【速報】昨年10月31日にオンブズマンからの告発を受理した東京地検特捜部に求められる告発者への連絡配慮  政治とカネ

■あれほど上州の政界を揺るがせた群馬5区の「姫」と「国家老」による一大政治スキャンダルも、半年を経過して急転直下、幕引きに向けて加速しています。そうした中、本日12時過ぎに、市民オンブズマン群馬の代表と事務局長あてに東京地検から4月28日付の処分通知書が、郵送で届きました。さっそくご報告します。
クリックすると元のサイズで表示します



**********【「姫」の処分通知書】
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
様式第97号(刑訴法第260条、規程第60条)
      処 分 通 知 書
                    平成27年4月28日
告発人 小 川   賢 殿 / 鈴 木   庸 殿
          東京地方検察庁
           検察官検事 小 嶋 英 夫
 貴殿から平成26年10月31日付けで告発のあった次の被疑事件は、下記のとおり処分したので通知します。
          記
1 被疑者   小 渕 優 子
2 罪名    政治資金規正法違反、公職選挙法違反
3 事件番号  平成27年検第12716号
4 処分年月日 平成27年4月28日
5 処分区分  不起訴

**********【「国家老」の処分通知書】
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
様式第97号(刑訴法第260条、規程第60条)
      処 分 通 知 書
                    平成27年4月28日
告発人 小 川   賢 殿 / 鈴 木   庸 殿
          東京地方検察庁
           検察官検事 小 嶋 英 夫
 貴殿から平成26年10月31日付けで告発のあった次の被疑事件は、下記のとおり処分したので通知します。
          記
1 被疑者   折田謙一郎
2 罪名    @A政治資金規正法違反
3 事件番号  平成27年検第12717号
4 処分年月日 平成27年4月28日
5 処分区分  @(小渕優子後援会及び自民党群馬県ふるさと振興支部に関する収支報告書の虚偽記載)につき起訴
        A(被疑者の政治団体に関する収支報告書の虚偽記載)につき不起訴
**********

■処分通知の内容を読むと、当会の告発状は、昨年(2014年)10月31日付で受理したことが分かります。これは、当初同10月20日に東京地検特捜部を訪れて提出した告発状をさらに吟味して差替え用に提出した告発状の日付と一致しますので、東京地検ではこちらの告発状を正式に受理したかたちになっていることが分かります。この時の告発状の内容や提出状況については当会の次のブログを参照ください↓
◆2014年10月31日
 小渕優子政治資金問題でオンブズマンが既提出の2件の告発状の差替えバージョンを東京地検に送付
 http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1443.html#readmore

 それにしても、当会にひとこと「受理した」旨を伝えてほしかったのが率直な感想です。

 また、報道では、「姫」の不起訴処分は、公選法と政治資金規正法に照らして今回の一連の行為が「嫌疑不十分」とされていますが、このことを確かめるべく、当会では近日中に、刑事訴訟法第261条に基づき、不起訴処分理由の告知を東京地検に対して請求することにしています。

 さらに、当会では、「姫」が旅行業法の資格がないのに、明治座への観劇会ツアーなど、後援会のメンバーを対象に企画、実施し、利益を得ていたことについても2014年11月21日付で東京地検に告発をしており、こちらのほうがどうなったのかについても、公開質問状等を通じて、東京地検に説明を求めていく所存です。この旅行業法違反容疑で当会が告発した様子は次のブログ参照ください↓
◆2014年11月21日
 市民オンブズマン群馬が代議士・小渕優子を旅行業法違反で本日新たに告発!
 http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/1466.html#readmore

 当会では引き続き、この問題について粘り強く取り組んでまいります。

【市民オンブズマン群馬事務局からの連絡】
2



2015/5/8  9:18

投稿者:ひらく会情報部  

>>maverickさんへ

 コメントありがとうございます。少なくとも、親分が在宅起訴で、大番頭は逮捕というのが、世間のジョーシキなのでしょうが、群馬県では、ヒジョーシキがジョーシキとされています。これでは、政治資金規正法や公選法の違反行為は、取り締まる根拠を失ったわけで、この点に関して、群馬県は政治不毛ならぬ政治不法地帯というレッテルが定着したことになりますね。
 引き続きこの問題について取り上げてまいりますので、注目のほどお願いします。
          ひらく会情報部

2015/5/7  10:31

投稿者:maverick

何か一昔前の「小渕ゆうこ組の後始末みたいですね」。「親分は関係なくなり、身代わりの子分が警察に出頭して、罪を被って終わり」としたようなものですね。こんな事が罷り通るのですか?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ