業務停止4ヶ月を1ヶ月に・・飲酒事故の日弁連元副会長が日弁連に審査請求!  不良弁護士問題

■平成20年10月5日午後、安中市野殿の県道前橋安中富岡線で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転中、乗用車と衝突し、運転の高崎市内の女性に軽症を負わせたとして、自動車運転過失傷害などの疑いで現行犯逮捕された日弁連元副会長の内田弁護士は、平成21年4月21日付で業務停止4ヶ月の懲戒処分を受けたことは既に報告済みですが、なんと呆れたことに、業務停止4ヶ月は厳しすぎるから1ヶ月に短縮すべきだと、平成21年4月28日付で、古巣の日本弁護士連合会あてに審査請求が出されていたことが、本日判明しました。

 なぜなら、本日、5月10日に、日本弁護士連合会から配達証明で、内田弁護士の審査請求書の副本と、日弁連会長から当会宛に「審査開始通知書」が郵送されてきたからです。それぞれの文書の内容は次のとおりです。

**********
【審査請求書】
平成21年4月28日
日本弁護士連合会 御中
     審査請求人 群馬弁護士会所属弁護士 内田 武
           審査請求人代理人弁護士 小磯正康(印)
            同      弁護士 横田哲明(印)
            同      弁護士 宮下 章(印)
     (当事者の表示別紙のとおり)
 弁護士法59条、行政不服審査法5条の規定により、次のとおり審査請求をする。
1 審査請求人の氏名、登録番号及び事務所
 氏  名  内田 武 (65歳)
 登録番号 13572
 事務所 前橋市大手町三丁目4番15号
     内田武法律事務所
2 審査請求に係る処分
 群馬弁護士会が平成21年4月21日付けでなした懲戒処分(4月の業務の停止)
3 審査請求に係る処分があったことを知った年月日
 平成21年4月21日
4 審査請求の趣旨及び理由
(1)趣旨
 群馬弁護士会が平成21年4月21日付けでなした審査請求人に対する懲戒処分を次のとおり変更する。
 「審査請求人を1月の業務の停止とする。」
(2)理由
 本件につき、上記処分の対象として認定された事実について格別争いはない。本事件を惹起したことについて改めて真摯に反省するとともに、弁護士会その他関係者の方々、特に被害者の方に対して深くお詫びの意を表する次第である。
 しかしながら、上記処分は次に述べる事情から重きに過ぎると考えるので、貴会における審査を求めるものである。

クリックすると元のサイズで表示します
↑日弁連が入っている霞ヶ関の弁護士会館の正面入口。↑

@ 審査請求人は、これまで、群馬弁護士会会長、各種委員会委員長等を務め、群馬弁護士会の発展に少なからず貢献し、平成15年度には日本弁護士連合会副会長を務め、司法改革問題への取り組み等その功績は看過されてはならないと考える。
A 本件においては、こうした弁護士会における経歴も手伝い、広く報道の対象となり、全国ネットによるテレビ報道、全国紙等に取り上げられ、その回数も、上記処分の前において4度に上った。審査請求人の自宅に報道関係者が押しかけたこともあり、家族にも耐えがたい思いをさせた。現在はインターネットが普及しているため、インターネット上でも多くの非難にさらされた。自ら招いたとはいえ,弁護士として長年かけて築きあげた信用、名誉等は、これら一連の報道等により決定的とも言えるほど損なわれており、本件によって審査請求人の受けた社会的制裁は想像以上に大きなものである。
B 審査請求人自身、本件について真摯に反省し、法廷活動の自粛、各種役職等の辞任など、身を切る思いで弁護士の業務を縮小し、自らを処してきた。
C 同種懲戒事案について十分に把握はしていないものの、これまでの所謂飲酒運転事案に比べ、本件はゴルフ場における昼食時等の飲酒事例であって未だ世間一般において日常的に行われているものであること、審査請求人はゴルフプレー終了後、入浴やサウナ等の利用によりアルコール希薄化に努力したこと、実際事故発生時のアルコール数値は呼気1ℓ中0.15mgと道路交通法117条の2第1号,65条1項,同法施行令44条の3に定める最低の数値であったことなどが認められ、近時の社会情勢を加味したとしても、4月の業務の停止という処分は重きに過ぎるものと言わざるを得ない。
 これらの事情を十分にご考慮いただき、上記審査請求の趣旨記載のとおり「審査請求人を1月の業務の停止とする」との処分の変更を求め、本請求をする次第である。
5 処分庁の教示の有無及びその内容
 審査請求人に対して平成21年4月21日に告知した懲戒処分に対しては、行政不服審査法の規定に従い、処分があったことを知った日の翌日から起算して、60日以内に日本弁護士連合会に審査請求をすることができる。
     添付書類
 委任状       1通    
以上

【別紙】
当事者の表示
〒371−0026
群馬県前橋市大手町3−4−15 内田武法律事務所
 審査請求人 弁護士 内田 武
〒371−0847
群馬県前橋市大友町1−3−2東和ビル3階 小磯正康法律事務所
 審査請求人代理人弁護士 小磯正康
  TEL027−252−8553
  FAX027−252−8649
〒371−0026
群馬県前橋市大手町1−11−15
 審査請求人代理人弁護士 横田哲明 横田哲明法律事務所
  TEL027−224−5656
  FAX027−224−5661
〒371−0026
群馬県前橋市大手町3−4−15
 審査請求人代理人弁護士 宮下 章
  TEL027−233−2151
  FAX027−233−2157

【審査開始通知書】
平成21年5月8日
小川賢 殿
    日本弁護士連合会 会長 宮崎 誠
審査開始通知書
 群馬弁護士会がなした懲戒処分(業務停止4月)について当連合会に審査請求がなされ.懲戒委員会に審査を求めたので通知します。
   本件事業番号:   平成21年懲(審)第11号
   審査請求人 :   内田武
   審査開始日 :   平成21年5月7日
   審査請求の内容 : 別紙のとおり
**********

■当会では、4月21日付で群馬弁護士会が出した業務停止4ヶ月間の懲戒処分について、60日以内に、上級機関である日本弁護士連合会に対して、不当に処分が軽いとして異議申出をするかどうか、検討を重ねており、ここはやはり、異議を唱えたほうが、今後の法曹界での飲酒運転撲滅に資すると考えて、5月8日に日弁連を訪れて相談したばかりでした。

 弁護士会館16階にある日弁連の受付で、異議申出の方法について尋ねたところ、次の要領で行なうことができる旨、教えてもらいました。
クリックすると元のサイズで表示します
↑日弁連の受付のある弁護士会館16階のロビー。↑

**********
懲戒請求事案に関する異議の申出の方法について
 懲戒請求事案に関し異議の申出をする場合は,以下をお読みのうえ,異議申出書を日本弁護士連合会(日弁連)に提出してください。
1 弁護士会の決定(又は処分)に対する異議の申出
 弁護士に対する懲戒の請求をしたにもかかわらず,弁護士会が弁護士を懲戒しない旨の決定をしたとき,又は弁護士会の懲戒の処分が不当に軽いと思料するとき(ただし,処分が除名の場合は除く。)に,日弁連に異議の申出ができます。
2 異議の申出ができる方
 異議の申出ができるのは,懲戒請求をした方だけです。
3 異議の申出ができる期間及びその方法
 異議申出書は,弁護士会から懲戒をしない旨の通知又は懲戒の処分をした旨の通知を受けた日の翌日から起算して60日以内(ただし,以下のとおり期限の特例があります。)に,郵便,信書便又は持参により提出してください(郵便については,消印有効。また,法で定める一定の信書便についても,通信日付印有効)。
 ファクシミリ又は電子メールによる申出は,認められておりません。
(期限の特例)
 異議申出の期限が以下に該当するときは,その翌日をもって期限とみなします。  
 @ 日曜日
 A第2,第4土曜日
 (注:第2,第4土曜日の場合には,翌々日の月曜日が期限となります。なお,第1,第3,第5土曜日の場合には,当該土曜日が期限となります。)
 B 国民の祝日に関する法律に規定する休日
 C 12月29日から翌年1月3日までの日
4 異議申出書の記載事項及び提出する通数
 書面はA4判横書で,次の各事項を記載し,正本1通と副本2通の計3通(懲戒請求した弁護士が1人の場合。弁護士2人の場合は,副本3通となり計4通。)を提出してください。
(1)表題・宛先
 表題は「異議申出書」,宛先は「日本弁護士連合会」としてください。
(2)異議申出人の表示
 異議申出人の@郵便番号・住所,A氏名,B年令を記載し,C押印してください。
※異議申出人が法人等の場合
 異議申出人の@郵便番号・住所,A名称,B代表者の氏名を記載し,C法人等の代表印を押してください。
 また,代表者又は管理人の資格を証する書面(登記事項証明書等)を添付してください。
※複数の懲戒請求者が共同で異議を申し出る場合
 上記@〜C(全員分)に加え,異議申出人の中から代表1人を選んで,その氏名(法人の場合は名称及び代表者の氏名)を異議申出書に記載してください。
 異議申出人代表が選ばれたときは,異議申出人に対する文書の送付及び通知は,異議申出人代表あてにいたします。
(3)懲戒の請求をした弁護士の氏名及び所属弁護士会
※弁護士法人に対する懲戒請求の場合は,その弁護士法人の名称,主たる法律事務所の所在地及び懲戒請求した弁護士会の名称
(4)懲戒の請求をした年月日
(5)弁護士会から,懲戒の処分をした旨の通知又は懲戒しない旨の通知を受けた年月日
※弁護士会からの通知に書かれた年月日ではなく,その通知を受け取った年月日を記載してください。
(6)弁護士会からの異議申出ができる旨の教示の有無及びその内容
※弁護士会から送られた通知に,日本弁護士連合会に異論の申出ができる旨の記載があるかどうか,ある場合はその文章もあわせて記載してください。
(7)異議申出の年月日
(8)異議申出の趣旨
※「弁護士会の決定の取消しを求めるj又は「弁護士会の処分が不当に軽い」など
(9)異議申出の理由
※弁護士会綱紀委員会(又は懲戒委員会)議決書の認定・判断にどのような誤りがあるか,具体的に記載してください。
5 証拠書類等の提出
 異議申出に際し,弁護士会にすでに提出した証拠書類及び証拠物を再度提出する必要はありません。新たな証拠書類及び証他物を提出しようとするときは,異議申出書の提出通数と同数を用意し,異議申出書と一緒に提出してください。(提出された書類等は手続終了後も返却いたしません。)
6 異議申出入の代理人
 異議申出人が代理人を選任することはできます。その場合は委任状を提出してください。
7 懲戒とは・・・
 懲戒とは,一般にその組織が内部秩序,規律を維持するために,一定の義務違反に対し人的な
制裁をその構成員に対して行う制度です。
 弁護士会が行う懲戒処分は,広い意味での行政処分として扱われており,懲戒請求者(異議申出人)の損害(被害)回復や救済等を目的とするものではなく,個人的利益や満足のために設けられたものではありません。
 異議申出制度は,弁護士に対する懲戒の請求をしたにもかかわらず,弁護士会が弁護士を懲戒しない旨の決定をしたとき,相当の期間内に懲戒の手続を終えないとき,又は弁護士会の懲戒の処分が不当に軽いと思料するときに,日弁連に対する不服申立を認めたものです。
8 異議申出書の提出先・問い合わせ先
    日本弁護士連合会(担当:審査部審査第二課)
      〒100・0013 東京都千代田区霞が関1−1一3
      TEL 03−3580−9841(代)
**********

■ちょうど時期を同じくして、内田弁護士から、業務停止4ヶ月を1ヶ月に短縮するように日弁連に審査請求書が出されていたことが判明したため、さっそく、近日中に、「業務停止4ヶ月では、弁護士会の処分が不当に軽いので、除名が処分相当である」旨の異議申出を、日弁連に提出する予定です。

【岩野谷の水と緑を守る会】
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ