2017/10/23  1:34

大同有毒スラグ問題を斬る!・・夏が来ると思い出すのは上武道路だ!スラグ調査その2  スラグ不法投棄問題

■2017年3月に全線が開通した国道17号の大規模バイパス「上武道路」は、群馬県渋川市にある大同特殊鋼(株)・渋川工場の有害スラグを、(株)佐藤建設工業がレキ質土や下層路盤材・上層路盤材という仕様の建設資材に違法に混入して、大量に使用したことから、今や「有害スラグ街道」の異名をほしいままにしています。
クリックすると元のサイズで表示します
お馴染み上武鳥取信号付近の様子。2017年3月に全線が開通した国道17号の大規模バイパス「上武道路」は、渋滞が多く、4車線化工事が必要との声が多いので、すぐに工事に着手するとの声を聴きます。有害スラグ撤去工事を忘れてもらっては困る。廃棄物処理法に則り有害スラグを撤去してもらいたい。日本は法治国家だから当然だよね。

 前回の調査リポートはこちらを参照してください↓↓
〇2017年8月20日:大同有毒スラグ問題を斬る!・・夏が来ると思い出すのは上武道路だ!スラグ調査その1
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2386.html#readmore


 有害スラグ不法投棄特別調査チーム「リットン調査団」レポート続けます(^^)/。

*****リットン調査団レポート*****
団長A:おいおいどうした。既に秋も深まり冬の気配も近づいているぞ。「♪夏がく〜れば思い出す、はるかな上武・遠い空〜ぁ♪その2」はどうした?

団員B:団長!すいません。あれから大同特殊鋼様が、またもや新聞紙上をにぎわす不祥事をやらかしてくれたものだから、レポートは後回し、順番待ちの状態でした。

団員C:そ〜でしたね。実質的に大同特殊鋼様が運営する廃棄物最終処分場が取り返しのつかない地下水汚染を引き起こし、しかも12年もその事実を隠ぺいしていたことが、新聞紙上で目立って報道されましたね。そのほか八ッ場ダム関連では、フッ素による土壌汚染を見つかり、大同お手盛り撤去工事が行われたりしていましたよね。他の地区も有害スラグを撤去片づけていただきたいものです。

団長A:本当に大同特殊鋼様や佐藤建設工業様のやらかした悪行には困ったものだ。ちょっと時間が空いてしまったが、レポート「その2」行ってみよう!

 今回の調査場所はこちら周辺です。↓↓


 衛星写真はこちらです。↓↓


クリックすると元のサイズで表示します
上武道路の側道から砂利道が伸びていましたね。

クリックすると元のサイズで表示します
そうそう、この砂利道です。以前、来たときはスラグだらけでした。

クリックすると元のサイズで表示します
国土交通省様となると予算は使い放題、我々庶民の気持ちなどわかるはずもありません、カラーコーンしか下々の者は見たことがありませんが、国土交通省様ともなるとゴムコーンです。さぞかいし値が張ることでしょう!まぁ値が張ってもいいや、スラグは撤去してくれたのでしょうね?

クリックすると元のサイズで表示します
あれ〜、サビが浮いたスラグがまだあるじゃないか。

クリックすると元のサイズで表示します
スラグだらけじゃないか!ふざけるなよ、国土交通省。なぜスラグを撤去しないんだ!八ッ場ダムではスラグを撤去し、直下の土壌の分析調査を行い、汚染土壌まで撤去しているじゃないか?八ッ場地区と前橋地区をなぜ差別するのだ〜。差別は止めようよ、国土交通省様。同じ日本じゃないか!

クリックすると元のサイズで表示します
砂利道を後にして、上武小神明信号に向けて、西へ足を進めてみましょう。あれっ!こちらもグリーンシートで盛り土を覆ったのですね。雨水を遮断できるのでしょうか?臭い物には蓋でしょうか?予算の無駄遣いのように思われますが。

クリックすると元のサイズで表示します
シートの際を見てみましょう。おっとサビ浮石が鎮座しています。有害スラグは永遠に不滅です!とシートに覆われてもスラグは自己主張を続けます。

クリックすると元のサイズで表示します
本当にスラグは撤去しなければ、永遠に不滅ですね。あちこちスラグだらけです。しかもすべてのスラグが有害でしょう。なぜなら、大同特殊鋼のスラグであるからです。大同特殊鋼・スラグの猛毒は永遠に不滅です。

クリックすると元のサイズで表示します
更にグリーンシートは続きます。悪魔の所業である佐藤建設工業により盛り土に混合されたスラグは、廃棄物処理法に則り撤去片づけねばなりません。しかし国土交通省はなぜかグリーンシートで覆ってしましました。スラグを撤去するとき、このグリーンシートは全くの無駄となってしまいます。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらのグリーンシートの際はどうなっているのでしょうか? スラグを覆いきれているのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
やっぱり、スラグだらけ。このグリーンシートは「臭い物にはふた」スラグを隠すためのものですよね。目的を達成できていないじゃないですか?きっぱり予算の無駄遣いです。会計検査院の皆さまは一体何をしているのでしょうか?税金を使って、無駄な税金を撲滅するのがお役目なのに・・・、この世に正義はないのでしょうか?

クリックすると元のサイズで表示します
右上に赤いレンガ上の物がありますが、これって大同特殊鋼様が実質的に運営する最終処分場に捨てられる耐火レンガではないでしょうか?もちろん六価クロムやフッ素などの猛毒まみれでしょう。最終処分場が地下水汚染で運営停止状態だからといって、上武道路に廃棄物をまき散らすな!

クリックすると元のサイズで表示します
更にグリーンシートは続きます。

クリックすると元のサイズで表示します
この予算の無駄遣いはどこまで続くのでしょうか。

クリックすると元のサイズで表示します
とうとう次の信号が見えてきました。

クリックすると元のサイズで表示します
しかし国家予算の無駄遣いは深刻です。

クリックすると元のサイズで表示します
上武鳥取信号から次の上武小神明信号まで、“永遠”グリーンシートで有害スラグを覆ってしまったようです。しかし他の場所はどうなのでしょうか?“悪徳”佐藤建設工業が盛り土を納めた場所以外には、グリーンシートは見当たりません。これって予算の無駄遣いでしょうね。

クリックすると元のサイズで表示します
では、こちらのグリーンシート脇もスラグチェックとまいりましょう。

クリックすると元のサイズで表示します
おや?こちらにも、最終処分場に埋設処分されるはずのレンガの欠片がありますね。もちろん有害でしょう。

クリックすると元のサイズで表示します
スラグ発見!そういえば、スラグも、もとは最終処分場に捨てられていたのですよね。大同様の最終処分場が地下水汚染で使用不可となったので、スラグを上武道路に捨てることを思いついたのですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
う!サビ浮石。

クリックすると元のサイズで表示します
こちらにもレンガくず。ふざけるなよ、大同!最終処分場が使えないからといって、なんで群馬県中に広く不当投棄したのだ。君たちは悪魔か、少しでも人間の心が残っているなら自主的に撤去したらどうだ。税金を何億払おうとも、悪事は悪事だ。きれいな群馬ちゃんを返せ!
******終わり********

■大同特殊鋼様は、渋川市明保野地区に最終処分場を実質的に運営しています。この最終処分場には、鉱さい(無害)やがれき類が捨てられることになっています。がれき類とは、特に断らなくても無害な物を指します。

 この処分場は、深刻な地下水汚染事件を起こし、使用できなくなりました。そこで大同特殊鋼が佐藤建設工業の勧めで、建設工事に広くスラグやレンガを不法投棄することを思いついた、と推定されるのです。最終処分場が使用できなければ、普通は他の最終処分場に埋設処分するハズです。

 しかし群馬県においては、道路や公園、農道、学校の駐車場に毒がバラ巻かれてしまったのです。悪魔の所業と言われる所以でしょう。

【市民オンブズマン群馬・大同有毒スラグ不法投棄特別調査チーム・続く】

※参考資料:最終処分場の地下水汚染について
■大同特殊鋼のごみはスラグだけではありません。耐火レンガなども大量に排出されるのです。ステンレスなどの特殊鋼を造る際に溶鉱に接するゴミにはすべて有害な六価クロムやフッ素などが含まれています。大同特殊鋼様はその所有する最終処分場が使えなくなる否や、道路や公園・農道・学校などに細かく砕いて投棄することを思いついたのです。もちろん毒はそのままで、天然石と混ぜることにより毒が薄まったかのような体裁を整えたのです。しかし常温常圧では、スラグと天然石は交じり合うことはないのです。大同様はこのことを百も承知で事を推し進めたのです。悪の所業と呼ぶのにふさわしい蛮行と言えるでしょう。
〇2017年8月25日:【詳報】大同有毒スラグを斬る!…大同スラグ処分場の地下水汚染報道から見えてくるポイントを整理
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2397.html#readmore
〇2017年9月12日:【報道】大同有毒スラグを斬る!…朝日に続き上毛・毎日も大同スラグ処分場の地下水汚染を報道!↓
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2407.html#readmore
〇2017年10月1日:【詳報】大同有毒スラグを斬る!…処分場の地下水汚染を隠蔽12年!ふざけるな群馬県環境部局!
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2427.html#readmore
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ