2019/9/19  0:49

【タゴ51億横領103年ローン】群銀との和解20年後の対応に係る8.14開示資料が示す安中市の秘匿体質(5)  土地開発公社51億円横領事件

■年が明けて平成最後となりました。2019年2月25日に開催された平成30年度第6回公社理事会の議事録を見ていきましょう。文中で公社が市に提出した際に既に黒塗りされていた箇所は■■■で、安中市が群馬銀行に事前に意見照会をした際に、新たに黒塗りをした箇所は●●●で示してあります。安中市民にできる限り、真相を知らせないようにする安中市の体質は、24年前の事件の発覚当時と変わり映えしていないことがよく分かります。
クリックすると元のサイズで表示します
多胡運輸を継承した株正。

 元職員タゴの実弟の多胡茂美が1992年8月31日に群馬県安中市安中1774番地2で設立した多胡運輸は、その後1993年5月12日に、群馬県安中市安中鷺宮220番地1に移転、同年5月18日に登記し、当初は小型トラック数台規模だった。
 多胡運輸は、横領事件発覚後、なぜか安中市鷺宮から姿を消し、一時高崎市剣崎町にいるという情報がもたらされたが、その後、現在の高崎市箕郷町上芝の新幹線高架の近くで大きな敷地を取得し、出光の石油配送事業を北部トランスポートから請負い大きく事業を成長させた。ところが2008年8月3日早朝に首都高5号線で保有するアポロマークのタンクローリーが速度の出しすぎと居眠り運転で、横転炎上し、首都高に45億円余りの損害を与えたにもかかわらず、平然と営業を続けていた。
 しかし事故の影響で業績不振を招き、2011年12月には本社不動産を株正に売却し、2012年度に事業を停止していた。この間、首都高速道路が復旧費用など損害賠償を求め、トラック業界では過去に例のない高額補償事案として係争していたが2016年7月、東京地裁で敗訴。判決により多胡運輸および同社元運転手に対し約32億8900万円の支払命令が下されていたが、高額な損害賠償の支払いができず事後処理を弁護士へ一任し、2016年8月4日、前橋地裁高崎支部より破産開始決定を受けた。なお、多胡茂美社長は2015年6月27日に逝去した。負債総額は約33億円。これにより首都高速は損害額を損金処理できた。
※多胡運輸:東京商工リサーチ ZIP ⇒ aijfht.zip
 一方、多胡運輸を継承した株正は、2001年、高崎市箕郷町で有限会社美正として設立され、主に運送会社の経理・事務委託や保険業を開始。2004年、中古車販売の為、古物商許可取得、2009年に株式会社美正に商号変更して高崎市沖町に移転し、LPGの輸送事業を始めた。2011年12月に多胡運輸の事業を継承し、現在の所在地の高崎市箕郷町に移転。LPG配送、中古車販売、業務委託事業のほか、潤滑油・肥料等輸送の拡張、一般車検・修理業を手掛けている。
 当会にもたらされた内部情報によれば、実質的に多胡運輸の事業を継承し、タゴファミリーの存続の役割を担っている。現在の代表者は五十嵐久美、社員数48名(2018年度)、資本金300万円、売上高3億6千万円(2016年度決算)、所有車両47台(内訳:大型平ボディー車(11t)1台、増トンユニック車6台、中型3tロングパワーゲート車11台、小型3tパワーゲート車28台、1tハイエース1台、軽貨物車1台。


クリックすると元のサイズで表示します
外車好きのタゴの影響で、配偶者も息子も外車を好むようになった。息子は事件のあと、海外留学(ニュージーランドという未確認情報もある)も経験。現在は中古の外車販売事業を友人と手がけている。安中市内で事業を開始し、工場は今も安中市内にあり、販売拠点は長年高崎市八千代町にあったが、2018年8月6日に現在の高崎市浜尻町に移転して営業中。

*****C公社議事録H31.2.25*****
平成30年度第6回公社理事会
安中市土地開発公社理事会会議録
  平成31年2月25日

  安中市土地開発公社

==========
安中市土地開発公社理事会日程
       日 時:平成30(ママ、31)年2月25日(月)14:00~
       場 所:安中市役所第203会議室

1.開 会
2.あいさつ
3.議事録署名人の選出
4.議 題
(1)議案第5号 土地の処分について(鷺宮物流団地(第2工区))
(2)議案第6号 平成30年度安中市土地開発公社補正予算(第2号)について
5.その他
6.閉 会
(出席理事)
  粟野好映  阿部哲也  白石久男  大塚清隆
  吉田 隆  萩原 稔  内田直幸  水澤祝彦
(出席監事)
  柳生由幸  松田 寛

==========
(開会)    14時00分
【事務局長】お世話になります。只今から、安中市土地開発公社理事会を開催させていただきます。まず、定款第1 5 条に規定されております、理事定足数に達しておりますことをご報告申し上げます。
 始めに、理事長よりご挨拶をお願いいたします。
【理事長】皆さんこんにちは。役員の皆様には大変ご多忙のところご参集いただきまして、誠にありがとうございます。本日は平成30年度第6回の理事会でございまして、土地の処分と補正予算第2号の2つの議案につきましてご審議をいただきたいと存じます。土地の処分では鷺宮物流団地第2工区につきまして協議させていただきます。補正予算といたしましては、土地の処分と合わせて新たな事業といたしまして民有地を取得し、工業用地を分譲する横野平工業団地A団地4期分譲事業を計上させていただきました。各議題につきましで慎重審議をいただき、スムーズに議事が進行いたしますようお願い申し上げまして誠に簡単ではありますが、ご挨拶とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
【事務局長】ありがとうございました。それでは、理事長を議長として会議を進めて参りた いと存じますので、どうぞよろしくお願いいたします。
【理事長】それでは、日程に従いまして会議を進めていきたいと思いますので、よろしく
お願いいたします。日程第3、議事録署名人の選出を議題といたします。お諮りいたします。議事録署名人は、私が指名いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
(「なし」の声)
【理事長】異議なしと認めます。
 よって、議事録署名人は、大塚理事、水澤理事を指名いたします。よろしくお願いいたします。
 次に、日程第4の議事でございます。議案第5号土地の処分について、鷺宮物流団地第2工区を議題といたします。事務局より説明願います。
【事務局次長】事務局次長の大野です。よろしくお願いいたします。それでは議案第5号、土地の処分につきまして、ご説明申し上げます。着座にて失礼いたします。
 鷺宮物流団地分譲事業につきまして■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■今般、ボルテックスセイグンとの売却に関する協議が整い、土地売買契約を交わす段階となりました。契約でございますが、明後日、27日水曜日午前10時から予定しております。それでは議案書をご覧ください。
土地の処分について、本年度事業予定の鷺宮物流団地第2工区分譲事業と
==========
して、下記の土地を処分しようとする。よって、安中市土地開発公社理事会運営規程第3条の規定により、理事会の議決を求める。平成31年2月25日安中市土地開発公社理事長名でございます。
 詳細につきましてご説明いたします。1.の場所につきましては、安中市鷺宮字三本木2573番地1、および安中市鷺宮字平塚2814番地1の2筆でございます。2.の面積でございますが、61,650.57u、3.の処分価格につきましては、733,716.726円、4.の契約の相手方につきましては、安中市原市432番地、株式会社ボルテックスセイグン
代表取締役武井宏でございます。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■
 以上で、誠に簡単ではございますが、議案第5号、土地の処分につきまして説明を終わらせていただきます。ご審議の程、よろしくお願いいたします。
【理事長】事務局より説明が終わりました。これより質疑に入ります。質問やご意見等ございましたらよろしくお願いいたします。
【吉田理事】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■
【吉田理事】■■■■■■
==========
【理事長】他に理事の皆様いかがでしょうか。監事の皆様もご質問いただいて結構でございます。いかがでしょうか。
【大塚理事】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【事務局次長】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■
【大塚理事】■■■■■■■
【理事長】よろしいでしょうか。それでは質疑がございませんようですので、質疑を終了 し、採決いたします。
 本案は、原案のとおり決することに賛成の皆様の挙手を求めます。
 (全員挙手)
【理事長】挙手全員でございます。よって、議案第5号土地の処分については、原案のとおり決定されました。
 続きまして、議案第6号平成30年度安中市土地開発公社補正予算第2号についてを議題といたします。事務局より説明願います。
【事務局次長】それでは議案第6号、平成30年度安中市土地開発公社補正予算第2号につきましてご説明申し上げます。
 今回の補正の主な内容は、先ほどご審議をいただきました土地の処分に関する事業費の確定による補正と、新規事業として横野平工業団地A団地4期分譲事業を追加することに伴う補正でございます。
 はじめに、新規事業につきましてご説明申し上げます。別添の事業計画概要書の2ページ目をご覧ください。
 当該地は、前回の理事会でご説明申し上げましたとおり、既存の信越化学工業株式会社横野平工場の北側に面しております。面積は約35,280u。こちらは非線引き都市計画区域内でございまして、ほぼ全域が工業専用地域内に位置しております。こちらの土地につきましては、■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■安中市から公社宛に、同日付で、工業団地造成事業の依頼があったものでございます。
 本事業につきましては、公社が事業主体となり、用地を取得、造成し、■■■■■分譲いたします。なお、■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■
==========
 平成30年度は権利関係の調査を行い、31年〜33年度事業として、用地の取得、測量設計、文化財発掘調査、造成工事を行い、33年度中に完成土地として■■■■■■引き渡しを予定しております。
 平成30年度の事業計画でございますが、事業名は横野平工業団地A団地4期分譲事業、事業計画地は安中市西上磯部字向山、中野谷字北原地内、面積は約35,280uでございます。
 総事業費でございますが、403,451,000円で、1uあたりでは
11,436円となっております。■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 議案書に戻っていただきまして、表紙をめくってページをご覧ください。
 はじめに第2条、業務の予定量でございますが、事業計画にございますので、2ページをご覧ください。補正になる箇所につきまして、ご説明させていただきます。1.の土地の処分でございますが、鷺宮物流団地分譲事業の金額が733,717,000円に確定いたしました。合計の金額といたしましては、759,213,000円でございます。2.の土地の取得、測最、造成でございますが、横野平工業団地A団地4期分譲事業といたしまして、事業量を35,280.00u、金額を200,000円、新規に計上いたしました。金額の内訳といたしましては、全額、権利関係などの調査を行うための諸経費となっております。
 前のページに戻っていただきまして、第3条、収益的収入及び支出でございます。収入の部でございますが、第1款事業収益が、既決予定額752,973,000円に対し、6,240,000円増の759,213,000円となります。こちらは、第1項土地造成事業収益の増によるもので、鷺
==========
宮物流団地分譲事業の売却金額の決定により補正するものでございます。第2款事業外収益および第3款特別利益につきましては補正はございません。補正後の収入合計は、既決予定額752,983,000円に対し、6,240,000円の増で、759,223,000円となります。次に支出の部でございますが、補正はございません。
 続きまして第4条、資本的収入及び支出でございますが、収入の部につきましては補正はございません。支出の部でございますが、第1款、資本的支出は、既決予定額20,000,000円に対し、200,000円増の、20,400,000円でございます。こちらにつきましては、新規事業に伴い、第3項、土地造成事業費が200,000円の増となったことによるものでございます。補正後の支出合計は、既決予定額20,200,000円に対し、200,000円増の、20,400,000円でございます。
 第5条、借入金限度額につきましては、補正はございません。なお、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額20,400,000円は、過年度分および当年度分の損益勘定留保資金で補てんするものとします。
 続きまして、資金計画につきまして、2ページの下半分をご覧ください。まず受入資金でございますが、1.の土地造成事業収益が6,240,000円の増となり、合計といたしまして、既決予定額1,315,753,000円に対し、6,240,000円の増で、1,321,993,000円でございます。次に支払資金でございますが、5.の土地造成事業費が200,000円の増となり、合計といたしまして、既決予定額28,861,000円に対し、200,000円の増で、29,061,000円でございます。差し引きいたしますと、既決予定額1,286,892,000円に対し、6,040,000円の増で、1,292,932,000円となります。
 次に、3ページから5ページの予算明細書および債務負担行為に関する調書の説明につきましては省略させていただきます。
 続きまして、6ページの予定貸借対照表をご覧ください。まず、資産の部でございますが、1.の流動資産の ( 1 ) 、現金および預金が、6,240,000円の増で、1,292,932,000円となり、また、( 4 ) の開発中土地が、200,000円の増で、流動資産の合計は1,390,224,000円でございます。2.の固定資産につきましては、補正に伴う変更はございませんので、資産合計は、1,390,226,000円でございます。次に、負債の部につきましては、補正に伴う変更はございません。資本の部でございますが、4.の資本金につきましては、補正に伴う変更はございません。5.の欠損金につきましては、( 2 ) の当期純利益が6,240,
==========
000円の増で153,388,000円となりますので、欠損金の合計は264,774,000円でございます。資本合計は、マイナス259,774,000円でございます。負債資本合計は1,390,226,000円となり、資産合計と一致いたします。
 続きまして、7ページの予定損益計算書をご覧ください。1.の事業収益でございますが、( 1 ) 土地造成事業収益は6,240,000円の増で759,213,000円でございます。2.の事業原価につきましては補正はございませんので、差し引きいたしますと、事業総利益は162,039,000円でございます。3.の販売費および一般管理費につきましても補正はございませんので、差し引きいたしました事業利益は158,378,000円でございます。4.の事業外収益につきましても補正はございませんので、経常利益は158,387,000円でございます。5.の特別利益、6.の特別損失につきましても補正はございませんので、当期純利益は153,388,000円でございます。
 最後に、8ページの予定キャッシュフロー計算書をご覧ください。ローマ数字のT、事業活動によるキャッシュフローでございますが、上から2番目の土地造成事業収入が土地造成事業収益として759,213,000円でございます。次に上から6番目の土地造成事業支出につきまして、横野平工業団地A団地4期分譲事業費として200,000円でございます。これにより小計が730,154,000円、利息の受取額を加えた事業活動によるキャッシュフローは、730,162,000円となります。Uの投資活動によるキャッシュフローおよびVの財務活動によるキャッシュフローにつきましては、補正に伴う変更はございませ。Wの現金および現金同等物の増加額は、T、U、Vを合計しまして730,162,000円でございます。Xの現金および現金同等物の期首残高は変更がございませんので、Yの現金および現金同等物の期末残高は、WとXを足し上げました、1,287,932,000円でございます。
 以上で、雑駁ではございますが、議案第6号、平成30年度安中市土地開発公社補正予算第2号につきまして説明を終わらせていただきます。ご審議の程、よろしくお願いいたします。
【理事長】説明が終わりました。これより質疑に入ります。ご質問ご意見等ございましたらよろしくお願いします。
【柳生監事】その他の特別損失の500万円はどのようなものでしょうか。
【事務局次長】内訳といたしましてプロパー造成事業緊急対策費が300万円、不祥事件関係費というものが200万円、こちらの合計500万円で予算を計上しておりまして、公社で保有する土地で瑕疵担保責任が残っている部分の土地で
==========
何か事故や擁壁が崩れた時などに対策を行う費用や弁護士等の相談費用ですとか、そういったものを入れている形です。
【柳生監事】分かりました。
【大塚理事】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■
【事務局次長】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【大塚理事】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【事務局次長】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【大塚理事】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【事務局次長】 ■■■■■
【大塚理事】 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【理事長】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■
【大塚理事】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■
【理事長】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【事務局次長】■■■■
【理事長】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【大塚理事】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■
【事務局次長】■■■■■■■■
【理事長】■■■■■■■■■■■■■■■■■他にございますでしょうか。
 ないようですので、ごれで質疑を終了いたしまして採決に移らさせていただきます。本案は、原案のとおり決することに賛成の皆様の挙手を求めます。
 (挙手全員)
【理事長】挙手全員であります。よって、議案第6号平成30年度安中市土地開発公社補正予算第2号については、原案のとおり決定されました。
 次に、日程第5のその他でございますが、何かございますでしょうか。群銀の関係の話は事務局から後ほど報告があります。
 特にございませんか。それでは事務局から報告をお願いします。
【事務局次長】事務局から、群馬銀行との協議の状況につきまして報告いたします。資料
==========
1をご覧下さい。資料1の4ページ目、最後のページになります。前回の理事会後、昨年の12月25日に、平成21年から10年間の、年2千万円の最後の支払いを行いました。
 年が明けまして、1月10日に、公社と群馬銀行との話し合いを、群銀の安中支店で行いました。話し合いの内容といたしましては、公社からは、前回の理事会で決定された方針のとおり、これまで同様、年2千万円の支払を10年間続けることを提案いたしました。群銀からもこれまでの主張と同様、年2千万円の支払の他に、残債務の一部をまとめて支払うことの提案があり
ました。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■この日の公社からの提案について、群銀は持ち帰って検討するとのことでした。
 2月4日、群銀の審査部長が来訪し、阿部総務部長と面会を行っております。その後は、群銀からの連絡はございません。事務局からの報告は以上です。
【理事長】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■
【事務局次長】 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【副理事長】 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【理事長】分かりました。今年の理事会は6回を数えまして、群銀との20年目の協議があったため、多いということになりますが、前回の理事会でもご承認いただきました通り2,000万円を10年ということで群銀に話をしたところであります。1回は群銀に12月25日に2,000万円払って、公社と群銀とで1月10日に話をしたという内容でございました。皆様何かご質問等ございますでしょうか。監事の皆様も何なりとお願いいたします。
【吉田理事】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【理事長】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
==========
■■
【事務局次長】■■■■■■■■■
【理事長】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■
【事務局次長】■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【副理事長】■■■■■■■■■■■■■■
【事務局次長】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■
【常務理事】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■■■■■
【理事長】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■■■■■■■■■■他にはよろしいでしょうか。
【事務局次長】事務局からあと1つ、次回の理事会についてですが、3月の理事会を予定しておりまして、事務局案といたしましては3月25日月曜日14時からこちらの203会議室で行いたいと考えております。
【理事長】次回理事会については、皆さんよろしいでしょうか。では予定を入れておいてください。他になければ以上になりますが、よろしいでしょうか。
【理事長】それでは本日の会議は、これで終了させていただきます。進行を事務局に返します。
【事務局長】長時間にわたるご審議ありがとうございました。以上をもちまして、土地開発公社理事会を閉会させていただきます。お世話になりました。
                     以上
                  14時48分終了
==========
上記会議録を証するため、下記署名する。

  議 長  粟野好映
  署名人  大塚清隆
  署名人  水澤祝彦

=====資料1=====
   群馬銀行との民事訴訟に関わる和解以降の経緯
                       (安中市土地開発公社)
                      平成31年2月25日現在
年月日       ・ 協議等の概要
平成10年12月 9日 和解成立
平成10年12月25日 合意書を取り交わす
平成10年12月25日 債務金の一部4億円を支払い
平成11年12月25日 債務金2千万円支払い(以後、平成20年12月25日まで毎年12月25日債務金の支払い)
―――――――――――――――――――――
平成19年11月27日〜平成20年 3月28日 群馬銀行訪問(3回)
平成20年 4月 9日〜平成20年10月 7日 安中市土地開発公社、群馬銀行話し合い(7回)
平成20年10月20日 安中市土地開発公社理事長名で株式会社群馬銀行取締役頭取宛「和解に関する協議書」を提出
平成20年11月 4日 市議会全員協謙会に経過等を報告
平成20年11月27日 群馬銀行から「和解に関する協議書」に対する回答(口頭)
平成20年12月17日 「和解10年後の対応について」市民報告会を開催(安中市文化センター)
平成20年12月19日 「和解10年後の対応について」市民報告会を開催(松井田文化会館)
平成20年12月25日 和解後10年間とした最後の債務金2千万円支払い
平成20年12月26日 合意書に関わる「証」を群馬銀行に提出
平成21年 2月 1日 「安中市土地開発公社不祥事件 和解10年後の対応について」広報あんなかに掲載(2009年2月号)
平成21年12月25日 債務金2千万円支払い(以後、平成30年12月25日まで毎年12月25日債務金の支払い)
―――――――――――――――――――――
平成30年 7月 4日 (市長、副市長)群馬銀行頭取訪問(群馬銀行本店)
             ・挨拶
平成30年 7月24日 安中市土地開発公社理事会
             ・理事長より7月4日の群馬銀行頭取訪問について説明
             ・今後のスケジュールの説明
平成30年 7月31日 安中市土地開発公社打合せ
             ・交渉担当者の決定
             ・交渉スケジュールについて
             ・交渉準備について(弁護士への相談等)
平成30年 8月 2日 弁護士に相談(安中法律事務所 小坂弁護士)
             ■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
               ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
             ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成30年 8月 6日 弁護士から助言(安中法律事務所 小坂弁護士から電話)
             ・8月2日に公社から質問したことへの回答
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
               ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成30年 8月22日 安中市土地開発公社、群馬銀行話し合い(群馬銀行安中支店)
             ・公社としての挨拶
             ・連絡窓口の確認
平成30年 8月31日 弁護士に相談(安中法律事務所 小坂弁護士)
             ■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
               ■■■
             ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
             ■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
               ■■
平成30年 9月21日 安中市土地開発公社打合せ
            ・交渉期限の目標
             ■■■■■■
            ・交渉内容
             →8億円を平成31年4月以降に支払うことで、その時点での残債務16.5億円を免除してもらう。
             ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成30年 9月26日 安中市土地開発公社、群馬銀行話し合い(群馬銀行安中支店)
            (公)平成31年4月以降に8億円を一括返済することで残債務を免除してほしい。
            (群)公社からの提案は上役に報告する。一括返済額の算出根拠資料がほしい。
               ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
               ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成30年 9月27日 9月26日の話し合いで求められた資料(8億円の算出根拠)を群馬銀行へ提出(群馬銀行安中支店)
            ・群銀から公社への回答期限を概ね10月10日までとするよう依頼
平成30年10月10日 安中市土地開発公社、群馬銀行話し合い(市役所本庁)
            (群)公社への回答を、群銀の役員会が開催される10月19日以降にしたい。
平成30年10月12日 安中市長、安中市土地開発公社打合せ
            ・群馬県知事との面会に向けた準備
平成30年10月15日 (市長)群馬県知事と面会(群馬県庁)
平成30年10月22日 安中市土地開発公社、群馬銀行話し合い(市役所本庁)
            (群)和解内容を逸脱する新たな債権放棄は受け入れない
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            (公)市長にも報告した上で、「証」の内容について公社から群銀に協議する。
平成30年10月26日 (市長)群馬銀行専務来訪(市役所本庁)
平成30年10月31日 安中市土地開発公社理事会
            ・平成31年から10年間の支払方法について
             →年2千万円を10年間支払う。
平成30年11月 1日 安中市土地開発公社から安中市に対し、平成31年から10年間の支払い方法について協議
平成30年11月 7日 (市長)群馬銀行頭取訪問(群馬銀行本店)
平成30年11月12日 (市)政策調整会議
            ・平成31年から10年間の支払方法について
平成30年11月12日 安中市から安中市土地開発公社に対し、協議結果の通知
            ・年2千万円を10年間支払う。
平成30年11月15日 安中市土地開発公社理事長名で株式会社群馬銀行代表取締役頭取宛「和解に関する協議書」を提出
            (公)年2千万円を10年間支払う。
            (群)年2千万円のほかに、数億円を一括で支払うこと。■■■■■■■■■■■■■■■■■■■債務免除はしない。
平成30年11月22日 弁護士に相談(安中法律事務所 小坂弁護士)
             ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
             ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
             ■■■■■■■■
            ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
             ■■■■■■■■■■■
             ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
             ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
             ■■■■■■■■■■■■■■■
平成30年11月27日 安中市土地開発公社、群馬銀行話し合い(市役所本庁)
            (群)現在公社は健全経営しているため、平成31年からの10年間の支払いについて年間支払額の上乗せ、または一部内入れ(債務の一部の一括支払い)を検討してほしい。
             債務免除はしない。
             ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
             平成31年の3月ぐらいまでに決着できればと考えている。
            (公)■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■年千万円の返済とすることを公社の理事会や連帯保証人の市長が決定している。
             ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
             ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            (群)■■■
             ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            (公)■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成30年12月 4日 安中市、安中市土地開発公社打合せ
             ・議会への報告について
平成30年12月14日 (市)市議会全員協議会で経過等を報告
平成30年12月21日 安中市土地開発公社理事会
             ・平成31年から10年間の支払い方法に関する群銀からの逆提案(上乗せ返済または内入れの要求)
              →年2千万円を10年間支払う。
              →群銀からの内入れや返済額の上乗せの提案には応じない。
平成30年12月25日 平成21年から10年間とした最後の債務金2千万円支払い
平成31年 1月10日 安中市土地開発公社、群馬銀行話し合い(群馬銀行安中支店)
            (公)年2千万円を10年間支払う。
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            (群)■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            (公)■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
            (群)公社からの回答については持ち帰って検討する。
              ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
平成31年 2月 4日 (総務部長)群馬銀行審査部長来訪(市役所本庁)
**********

【ひらく会情報・この項続く】
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ