2019/10/11  23:35

またもや前橋市職員の不祥事・・・今度は飲酒運転による物損事故で懲戒免職  前橋市の行政問題


■当会では、2018年6月にセクハラ行為や飲酒運転で停職9か月の懲戒処分となり、2019年6月に強制わいせつ罪で有罪になった40代の管理職だった元・前橋市男性職員と不倫相手の20代の女性職員が時間外にいちゃついていても手当が支払われていた事件を追及中ですが、このほかにも2018年5月には拾った財布から現金を抜き取って盗んだとして、環境部の主任清掃技師の50代男性職員が停職3カ月の懲戒処分となり、挙句の果てには2019年1月にはストーカー殺人にまで及んだ25歳の職員まで現れてしまいました。そのたびに、山本市長は謝罪会見を繰り返しました。そうした中、またまた前橋市では職員の不祥事が起きました。さっそく見てみましょう。
クリックすると元のサイズで表示します

**********上毛新聞2019年10月10日
酒酔い運転事故 前橋市職員免職
 前橋市は9日、飲酒運転で物損事故を起こしたとして、市社会福祉課、森村剛志主事(30)を同日付で懲戒免職処分としたと発表した。監督責任として上司の福祉部長と社会福祉課長を文書による注意とした。市職員課によると、森村主事は5月24日午前0時01分ごろ、市内で酒に酔って乗用車を運転したとして、8月19日に道交法違反(酒酔い運転)で起訴された。このときの運転で物損事故も起こしている。
 9日、前橋地裁で初公判が行われ、本人が起訴内容を認めたことから処分を行った。
 事故前日は体調不良を理由に休暇を取っていた。市の聞き取りに対し、「午後2、3時から1人で酒を飲んだが、運転したことも事故前後の記憶もない」などと話したという。
 市の懲戒処分基準では、飲酒運転の上で事故を起こした場合は「免職」としている。山本龍市長は「市民の信頼を大きく損ね、深くおわびする。服務規律の徹底と綱紀粛正を図り、 再発防止に努める 」とコメントした。

**********東京新聞2019年10月11日
飲酒運転で起訴 職員を懲戒免職 前橋市
 前橋市は九日、飲酒運転をしたとして、社会福祉課の森村剛志主事(三〇)を懲戒免職処分にした。
 市によると、主事は五月二十三日午後、自宅で飲酒。翌二十四日午前零時すぎに市内を運転して物損事故を起こし、前橋地検は八月十九日、道交法違反(酒酔い運転)の罪で起訴した。
 山本龍市長は「同様の事態を二度と繰り返さないよ、再発防止に努める」とのコメントを出している。

**********NHK 群馬 NEWS WEB 2019年10月09日19時22分
飲酒運転で前橋市職員が懲戒免職
クリックすると元のサイズで表示します
 ことし5月、前橋市役所の30歳の職員が酒を飲んで乗用車を運転し、事故を起こしたとして、前橋市はこの職員を9日付けで懲戒免職の処分にしました。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 懲戒免職となったのは、前橋市社会福祉課の森村剛志主事(30)です。
クリックすると元のサイズで表示します
 前橋市によりますと、森村主事は、ことし5月、前橋市内で酒を飲んで乗用車を運転し、電柱にぶつかる事故を起こしたということです。
クリックすると元のサイズで表示します
 森村主事は、ことし8月、道路交通法違反の罪で起訴され、9日前橋地方裁判所で行われた初公判で検察側から500ミリリットルの缶チューハイを15本飲んで運転したことなどが示されたということです。
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
 前橋市の調べに対し、森村主事は「事故前日の午後2時ごろから飲み始めたことは覚えているが、その後、なぜ運転したかは覚えていない」などと話していたということです。
クリックすると元のサイズで表示します
 また、前橋市は管理監督の責任を怠ったとして、上司にあたる福祉部長と社会福祉課長を訓告の処分としました。
クリックすると元のサイズで表示します
 前橋市の山本龍市長は「職員の不祥事が続いており、信頼回復に努めていたところ、一部の職員がこのような事態を起こしたことは残念でなりません。この事実を厳粛に受け止め、同様の事態を二度と起こさないよう、服務規律の徹底や綱紀粛正を図り、再発防止に努めます」とコメントを出しました。
**********

※参考URL: https://www.facebook.com/takeshi.morimura.1

■今回もまた山本市長は、記者会見で「この事実を厳粛に受け止め、同様の事態を二度と起こさないよう、服務規律の徹底や綱紀粛正を図り、再発防止に努めます」などと、何度目になるのかも分からないまま、謝罪の言葉を発する羽目になりました。

 それにしても不可思議なのは、セクハラ行為や、同じく飲酒運転で停職9か月の懲戒処分となり、2019年6月に強制わいせつ罪で有罪になった40代の管理職だった元・前橋市男性職員の場合は、退職金を満額もらえたのに、今回の30歳の飲酒運転で物損事故を起こした市社会福祉課の主事は、有罪判決と同じ日付で懲戒免職処分とされました。

 これは明らかに、元管理職の40代の男性職員を特別扱いしたと指摘されても仕方がありません。
※前橋市職員の懲戒処分に関する基準 ZIP ⇒ tyoukaikijun.zip

 当会ではこの矛盾について前橋市役所に確認してみるつもりです。

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ