酒気帯び運転事故の内田弁護士の懲戒処分で、日弁連から審査開始通知  不良弁護士問題

■平成20年10月5日(日)午後、安中市野殿の県道前橋安中富岡線で、酒気帯び運転中、対向車線の乗用車と衝突し、女性にケガを負わせて、自動車運転過失傷害などの疑いで現行犯逮捕された群馬弁護士会所属で日弁連元副会長の内田弁護士は、平成21年4月21日付で群馬弁護士会から業務停止4ヶ月の懲戒処分を受けていましたが、4月28日付で、日本弁護士連合会あてに、審査請求を出していたことがわかり、日弁連から5月7日付で事案番号:平成21年(審)第11号として審査開始通知が当会に到来したことは、報告済みです。

 そこで、さっそく当会からも、5月12日に、業務停止4ヶ月ではなく、弁護士会から除名するよう、異議申出書を日弁連に郵送していましたところ、5月15日に次の審査開始通知が送られてきました。

**********
平成21年5月14日
異議申出人 小川賢 殿
   日本弁護士連合会 会長 宮崎 誠
審 査 開 始 通 知 書
 貴殿申出の異議について,懲戒委員会に審査を求めたので通知します。
  本件事案番号: 平成21年懲(異)第8号
  審査開始日 : 平成21年5月13日
  対象弁護士 : 内田武
**********

 今回も意見陳述の機会が得られれば、ぜひ、弁護士会での飲酒運転撲滅の重要性を主張したいと考えています。

【岩野谷の水と緑を守る会】

5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ