2018/8/21  23:54

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…鉛・ヒ素だらけでも「土壌に影響なし」宣言した群馬県の重金属汚染思考マヒ  スラグ不法投棄問題

■昨日の8月20日に群馬県建設企画課が報道提供資料としてニュースリリースした情報を、本日、一部のマスコミが報じたことは、さきほどこのブログでも報じましたが、その中で、地元の上毛新聞が、社会欄の片隅に掲載した記事を引用して、この事件をめぐる群馬県行政の異常性を浮き彫りにしてみたいと思います。
**********上毛新聞2018年8月21日
クリックすると元のサイズで表示します


PDF ⇒ 2018n0821ay.pdf
高渋バイパス 土壌に影響なし 
鉛とヒ素検出問題
 県道高崎渋川線バイパスの中央分離帯の盛り土から環境基準を超える鉛とヒ素が検出された問題で、県は20日、盛り土の下の土壌の数値は基準値内で、影響はないとする調査結果を発表した。21日に撤去工事を始め、9月末までに完了させる予定。撤去を確認後、4車線化工事に取り掛かる。
 対象区域は中原交差点(高崎市金古町)−新蟹沢大橋付近(榛東村新井)の約900メートル。盛り土の約1メートル直下の土壌に鉛とヒ素が溶出していないか調べたところ、いずれも土壌汚染対策法で定める溶出量の基準値(1リットルあたり0.01ミリグラム)内だった。鉛の含有量も基準値(1キログラムあたり150ミリグラム)内だった。
 盛り土は路肩を保護する目的で、表面をアスファルト乳剤で覆っている。溶出量の調査で基準値の最大25倍の鉛と2.1倍のヒ素、含有量の調査で13倍の鉛が検出されていた。撤去工事は当時の請負業者が行う。
**********

クリックすると元のサイズで表示します
基準値の25倍もの猛烈な鉛とヒ素が検出された高崎渋川線バイパスの様子。中央分離帯には草が生えていない。雑草も毒には勝てない!

 今回も報道のポイントを整理してみましょう。

ポイント@鉛とヒ素を撤去し、「4車線化工事に取り掛かる」こと。

ポイントA「対象区域は中原交差点(高崎市金古町)−新蟹沢大橋付近(榛東村新井)の約900メートル」であること。

ポイントB「盛り土の約1メートル直下の土壌に鉛とヒ素が溶出していないか調べた」こと。

ポイントC「撤去工事は当時の請負業者が行う」こと。

 それではそれぞれのポイントを検証してみましょう。

●ポイント@
鉛とヒ素を撤去し、「4車線化工事に取り掛かる」こと

 新聞記事の冒頭、10行目には「4車線化工事に取り掛かる」ことが協調されています。この記事は、基準値を超過した鉛とヒ素が発見された高崎渋川線バイパスの直下の土壌への影響問題の記事であるところ、今後の工事計画が早々と強調されています。工事の今後の予定などは、記事の最終で触れるのが通常ではないでしょうか?

 なぜ高崎渋川線バイパスの今後の工事計画が強調されたのでしょうか?それは記者発表した群馬県県土整備部建設企画課が、「4車線化工事」計画をことさら強調して公表したからに他なりません。

 なんとか鉛・ヒ素汚染問題を早期に鎮静化し、次の工事に取り掛かりたい!
 次の工事の工期に影響してなる物か!

 そこには群馬県行政の独善的な工期至上主義が見え隠れているように感じてなりません。工期などより、近隣住民の生活環境を保全することが先ではないでしょうか?自分たちの保身しか興味が無いことで悪名を轟かす“建設企画課”ならではの記者発表と言えるでしょう。

●ポイントA
「対象区域は中原交差点(高崎市金古町)−新蟹沢大橋付近(榛東村新井)の約900メートル」であること

 次のステップとなる高崎渋川線バイパスの「4車線化工事」の工期至上主義に凝り固まる建設企画課は、鉛・ヒ素汚染の場所を、何の根拠もなく、調査もせず、さっさと「対象区域は中原交差点(高崎市金古町)−新蟹沢大橋付近(榛東村新井)の約900メートル」であると狭く断定しています。それも「盛り土」と説明する部分のみに汚染が広がっている、と勝手に限定して判断しているのです。

 現場写真をごらんください。建設企画課が「盛り土」と説明する部分はアスファルト舗装から50cm程度の部分しかありません。アスファルト下の上層路盤材や下層路盤材と同じところから鉛・ヒ素汚染が見つかったと考えるのがジョーシキというものでしょう。

 悪名高き建設企画課が(株)佐藤建設工業がスラグを混入させた「盛り土」を調査もせず誤魔化しているように、今回も「盛り土」と称し、鉛・ヒ素汚染場所を狭く・小さく見せようと、調査もせず、早期に鎮静化しようとやっきになっているのです。

 当会では、なぜ鉛・ヒ素汚染が「対象区域は中原交差点(高崎市金古町)−新蟹沢大橋付近(榛東村新井)の約900メートル」と分かったのか情報開示請求を通じてこの問題を徹底追及しようとしました。ところが、恐るべきことに、建設企画課は、当会の情報開示請求に対して、非開示決定通知、つまり開示拒否を通知しました。次のブログをご覧ください。
〇2018年8月17日:鉛・ヒ素入りスラグ問題!…鉛・ヒ素入りサンパイを盛り土扱いする群馬県が情報開示拒否を当会に通知
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2729.html

 当会では、再度、別の切り口で情報開示請求を群馬県知事に対して行う予定です。その後、有害物質を確かめもせずに公費を使って施工させた責任を追及すべく、住民監査請求を視野にいれて検討を開始したいと考えております。

●ポイントB
「盛り土の約1メートル直下の土壌に鉛とヒ素が溶出していないか調べた」こと

 しつこいようですが、鉛・ヒ素汚染場所は「盛り土」には到底見えません。アスファルト下の上層路盤材・下層路盤材の続きです。せめてもの救いは約1メートル直下の土壌に鉛とヒ素が基準値を上回るほどは溶出していなかったことでしょう。しかし、この検査を誰がどのように実施したのかを確かめない限り、虚偽公文書を平然と作成する県行政を信じることはできません。

 それにしても、約1メートル下は本当に土壌なのでしょうか?路床材の続きなのではないのでしょうか?

 下層路盤材の下には路床材が敷き均されていると思われますが、これも建設資材です。例えば50cm下の建設資材には鉛やヒ素は含まれていないのでしょうか?

 高崎渋川線バイパスには、大同の鉄鋼スラグと、今回騒ぎになっている非鉄スラグが競うように投棄された可能性があります。高崎渋川線バイパス全線にわたり、使用されたすべての建設資材の環境分析調査が必要です。その際にはスラグのみを取り出して環境分析調査しなければなりません。

●ポイントC
「撤去工事は当時の請負業者が行う」こと

 それにしても「当時の請負業者」とは一体何なのでしょうか?
 請負業者に“当時”も“今”も、などと区別があるのでしょうか?

 これは、ポイント@でも触れたように、とにかく次の「4車線化工事に取り掛かる」ことばかりが気にかかる“悪名高き”建設企画課が、用意周到に準備を重ねて当事者どうしで話し合いを進めてきたからだと当会では見ています。

 そして、その甲斐あって、道路建設工事の瑕疵担保責任の期間が過ぎているものの、最後は廃棄物排出者がカネを出すことで(?)、シャンシャンと調整がうまく為されるメドがついて、「4車線化工事」に影響が出ないようにできたものだから、「当時の請負業者」などと、つい本音が出てしまったというふうに考えられないでしょうか?

 群馬県県土整備部“建設企画課”なるお役人様達は、自分たちの都合ばかり気にかけ、高崎渋川線バイパスの近隣住民の生活環境など全く気にかけない“悪名高き”お役人集団?という印象がヒシヒシと伝わってくる新聞報道となっているのです。

 だから、当会の1回目の情報開示請求に対して、全て開示を拒否し、直接何度も開示を要請する当会に対して「このA4判一枚の非開示決定通知がすべてだ」などと不遜な言葉を吐き続けたのです。

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ