2018/9/20  23:03

鉛・ヒ素入りスラグ問題!…高渋バイパスどころか箕郷町の県道脇ソーラー発電造成地にもスラグ捨て放題!  スラグ不法投棄問題

■鉛・ヒ素を高濃度に含む非鉄スラグが高渋バイパスに不法投棄されている問題に関連して、当会が2017年3月に「K砕」のキーワードで検索していたところたまたま岡田工務店のホームページで発見し、その後、5月までに東邦亜鉛から事情を聴取したところ、同社が岡田工務店に対して2016年初頭までに数年間に亘って毎年1万トンのK砕=非鉄スラグを出荷していたことを確認しています。
 東邦亜鉛では、未だに高渋バイパスで見つかったK砕に酷似した物質を自社の安中製錬所から岡田工務店経由で現場に投棄されたことを認めていませんが、今回、高渋バイパスで高濃度の鉛・ヒ素を含む非鉄スラグの撤去工事を岡田工務店と佐藤工務店(実質的には岡田工務店)が行っていることから、当会ではこの物質が「K砕」と同じものであると確信しています。
 さて、9月13日に高渋バイパスでの撤去工事を視察後、前橋での用事を終えて、夕方安中に戻る際、岡田工務店の産業廃棄物中間処理施設に立ち寄るため、榛東村経由で群馬県道154号新井下室田線を走っていました。すると、県道の左側に黒い巨大なパイプが山積みされ、その周辺に非鉄スラグ特有の赤黒い地面が目に入りました。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

 なお、高渋バイパスで見つかった非鉄スラグに関連する情報は当会の次のブログをご覧ください。
○2018年3月12日:安中カドミウム公害企業の面目躍如…県道に投棄された鉛含有スラグと東邦亜鉛の環境軽視の姿勢(その1)
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2587.html
○2018年3月13日:安中カドミウム公害企業の面目躍如…県道に投棄された鉛含有スラグと東邦亜鉛の環境軽視の姿勢(その2)
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2588.html
○2018年7月27日:【速報】群馬県スラグ行政を象徴!…当会の告発から1年かかってようやく公表の背後に東邦亜鉛の影か
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2708.html
○2018年7月29日:【速報】高崎渋川線バイパスにスラグ汚染報道・・鉄鋼スラグに続いて非鉄スラグの不法投棄か!
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2710.html
○2018年8月5日:高崎渋川線バイパスの鉛・ヒ素入りスラグ撤去方針!…じゃ〜佐藤がばら撒いた有害スラグも撤去しろよ!
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2712.html
○2018年8月12日:鉛・ヒ素入りスラグ不法投棄問題!…群馬県中にばら撒かれているかも?
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2724.html
○2018年8月17日:鉛・ヒ素入りスラグ問題!…鉛・ヒ素入りサンパイを盛り土扱いする群馬県が情報開示拒否を当会に通知
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2729.html
○2018年8月19日:鉛・ヒ素入りスラグ不法投棄問題!…群馬県中にばら撒かれているかも?(その2)
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2728.html
○2018年8月21日:鉛・ヒ素入りスラグ問題!…鉛・ヒ素だらけでも「土壌に影響なし」宣言した群馬県の重金属汚染思考マヒ
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2731.html
○2018年8月26日:【緊急レポート】鉛・ヒ素入りスラグ問題・・・なんと早業!撤去始まる!
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2734.html
○2018年8月30日:鉛・ヒ素入りスラグ問題!…鉛・ヒ素入り資材を猛スピードで撤去中の群馬県に経緯と根拠を開示請求
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2738.html
○2018年9月2日:【緊急レポート】鉛・ヒ素入りスラグ問題…高崎市に続き榛東村にも飛び火!しかも大同スラグと無法コラボ!
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2739.html
○2018年9月8日:鉛・ヒ素入りスラグ問題!…猛スピードでサンパイ撤去中の群馬県が経緯と根拠の開示を先送り
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2751.html
○2018年9月10日:【ついでにレポート】鉛・ヒ素入りスラグ問題…飛び火した榛東村を更に調査!
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2744.html
○2018年9月16日:鉛・ヒ素入りスラグ問題!…高渋バイパスで有毒な非鉄スラグを撤去中の現場レポート
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2756.html
〇2018年9月18日:【速報】公園にも鉛スラグ報道…やはり高崎渋川線バイパスだけでなかった非鉄スラグ投棄問題!
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2757.html
〇2018年9月19日:【続報】公園にも鉛スラグ報道…やはり高崎渋川線バイパスだけでなかった非鉄スラグ投棄問題!
http://pink.ap.teacup.com/ogawaken/2759.html

■さて、非鉄スラグ特有の赤黒い地表には、太陽光発電パネルがずらりと並んでいました。さっそくUターンして戻り、道路わきに車を停車して、現場を観察しました。

 すると、道路わきの空き地にも非鉄スラグが敷き詰められており、太陽光発電施設はかなりの規模であることも分かりました。

クリックすると元のサイズで表示します
奥が倉庫らしき建物。道路際にパイプが山積み。右手にソーラー発電施設のフェンスが見える。
クリックすると元のサイズで表示します
足元は非鉄スラグだらけ。
クリックすると元のサイズで表示します
ソーラー発電施設のフェンス。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ソーラー発電施設の地表も全部スラグでびっしり。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
奥の倉庫らしい建物に近づいてみると、入口のシャッターの脇に「渇ェ田工務店 資材倉庫」の表示が。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
空き地に張ってあるロープの支柱パイプの中にも、非鉄スラグが詰め込んである。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
ソーラー発電施設のフェンスにある表示板。
「固定買取制度に基づく再生可能エネルギー発電事業の認定発電設備」
再生可能エネルギー発電設備
 区分    太陽光発電設備
 名称    柏木沢発電所
 設備ID  AC30464C10
 所在地   群馬県高崎市箕郷町柏木沢字経塚662−1
 発電出力  474.2KW
再生可能エネルギー発電事業者
 氏名    株式会社 岡田工務店
 住所    群馬県高崎市箕郷町矢原987
 連絡先   027−371−2364
保守管理責任者
 氏名    森澤電機監理事務所 森澤 誠
 連絡先   090−3344−7243
運転開始年月日 平成26年11月14日 

クリックすると元のサイズで表示します
道路わきの警告標識。ブラックジョーク?

 Google Mapで見ると、ソーラー発電設備を含む敷地面積は1ヘクタール強はありそうです。仮にここに1m厚で非鉄スラグが埋められているとすれば、約1万㎥のスラグが存在する可能性があります。仮にスラグの比重を1.5とすれば、1.5万トンのスラグが投棄されたことになります。東邦亜鉛安中製錬所が年間に排出するスラグ約5.5万トンの実に4分の1近くに相当する量です。

 岡田工務店は、ソーラー発電設備として、上記の柏木沢発電所の他に、松之沢発電所も保有しており、ここにも大量の非鉄スラグが造成の為、使用されている可能性が高いと思われます。

 松之沢ソーラー発電所と思しき施設は次のところです。↓


 となると、岡田工務店の2カ所のソーラー発電所だけで、非鉄スラグを3万トンも不法投棄していることが推測されます。

クリックすると元のサイズで表示します
芝桜大橋東交差点。

■その後芝桜大橋東交差点を右に、榛名山方面に少し進むと、右手に岡田興業の産業廃棄物中間処理施設が見えてきます。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
岡田興業の中間処理施設の入口脇に掲げられている表示板。
「産業廃棄物の中間処理施設」
産業廃棄物の種類:
 ・木くず(一般廃棄物)
 ・がれき類
 ・ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず
処理方法・能力:
 <破砕>
 ・木くず・・・・・・72.2t/日
 ・がれき類・・・・・ 680t/日
 ・ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず・・・680t/日
管理者名:岡田久雄
 連絡先  群馬県高崎市箕郷町松之沢32番地の1
      電話027−371−8880
設置者名:有限会社 岡田興業 代表取締役 岡田久雄
 連絡先  群馬県高崎市箕郷町松之沢32番地の1
      電話027−371−8880 

クリックすると元のサイズで表示します
入口の銘板。「株式会社 岡田工務店」と読める。以前は兄が経営する岡田工務店の施設だったようだ。今は弟の岡田興業が所有していることになる。
クリックすると元のサイズで表示します
施設の道路脇の網フェンスには「防犯カメラ作動中」とか「きけんです!はいってはいけません!」と描いた看板がいくつも並んでいる。同じく箕郷町にあるタゴ51億円事件の犯人とされた弟が経営する前の「多胡運輸」も今の「美正」と同様、ブラック企業に共通の現象だ。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
帰路、フルーツラインを走ると、サンパイ最終処分場の反対運動の住民の皆さんが建てた看板やノボリ旗をあちこちで見かけた。しかし、現実は既にサンパイの有毒スラグだらけだ。

■このように、群馬県の環境行政は、全く機能していないこともあり、いくら住民の皆さんが生活環境の保全に努めても、違法不当なサンパイ投棄が後を絶ちません。

 さらに気になったのは、フルーツラインを走っていると、安中の方から榛名町経由で、佐藤建設工業の白いトラックに何台もすれ違ったことです。現在、安中市内では、ビックカメラによりゴルフ場を全面的にメガソーラー発電所に改変工事中です。

 ビックカメラは、以前、ゴルフ場の一部と安中市の公有地に県内のメガソーラーのさきがけの一つとなる発電所を設置しましたが、その際、造成工事に大同特殊鋼由来の有毒な鉄鋼スラグを、岩井建設のもとで佐藤建設工業が大量に持ち込んで埋め土につかったことがあります。

 今度は、日本国内でも有数な大規模メガソーラー発電所の造成工事になるため、ふたたび佐藤建設工業を起用して有毒スラグの搬入をしているのではないか、という疑念が頭をよぎりました。群馬県環境森林部廃棄物リサイクル課のサンパイ110番に通報しても、相手にしてもらえないでしょうから、住民として調査をしなければなりません。こんな行政に税金を払わされるのは本当にやりきれません。

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】

※参考情報「岡田工務店と非鉄スラグ」
*****2017年4月13日以前の岡田工務店のHPより*****

再生粒度調整材詳細
 再生粒度調整材とは、K砕(スラグ)と再生サンドベース(化粧ブロックの破砕材)を混合したものです。これを敷均して締め固めることで、防草対策、地面のぬかるみ防止になります。施工も容易で防草シートやアスファルト舗装よりも低価格であるため、広大な敷地から小さな駐車場まで施工かのうです。

K砕(スラグ)の安全性
 弊社で取り扱っているK砕(スラグ)は、各種試験を行い、施工性・安全性について確認を行った上で使用しております。

製造工程
クリックすると元のサイズで表示します

材料・施工例
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
**********
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ