2017/8/22  0:19

アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専…西尾前校長選任過程に係るオンブズマンの情報開示請求を機構が受理  群馬高専アカハラ問題

■群馬高専の電子情報工学科を舞台に発生した陰湿極まるアカデミックハラスメント(アカハラ)事件では、当会として、群馬高専及び上級機関である国立高等専門学校機構の情報隠蔽体質を改善すべく情報非開示処分取消訴訟を提起しており、次回第6回口頭弁論は2017年9月1日(金)15:00から東京地裁5階522号法廷で開催予定です。一方、アカハラ事件が放置され、被害が深刻化した要因として、西尾典眞・前校長の消極的な対応が指摘されていますが、教育者でもない文科省の官僚がなぜ高専のトップに就けるのか、その選考過程をチェックすべく、当会では8月14日(月)に機構の本部と文科省の本省を訪れ、文書開示請求書を提出しました。
○2017年8月14日:アカハラと寮生死亡事件に揺れる群馬高専・・・西尾前校長の選任過程等を機構と文科大臣宛に情報開示請求
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2383.html#readmore


 このうち、機構については生憎休業中だったため、手数料額の確認ができず、収入印紙を貼らないまま郵便受けに投函しておきました。そこで、8月18日(金)に機構の総務課に電話を入れてみたところ、休業期間が終わったらしく、当会の請求書についても総務課の担当者の手元にあることが判明しました。ちなみに機構宛の法人文書開示請求書は次の内容です。

*****機構宛法人文書開示請求書*****
          法人文書開示請求書
                          平成29年8月14日
独立行政法人国立高等専門学校機構 殿

氏名又は名称: (法人その他の団体にあってはその名称及び代表者の氏名)
 市民オンブズマン群馬   代表 小川 賢
住所又は居所: (法人その他の団体にあっては主たる事務所の所在地)
 〒379−0114群馬県安中市野殿980
  TEL:090−5302−8312
連 絡 先:(連絡先が上記の本人以外の場合は、連絡担当者の住所・氏名・電話番号)
 〒371−0801群馬県前橋市文京町一丁目15−10
  市民オンブズマン群馬事務局長 鈴木 庸
  TEL:027−224−8567
 独立行政法人等の保有する情報の公開に関する法律第4条第1項の規定に基づき、下記のとおり法人文書の開示を請求します。
              記
<1.請求する法人文書の名称等>
(請求する法人文書が特定できるよう、法人文書の名称、請求する文書の内容等をできるだけ具体的に記載してください。)
1、群馬工業高等専門学校「校報」第127号、129号及び131号のうち、教職員の異動者・退職者の氏名・事由等を記した人事関係欄。特に、公的性質の強い常勤教員に関する情報。
2、群馬工業高等専門学校の西尾典眞元校長に関し、平成25年に貴法人が彼を当該校に配置したことに関わる辞令等の一切の文書。特に、赴任当時に設定されていた任期に関わる情報。なお、この情報に関しては学校長の公的任務に関するものであり、公共性・公的性質が非常に高いものであることを付記する。
3、平成27年6月に弊団体が貴法人に提出した群馬高専におけるアカデミックハラスメント事件に関する文書への開示請求、およびそれを貴法人が不開示としたことに対し平成28年3月に総理府の情報公開・個人情報保護審査会が行った答申を受けて、貴法人が平成28年3月、群馬高専に最初に送付した、当該開示請求に対する十数枚に及ぶとされる処分決定書の原案。

<2.求める開示の実施の方法(本欄の記載は任意です。)>
ア又はイに○印を付してください。アを選択された場合は、その具体的な方法等は記載してください。
 ア 機構における開示の実施を希望する。
   (実施の方法)  @閲覧   A写しの交付  3その他(   )
   (実施の希望日) 平成29年8月31日
 イ 写しの送付を希望する。
<開示請求手数料>300円 ×  件
         円(振込の場合は振り込みを確認できる書類を添付願います。)
<決 定 期 限>平成  年  月  日
<※担当者職・氏名>(※印は記入しないでください。)
**********

■機構によると、開示請求手数料は1件当たり300円で、当会の請求書には計3件の文書が特定されているとして、合計900円かかるということです。また、機構は独立行政法人なので、収入印紙しか受け付けない文科省と異なり、銀行振り込みでも可ということです。

 そこで、8月18日に指定口座に振り込みを行いました。※振込明細表:PDF ⇒ 20170818ju.pdf

 そのうえで、8月21日の夕方、機構の総務課に電話をしたところ「入金が確認され、上記の法人文書開示請求書が正式に受理された」旨、回答がありました。したがって、開示決定通知は、請求のあった8月21日から数えて30日以内に為されることになります。ただし、補正や期間延長(30日を限度)の通知がくる場合があります。

 ということで、何事もなければ9月20日までに開示通知が届くはずです。この件については、なにか動きがあれば逐次ご報告いたします。

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ