【速報】大同有毒スラグを斬る!・・・「大同・佐藤 書類送検へ」各報道機関の報道ぶり  スラグ不法投棄問題

■本日夕方のNHKのニュースで、大同特殊鋼・佐藤建設工業のブラック連合が書類送検されたことについて報じられました。

**********2016年4月26日NHKほっとぐんま640
廃棄物処理違反疑いで書類送検
クリックすると元のサイズで表示します

 大手鉄鋼メーカーの大同特殊鋼が、県内の工場から出た有害物質を含む廃棄物の鉄鋼スラグの処分を許可をもたない業者に委託したとして廃棄物処理法違反の疑いで書類送検されました。
クリックすると元のサイズで表示します
 書類送検されたのは名古屋市に本社がある大手鉄鋼メーカー、大同特殊鋼と関連会社など2社、それにそれぞれの会社の役員ら合わせて5人です。(当会注:書類送検されたのは、大同特殊鋼、その子会社の大同エコメット、建材メーカーの佐藤建設工業の3社、及びそれぞれの会社の役員です)
クリックすると元のサイズで表示します
 警察によりますと、大同特殊鋼やその役員らは平成23年3月からおよそ1年間にわたって、渋川市にある工場から出た有害物質を含む廃棄物の鉄鋼スラグおよそ2万8300トンの処分を廃棄物を処理する許可をもたない関連会社に委託したとして廃棄物処理法違反の疑いがもたれています。
クリックすると元のサイズで表示します
 大同特殊鋼の鉄鋼スラグを巡っては、県内の道路の舗装などに使われ環境基準を超えるフッ素や六価クロムが検出されました。
クリックすると元のサイズで表示します
 警察は「鉄鋼スラグは建築資材ではなく廃棄物にあたる」などとする県からの刑事告発を受けて大同特殊鋼の本社や渋川市にある工場などを捜索するなど捜査を進めた結果、容疑が固まったとして書類を前橋地方検察庁に送りました。
クリックすると元のサイズで表示します
 警察は大同特殊鋼の役員らの認否を明らかにしていません。
クリックすると元のサイズで表示します
 大同特殊鋼は「鉄鋼スラグをめぐる処理について書類送検されたことを真摯に受け止めたい。関係する各方面に迷惑をおかけし深くおわびするとともに、今後検察の捜査に全面的に協力したい」と話しています。
**********

■上記のNHKのニュースでは言及していませんが、今朝の上毛新聞の報道では、大同・佐藤のブラック連合は「スラグは廃棄物ではなく、製品として取引していた」などと口裏を合わせて説明していたようです。これは、東邦亜鉛が「鉱滓などは工業製品だ」として、平然と深アオリのダンプトラックを使って、外側から見えないようにしながら、本来は深アオリのダンプで運んではいけないはずの鉱滓を運搬している行為を「合法だ」と主張しているのと、そっくりです。

 また、「警察は大同特殊鋼らの役員の認否を明らかにしていません」とあることから、ブラック連合は未だに、冤罪を主張している可能性もあります。末尾の朝日新聞デジタルの記事では「認否について『知らない』などと話しているという」と報じられています。したがって、これから検察で、会社の顧問弁護士らをフル稼働させて、実質的な影響を最小限に食い止めようとする可能性は十分想定されます。

 当会では小渕優子・元経産相の政治資金不正会計問題で、同代議士を告発しましたが、東京地検は、政治資金規正法や公職選挙法での容疑を共に不起訴処分にしてしまいました。今回も罪の有無と軽重を決めるのは検察なので、前橋地検による本告発事件の判断の行方が、ことのほか注目されます。

【市民オンブズマン群馬・大同有毒スラグ不法投棄特別調査チーム・この項続く】

※その他のマスコミ報道
**********産経新聞2016.4.26 10:21
大同特殊鋼を書類送検へ 鉄鋼スラグ不正処理の疑い
 鉄鋼メーカー、大同特殊鋼(名古屋市)が渋川工場(群馬県渋川市)から出た有害物質を含む廃棄物「鉄鋼スラグ」を不正に処理したとして、群馬県警が26日に、廃棄物処理法違反の疑いで同社などを書類送検する方針を固めたことが、県警への取材で分かった。
 捜査関係者によると同社は、県の許可を受けていない子会社や業者と鉄鋼スラグを取引した疑いが持たれている。
 県によると、鉄鋼スラグは鉄鋼の製造過程で出る副産物。平成26年1月に群馬県が立ち入り検査を行うまでに計約29万トンが処理された。同県では公共工事225カ所で道路の舗装などに同社のスラグが使われ、うち93カ所で環境基準を上回る有害物質が検出された。
 県警は県からの刑事告発を受けて昨年9月、同社や子会社を家宅捜索していた。

**********毎日新聞2016年4月26日 11時24分(最終更新 4月26日 15時44分)
鉄鋼スラグ 大同など3社書類送検 廃棄物処理法違反容疑
 大手鉄鋼メーカー「大同特殊鋼」(名古屋市)の渋川工場(群馬県渋川市)から出た鉄鋼スラグに環境基準を超える有害物質が含まれていた問題で、群馬県警は26日、廃棄物処理法違反容疑(委託基準違反など)で、大同など法人3社と各社の役員ら計5人を前橋地検に書類送検した。県の刑事告発を受け、県警は昨年9月に大同など関係先を家宅捜索し、実態解明を進めていた。
 送検されたのは大同と同社役員(56)のほか、子会社「大同エコメット」(愛知県東海市)と役員(66)、元従業員(68)▽建設会社「佐藤建設工業」(渋川市)と役員(72)、従業員(65)。
 送検容疑は、2011年3月〜12年3月、大同は、廃棄物処理に必要な許可を受けていない「大同エコメット」にスラグ計約2万8300トンの処分を約300回にわたって委託して処理。佐藤建設工業が一部収集したとしている。認否については明らかにしていない。
 スラグは鉄を精製する際に発生する副産物。県によると、大同はスラグに環境基準を超える有害物質「フッ素」が含まれていると知りながら出荷。販売額以上の金額を「販売管理費」名目で支払う「逆有償取引」で販売していた。県は環境省と協議し、こうした取引が建設資材を装った廃棄物処理に当たり、大同が排出したスラグは「廃棄物」と認定。昨年9月に大同ら3社を刑事告発していた。
 県警はこれまで関係者約70人から事情聴取し、県と同様、スラグを「廃棄物」と認定した。書類送検の理由について「逃走や証拠隠滅の恐れがないため」としている。
 大同や佐藤建設工業は県の調査に対し「スラグは廃棄物ではなく、製品として取引してきた」と説明していた。
 スラグは有害物質が含まれていないことなどを条件に建設資材に再生利用されている。
 02〜14年に同工場から出荷されたスラグは約29万トン。県内では群馬県長野原町の八ッ場ダム移転代替地や国道など公共工事225カ所でスラグ使用が発覚し、93カ所で環境基準を超えるフッ素などが検出された。【山本有紀、尾崎修二】

**********朝日新聞デジタル2016年4月26日13時03分
大同特殊鋼を書類送検 無許可の廃棄物処理に関与の疑い
 大手鉄鋼メーカー、大同特殊鋼(本社・名古屋市)の群馬県渋川市の工場から、基準値を超える有害物質を含む鉄鋼スラグが出荷された問題で、県警は26日、廃棄物処理の許可を持たない子会社などにスラグ処理を委託したなどとして、大同特殊鋼や関連企業など計3社と、当時の工場長で現在、大同特殊鋼役員の男性ら5人を廃棄物処理法違反(委託基準違反など)の疑いで書類送検し、発表した。認否について「知らない」などと話しているという。
 書類送検された会社は、大同特殊鋼、子会社の大同エコメット(愛知県東海市)、佐藤建設工業(渋川市)。発表によると、大同特殊鋼は2011年3月〜12年3月、大同エコメットが産業廃棄物の中間処理業の許可を得ていないことを知りながら、スラグ約2万8300トンの処理を依頼した疑いが持たれている。エコメットは県知事の許可がないのにスラグを処理した疑いがある。
 県が15年9月、刑事告発していた。県によると、大同特殊鋼は02年11月から14年1月、スラグ約29万トンを排出。スラグは県や渋川市、国土交通省などが発注した公共工事225カ所で使われ、うち93カ所で有害物質が基準値を超えていた。3社は県の調査に「(出荷したスラグは)廃棄物ではなく商品として取引していた」などと説明したという。
 大同特殊鋼の広報担当者は取材に「調べには真摯(しんし)に対応したい。地域の方々には迷惑をかけ、申し訳ない」と話した。

**********時事通信2016/04/26-13:39
大同特殊鋼を書類送検=鉄鋼スラグ不正処理容疑−群馬県警
 鉄鋼メーカー「大同特殊鋼」(名古屋市)の群馬県内の工場から排出された有害物質を含む鉄鋼スラグが公共工事で使用された問題で、県警は26日、廃棄物処分許可のない子会社にスラグ処理を委託したとして、廃棄物処理法違反容疑で、法人としての大同特殊鋼など計3社と、同社役員の男(56)=名古屋市=ら5人を書類送検した。
 県警は認否を明らかにしていないが、県によると、3社はスラグを廃棄物と認識していなかったと主張していた。
 大同特殊鋼と役員の男の送検容疑は、2011年3月〜12年3月ごろ、産業廃棄物処分業の許可を持たない子会社(愛知県東海市)に、産業廃棄物である鉄鋼スラグ計約2万8300トンの処理を委託した疑い。

**********日テレNEWS24 2016年4月26日 13:45
大同特殊鋼が書類送検 廃棄物処理法違反か
 工場から出た有害物質を含む産業廃棄物の処分を、許可を持たない関係会社に委託したとして、群馬県警は、大手鉄鋼メーカー「大同特殊鋼」などを書類送検した。
 廃棄物処理法違反の疑いで書類送検されたのは、愛知県名古屋市に本社を置く鉄鋼メーカー大同特殊鋼とその関係会社2社とそれぞれの会社の役員や従業員など計5人。
 警察によると大同特殊鋼などは、2011年3月から1年間に、産業廃棄物処分業の許可を持たない関連会社に対し、フッ素や六価クロムといった有害物質を含む「鉄鋼スラグ」と呼ばれる廃棄物、約2万8000トンの処理を委託した疑いなどがもたれている。群馬県警は、大同特殊鋼や役員らの認否を明らかにしていない。
 この問題を巡っては、有害物質を含む「鉄鋼スラグ」が、群馬県内の道路などの公共工事に使われていたため県が、大同特殊鋼などを群馬県警に告発していた。

**********TBS2016年4月26日13:59
大同特殊鋼など書類送検、廃棄物処理法違反の疑い
クリックすると元のサイズで表示します
 大手鉄鋼メーカー「大同特殊鋼」が有害物質を含む廃棄物「鉄鋼スラグ」の処分を、許可を持たない業者に委託していたとして、書類送検されました。
 廃棄物処理法違反の疑いで書類送検されたのは、大手鉄鋼メーカー「大同特殊鋼」など3社と、それぞれの会社役員ら5人です。
 警察によりますと、大同特殊鋼は2011年3月ごろからおよそ1年にわたり、群馬県渋川市の工場から出た有害物質を含む廃棄物「鉄鋼スラグ」およそ2万8300トンの処分を、許可を持たない業者に委託していたなどの疑いが持たれています。去年9月、群馬県からの刑事告発を受けて、警察が本社や工場を捜索するなど捜査していました。
 警察は役員らの認否を明らかにしていません。大同特殊鋼は「真摯に受け止め、今後の捜査にしっかりと協力していきたい」としています。
**********
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ