  08 西尾 典眞 平成16年4月文部科学省研究開発局地震・防災研究課長 平成18年8月日本私立学校振興・共済事業団参与

○2010年4月〜信州大学医学部付属病院・理事
信州大学HP 2010年04月20日
記事タイトル:医学部附属病院に内視鏡センターが新設されました
http://www.shinshu-u.ac.jp/topics/archive_data/2010/04/post-305.html

○11年1月 信州大学環境マインド推進センター副センター長・理事
信州大学HP 2011年01月19日
記事タイトル:全学でのISO14001認証取得記念 『信州大学環境マインド推進報告会』開催
http://www.shinshu-u.ac.jp/topics/archive_data/2011/01/iso14001-6.html

○2011年6月〜2013年3月31日まで  国立特別支援教育総合研究所・理事
・第36回特別支援教育教材・教具展示会 作品募集要項↓
https://www.nise.go.jp/cms/resources/content/381/36th.bosyuyoukou.pdf
・国立特別支援教育総合研究所(NISE) 平成25年4月↓
http://www.nise.go.jp/cms////6,8298,13,260.html
【6】役員・研究職員の異動について●3月で研究所を去られた役員・研究職員 西尾典眞 理事

○2014年4月  一般社団法人全国高等専門学校連合会・監事
・平成24年4月に、これまで活動してきた社団法人全国高等専門学校体育協会と高等専門学校連合会(任意団体)の機能強化を図ることを目的として統合し、一般社団法人全国高等専門学校連合会が設立して現在に至っている。
役員(平成26年4月1日現在)
監事 群馬 校長 西尾典眞    任期2016.3.31

■こうしてみると、西尾学校長は、2013年4月1日に群馬高専に来る前は、次のポストを経由していたことがわかります。
 国立教育政策研究所教育課程研究センター研究開発部長
 文部科学省研究開発局・地震・防災研究課長
 日本私立学校振興・共済事業団参与
 信州大学医学部付属病院・理事
 信州大学環境マインド推進センター副センター長・理事
 国立特別支援教育総合研究所・理事

 また、おそらく群馬高専学校長に就任と同時に、平成24年4月1日に発足した一般社団法人全国高等専門学校連合会の監事に選ばれています。ということは、約6万人の学生を擁する全国に57校ある国公私立高専のトップのなかでも、高い存在感を誇示している人物と見受けられます。

■そのように影響力のある人物であれば、自らトップとして指導する群馬高専の内部で起きたアカハラ問題については、積極的に再発防止に取り組むことが急務のはずです。その取り組み状況を外部に対して逐一公開して、在学生の保護者や、これから高専を目指す子どもたちに、安心感を与えることが最善の方策だと考えるのが、教育者としての常識だと思われます。

 ところが、西尾学校長は、当会の公開質問状に対して、個人情報を理由に、回答を一切拒否したのです。

 この理由について、あれこれ考えてみましたが、西尾学校長のこれまでの職歴を見れば、国立群馬高専のトップには「教育者」ではなく、「官僚」が居座っているということになります。そうであれば、情報の隠ぺい体質は「さもありなん」と納得してしまうのです。

■では、なぜ西尾学校長は、これほどまでに学校内の不祥事に対して、強硬に隠ぺい方針を貫こうとするのでしょうか。それは、バックに文部科学省がついていると自負しているからかもしれません。いくら、被害学生や保護者らがハラスメント被害について報告、連絡、相談をしても、トップの学長が、文部科学省に対してコントロールが効くから、「臭い物にはフタさえしておけばよい」などと考えているとすれば言語道断です。

 西尾学校長は、群馬高専HPの冒頭に「群馬高専で夢の実現を」として、「群馬高専は、学生の夢の実現に向けて、学校あげて全力投球します」と述べています。これは、「学生の夢の実現を阻むものは、学校を上げて全力で排除する」というのと同義語ではないのでしょうか。

 群馬高専のトップが、当会の公開質問状に対して一切の回答を拒否してきたことから、今後は、同校にかわって、当会で調査を進めていく所存です。その過程で入手した情報を子細に分析し、解析した結果を、ひろく公表していきたいと思います。

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】


9



2015/6/5  19:34

投稿者:ひらく会情報部  

>>会員・読者各位

 平素より当会のブログにアクセスくださりありがとうございます。とりわけ、現在当会で取り組んでいるアカハラ問題では、教育関係者、現役、OB、保護者の皆様を始め、多くの方々から多大な関心をいただいており、それらは当会の活動の原動力として活用させてもらっています。
 皆様からのアカハラに関するご意見等は、この問題をさまざまな角度から捉えていただく意味で、当然辛口のコメントも大歓迎です。
 しかし、本日午後5時29分という定時退場時間寸前と思われる時刻に、会員・読者のかたがたが読むに堪えないようなコメントが、当会のアカハラ問題提起の記事に対して、5月27日に引き続き、同じ者とみられる人物から、投稿がありました。
 当会のアカハラ問題を提起記事に対する非論理的な類のコメントではありますが、当会としては、このようなコメントもアカハラ問題に対する一部からの反応の証しとして、敢えて消去せずに記録として保存することが重要だと考えております。
 たとえ読むに堪えないコメントが投稿されたとしても、それはそのような反応を行う勢力が存在するという社会の事象を証明するものです。
 当会のこの意をお汲み取りいただき、引き続き当会のブログをご愛読くださるようお願い申し上げます。
       ブログ管理人・ひらく会事務局長 拝

2015/6/5  17:29

投稿者:shinegunmaOmbudsman

なんで、お前らが、調査するんだ?アホか?この世のクズwwww早く死んでくださいwww

あと、校長に対する、個人的侮辱になってる所あるからな。ポストで人の尊厳を判断するな。オンブズマンとか言ってるが、単なる極右翼•社会の嫌われ者共だからな、お前ら。
そして、最後に死ね社会の嫌われ者,みんなの嫌われ者www死ね

http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1590.html

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ