2018/5/28  23:33

【速報】はからずも定例記者会見で露呈した前橋市長の危機管理意識とセクハラ問題意識の薄弱性!  前橋市の行政問題

■本日5月28日、前橋市長の定例記者会見が行われました。この模様は、前橋市がYouTubeで直ちに情報発信をしており、誰でも閲覧可能です。ところが、この記者会見で、大変な失態を山本龍・前橋市長がしでかしたという一報が、当会会員からもたらされました。それは、山本市長が新聞記者の質問に対して、事案を区別すべきところ混同してしまい、結果的に市役所で起きたセクハラ事件で被害を受けたかたにかかわる情報を自らリークしたかたちになってしまったというのです。さっそく内容を検証してみましょう。
※前橋市の公式ユーチューブ(YouTube)ページのURL↓
https://www.youtube.com/user/maebashikoho
クリックすると元のサイズで表示します
5月28日 前橋市長記者会見:URL⇒ https://www.youtube.com/watch?v=wLnob8exino


 これは42分近くもあり、全部見ている時間がない読者の皆様のため、当会会員のかたが、約13分に要約したダイジェスト版を提供してくれました。次のURLをクリックすると、前橋市長の問題の発言部分を見ることができます。
※YouTube 動画:
URL ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=CuGLV5Osyqg&feature=youtu.be
クリックすると元のサイズで表示します
前橋市役所 強制わいせつ事件 市長!! 新聞記者に叱られる!!!

■それにしても、マスコミにここまで指摘されても、まだ加害者である公務員の人権を尊重しようとする前橋市長の危機管理意識には、呆れさせられます。発言の問題性について最後まで認識できていない様は、そのまま不祥事件の続く前橋市役所の体質を如実に露呈していると言えます。

【5月29日追記】
 5月28日の前橋市長定例記者会見(前橋市チャンネル)の動画が、あろうことか本日のお昼頃に非公開にされてしまいました。(29日午後0時30分確認)
https://www.youtube.com/watch?v=wLnob8exino
 この理由について、当会では、前橋市長あたりからの指示があったのではないかと分析しています。「今さら相応しくない発言をした」と思っているふしがあるものと思われます。いずれにしても、これまでの記者会見では、すべてその模様が見られたのに、今回は、見られなくなってしまいました。
 そこで当会では、「どうして見られなくなったのか?」を確認するために、前橋市役所に電話しました。すると政策部市政発信課(〒371-8601 群馬県前橋市大手町二丁目12番1号、電話番号027-898-6642(代表)、FAX番号027-224-1288、メールshiseihasshin@city.maebashi.gunma.jp )の広報係に取り次がれ、服部係長が応答しました。
 以下、その際のやりとりです。


当会:5月28日の市長会見のYOUTUBE動画を見れなくしたんですか?

市側:一旦公開を停止している状態、会見の内容をそのまま流すのがどうなのか、という意見が出て・・・今後どうするかというのは検討中です。

当会:検討内容は?

市側:検討の内容は、「このまま非公開にする」、「編集しないで公開する」、「編集して公開する」こともあり得る。

当会:検討はいつ頃に終わるのか?

市側:いつ頃と言うのは、まったくわかりません。

当会:動画の公開を一旦停止した理由は?

市側:会見の内容にいかがなものか、というものがあったから。

当会:いかがなものとは?

市側:適切でないかもしれない、ということです。

当会:こういう事(一度公開した動画を非公開にする)は良くあるのか?

市側:初めてです。

 以上のやりとりでしたが、もしこのまま5月28日の市長の定例記者会見の動画が非公開になると、会見の目玉だった「前橋ミュージカル」や「キングオブピザ」の話題でせっかくインタビュー席に登壇していた関係者の皆さまには、たいへんお気の毒なことになります。
 市長のセクハラに対する認識の希薄さと身内の職員への大甘な姿勢を露呈したかたちの今回の定例記者会見は、群馬テレビでも取り上げられております。
※群馬テレビ・群テレ「前橋市・女性職員にセクハラか/群馬(18/5/28)」↓
https://www.youtube.com/watch?v=cTtKtcJ3Mvo
 おそらく市長の指示もあり市役所内でも俄かに騒がしくなってきたことが、今回の動画配信の突然の中止から伺えます。
 あるいは、そのような認識もなく、「単に臭いものに蓋」をしただけなのかもしれません。
 いずれにしても、一度開いた記者会見を無かったことにすることはもはやできません。
 当会としては、山本龍市長が、被害者に対しての謝罪等があるものと期待しています。それだけに、くれぐれもただの隠蔽で幕引きということにならないよう、山本龍市長のまっとうな判断を望みます。

 最後に中国歴史上の格言を山本市長に進呈したいと思います。


 『綸言汗の如し』

※りんげんあせのごとし・・・皇帝の発言は、かいてしまった汗のように体に戻すことができない=皇帝が一旦発した言葉(綸言)は取り消したり訂正することができない。

■頻発する職員の不祥事件や、前橋バイオマス発電に対する住民のかたがたの放射能汚染に対する強い懸念への無配慮など、前橋市政は現在、重大な事態に直面していると言っても過言ではありません。当会は、山本市長が今回のセクハラ事件への今後の対応次第で「市長の資質」が問われると見ています。

【5月30日追記】
 本日の朝刊に前橋市長の定例記者会見の動画配信が停止された顛末について報道記事が掲載されました。前橋市役所は、配信停止の理由について、被害者本人の意向を踏まえたとしていますが、その原因をつくったのは山本市長であることはいうまでもありません。
**********東京新聞2018年5月30日
【群馬】 前橋セクハラ問題 市長会見の動画配信一時停止
 前橋市の四十代の女性嘱託職員が、管理職の男性から宴席で胸をもまれるなどのセクハラ被害を訴えている問題で、市は二十九日、山本龍市長が二十八日の定例記者会見で女性の部署が特定される恐れがある発言をしたとして、市による会見のインターネット上への動画配信を一時的に停止した。山本市長の発言を女性や専門家が疑問視しており、市は「女性本人の意向を聞き、人権上の配慮などから対応した」と説明している。 (菅原洋)
 配信を停止したのは、市が動画共有サイト「ユーチューブ」に開設した市の公式ページに、二十八日の会見を録画して同日夕から掲載した全ての部分。市は二十九日朝に女性の意向を聞き、同日の昼前に配信を停止した。市は問題の部分のみ削除し、それ以外は近く再度配信する方向で検討している。
 二十八日の記者会見では、山本市長がセクハラしたと訴えられている男性が別の不祥事を起こしたことに触れ、不祥事の具体的な内容に言及。市は男性のその不祥事を公表した際に部署名や年齢を含めており、発言から女性の職場が特定される恐れが生じた。山本市長の発言に対し、記者がその場で人権上問題があることを指摘していた。
 それにもかかわらず、市は問題の発言部分を含む会見の動画全体を二十八日夕から配信。この結果、配信の開始から停止までに延べ数十回の視聴回数があったとみられ、市の市政発信課は「もう少し早く対応しても良かったかもしれない」としている。
 女性は本紙の取材に「性的な被害を訴えている私の特定につながる動画を、市が一時的にしても配信したことにあきれている」と話している。
 ユーチューブの市公式ページは、市のホームページにある市長室のページからアクセスできる。市長室のページでは、定例記者会見の数日後に発言の要旨を載せているが、市は要旨でも問題の部分を削る方針。

**********

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ