【出張!オンブズマン】外出自粛中に長野高専総務課長が車で週末東奔西走?…真偽確認の公開質問提出!  群馬高専アカハラ問題

■5月25日の夕方に政府は、北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川の5都道県で続いてきた新型コロナウイルスの緊急事態宣言を解除しました。しかしウイルスが完全に撲滅できたわけではなく、今後、全世界的に蔓延したこの武漢発のやっかいなウイルスが経済活動の再開に伴って再び第2波、第3波として襲いかかるリスクとともに過ごすことになります。
 こうした中、教育分野では春の間じゅうずっと、児童、生徒、学生のかたがたがStay Homeを強いられて授業や課外活動を奪われてしまい、一方で教員のかたがたも出張できないといった状況が続いてきました。このように日本中、そして世界中が我慢している状況下において、当会が取り組んできているアカハラ・いじめ・学校私物化等問題が山積みの高専組織の体質改善に関連して、お隣の長野高専からとんでもない情報がもたらされました。
 本来、学校においてルールを作成し率先して遵守しなければならない管理職が、新型コロナによる緊急事態宣言下にも関わらず、毎週県境を越境していた疑惑があるというのです。いったい何が起きていたというのでしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します
越境常習疑惑の管理職

※長野高専幹部職員録ZIP ⇒ e.zip

 毎週、東京の自宅まで往復していた疑惑があるのは同校の総務課長の岩佐氏です。ルールでは、長野県から県境を越えて東京に行くことは、原則自粛しなければならず、やむを得ず行った場合は14日間自宅待機する必要があります。ところが、岩佐総務課長の場合、一切そうした感染防止措置を取らなかったようです。

 当会が収集した情報によると、総務課長が利用している宿舎には県外ナンバーの車も何台か駐車してあるということですが、総務課長の白の広島ナンバーの車だけが金曜日から日曜日迄毎週必ず不在となっており、東京に帰っているとの学内でもっぱらの噂のようです。

 ウイルス拡散を防ぎ人命を守るため、学生・教員も含め日本中が堪え忍び我慢の生活を続けていました。ルールを一番守らなければならない国の教育機関の管理職ともあろう者が、緊急事態宣言下の東京へ頻繁に不要不急の往来をし、あまつさえ何食わぬ顔で職場に顔を出し同僚を危険に晒していたという異常事態が発生していたとなれば、「自粛警察」ならずとも、問題視せざるをえません。

■そのため、当会として事実関係を確認するために、5月25日付で、次の内容の公開質問状を長野高専トップである土居学校長あてにメールとFAXで提出しました。

*****公開質問状*****ZIP ⇒ 20200525wzj.zip
                           令和2年5月25日
〒381-8550 長野県長野市大字徳間716
独立行政法人国立高等専門学校機構 長野工業高等専門学校
学校長  土井 信数 殿
TEL: 026-295-7003/FAX: 026-295-4356

 〒371-0801 群馬県前橋市文京町1丁目15番10号
          市民オンブズマン群馬  代表  小川 賢
                 TEL: 027-224-8567(事務局・鈴木)/
                      090-5302-8312(代表・小川)
                 FAX: 027-224-6624

          公開質問状
拝啓 日々益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
 弊団体は、行政およびその関連機関を外部から監視し、当該機関による権限の不当な行使ないしは不行使による一般国民への権利利益侵害、並びに税金を原資とした公的資金の濫費について、調査および救済の勧告を図る活動をしている民間団体です。なお、弊団体は群馬県を主な活動地域としていますが、事案によっては、適宜近隣の県への出張活動も行っております。
 現在当団体では、5年前に群馬工業高等専門学校において発生したアカデミックハラスメント(通称アカハラ)問題について調査を行っておりますが、5年にわたる本事件に関する追及をおこなっている過程で、群馬高専にかぎらず全国各地で類似の事件が多発していることが判明しました。そのため先年、貴学にも訪れる機会があり、ご担当者様からヒヤリングをさせていただいたこともございます。
 さて、この度のコロナ禍による学校教育への影響は深刻であり、貴学もその影響とは無縁ではなく、学生の皆様が授業を受けられないままStay Homeの状況を強いられ、教員のかたがたも出張もできないような毎日が緊急事態宣言下で続けられ、日本中が我慢している状況にありました。
 こうした中で、貴学関係者からと思しき複数の情報筋からいくつかの看過できない情報が当会に寄せられております。そのためこれらの話について、貴殿(ないし貴学)が認知されているのかどうか、またどのようにお考えになり、どのような対応をおこなっているのかを確かめるため、下記のとおり質問をさせていただきます。
                                敬具
              記
【質問1】
 貴学の総務課長である岩佐氏について、県境をまたぐ移動の自粛が要請されている緊急事態宣言期間中にも関わらず、毎週末に東京の自宅に帰っていた疑惑が取り沙汰されているようです。事実、(呉高専に勤務していた関係か)特徴的な白の広島ナンバーが付いている岩佐総務課長の車だけが、毎週金曜日から日曜日まで必ず宿舎を不在にしているようです。このことについて、貴殿もしくは貴学では承知していますか?また、この疑惑について事実か否かを回答いただきたく存じます。

【質問2】
 一般論として、学生や教職員に外出自粛・移動自粛を命じ、忍耐を強いる側である以上、自ら範を示さなければならない学校幹部らが、仮に自らその通達や要請を破っていた場合、貴学のコンプライアンスや規則に照らして問題はありますか、ありませんか。

【質問3】
 貴学の校長であり、今年4月から高専機構の理事に名を連ねた貴殿のご自宅も、前職の東京高専及び機構本部の所在する八王子界隈にあるようですが、緊急事態宣言中に、ご自宅には一切戻ってはいませんか?

【質問4】
 今年3月に退職した電子情報工学科の女性教員について、貴学内において同学科の人物から「セクハラ」ないし「セクハラを超えてストーカー紛いとも思える行為だった」と言う、セクハラが原因の退職だとする疑惑がささやかれているようです。さらには「昨年度1年間殆ど出勤していない」とも聞こえてきております。このことについて、貴学もしくは貴学では事実関係を把握されていますでしょうか?また、把握されていた場合、どのような対応をおとりになったのでしょうか?

 以上、よろしくお願いします。なお、回答については、大変勝手ながら、書面で2020年6月5日(金)までに郵送あるいはFAXにて上記弊連絡先まで折り返し送達いただければ幸いです。
 なお、何らかの事情によりこの期限までの回答が不能である場合は、大変お手数ではありますが上記弊連絡先までお伝えいただきたく存じます。
                                 以上
**********

■果たしてどのような調査がなされ、その結果が明らかにされるのかどうか、予断は許されませんが、長野高専のトップからしかるべき回答が期限までに寄せられましたら、皆様にご報告いたします。

【5月31日追記】

■内部関係者からの提供情報によれば、5月29日付けで土居信数校長から全教職員宛てに「4月15日付けで要請した、緊急事態宣言区域へ往来した場合の14日間出勤禁止・在宅勤務命令を解除する」という内容の通達があったようです。

 5月25日に政府が緊急事態宣言の全面解除を発令したことに伴ったもののようですが、裏を返せば「緊急事態宣言区域へ往来した場合の14日間出勤禁止命令」が発令日からの最低40日間有効だったことが改めて示された形になります。

 情報提供者のかたがた曰く、いつもはこの手の連絡はただの事務からだったのに、なぜかこの連絡は、課長補佐からで少し違和感を感じたそうです。この「小さな違和感」と当会からの公開質問状提出に関係があるかは目下のところ不明ですが、情報提供者曰く「何となく不穏な雰囲気を感じる」とのこと。どうやら、一挙手一投足に目を光らせる必要があるようです。

 「解除したからもう過去の話」などと水に流すのではなく、規則を定めた幹部自身が真っ先に違反したというあるまじき疑惑について、しっかりと検証し、嘘偽りなくその結果を公表する姿勢が土居校長には求められています。

【6/4追記】
■6月3日、長野高専から驚愕の隠蔽回答が寄せられました。詳細は以下記事をご覧ください。↓
https://pink.ap.teacup.com/ogawaken/3171.html

【市民オンブズマン群馬事務局からの報告】
145



2020/6/4  7:36

投稿者:ひらく会情報部

>>コメントをいただいている皆様へ

 本件に多大な関心をお寄せくださり感謝申し上げます。
 6月3日昼過ぎ、長野高専から本公開質問状への「回答」が寄せられました。
 しかしそれは残念ながら、肯定も否定も避け回答拒否とする最悪の隠蔽回答でした。
 詳細は本記事末尾の追記リンクからご覧ください。

  市民オンブズマン群馬事務局より

2020/6/4  0:30

投稿者:ひらく会情報部

>>「寮生」さん、「長野高専の一学生」さん、「通生」さんへ
 貴君ら学生の不安は痛いほどに共感できます。自分たちはしっかりとルールを守り、社会の為に耐えているのに、それを命じた当の「エラいオトナ」が率先してルールを破り、しかも特権階級だからお咎めなしというのでは、もはや青少年に「教育」をする機関として成立しないでしょう。
 しかし、当会も隣県の第三者の立場から助太刀することしかできません。居直る学校をわずかなりとも動かせるのは、やはり学生・教職員・後援会等の内部関係者をおいて他にはいません。
 よろしければ、各位の関係する範囲で構いませんので、学生や教員に当会の活動と自学の抱える問題を伝え、呼びかけて認知の和を広げていただき、あわせて、自分の保護者らにも不安と問題を伝え、学生の立場を十二分に活用して後援会の問題意識にも火を付けていただくなど、ご協力賜れれば幸いです。

  市民オンブズマン群馬事務局より

2020/6/3  12:34

投稿者:通生

寮生のコメントが多いけど、通生も不便を強いられてます。17時の強制下校に部活動自粛でただ学校に行っているだけです。クラスメートと話せるのが気晴らしになってます。よく考えたら岩佐とか言う課長、感染者200人を越えてる時も平気で東京に行ってたと思うと恐ろしくて仕方ない。岩佐とか言う奴の顔を見てみたい。

2020/6/2  17:24

投稿者:長野高専の一学生

教室の授業が始まって2日たちました。でも部活もまともに出来なくて、17時に一斉下校の放送で下校させられてます。我慢を強いた奴が決まり無視何てあり得ません。もう我慢の限界です。

2020/6/1  20:46

投稿者:寮生

感染が不安です。寮にいる限りずっと不安を強いられる。どうにかして欲しい。寮は狭くて逃げ場がない。こんな不安な毎日なのに決まり破り課長何も感じてないのか。

2020/6/1  11:30

投稿者:ひらく会情報部

>>「荷物整理中」さん、「2年寮生」さんへ
 学業のみならず生活まで学校に委ねてしまう寮生にとって、学校側が信頼できない状況というのはまさに破滅的な事態です。
 学校幹部らはその責任と「学生ファースト」を十分自覚すべきなのですが、学内政治ごっこに明け暮れては甘い汁をひたすら吸い、特権階級気取りで下々を好き勝手振り回してはいびる体たらくです。あまつさえ、自分たちが自分たちで決めたルールすら守れず、それを指摘されても幼稚園児並みの屁理屈と誤魔化しで塗り固めるのであれば、残念ながら教育機関の運営者としての資格は皆無であると断言せざるをえません。
 貴君らが安心して勉学に励めるような環境の確保に、微力ながら邁進してまいります。

  市民オンブズマン群馬事務局より

2020/5/31  18:30

投稿者:2年寮生

寮も感染対策をしてると思うけど不安で仕方ない。どこでコロナに感染するかわからないので恐怖だ。長野高専総務課長は何をやってんだか。感染の恐怖と閉寮の心配が付きまとっているのに、いい加減にして欲しい。

2020/5/31  0:22

投稿者:荷物整理中

決まりを守る奴が決まり破りじゃ話にならん。いつ閉寮になるか、わからないから荷物整理も捗らない。何もかもが終わってる。

2020/5/30  20:45

投稿者:ひらく会情報部

>>「J科寮生」さんへ
 緊急事態宣言解除を受け、オンラインでの授業としていた大学等でも6月から独自判断で対面授業を再開する動きがあるようですね。
 オンラインに対応できない年配の教員らの幾許かは喜んでいるようですが、その一方で、オンライン態勢をなんとか構築し、やっとの思いでオンライン前提の講義計画を作りあげた教員らからは、繰り返される朝令暮改に悲鳴が上がっているようです。
 このように、無能な幹部を戴いてしまった学校では、教職員・学生ともに無神経で考えなしの朝令暮改に散々振り回され、疲弊してフラストレーションが溜まっている時流です。そのうえ幹部は平然と貴族並みの特別扱いとなれば、爆発されても仕方ないでしょう。
 長野高専の行く末をキッチリ見極めたいと存じます。

  市民オンブズマン群馬事務局より

2020/5/30  18:40

投稿者:J科寮生

明日開寮で、慌てて荷物をまとめてます。いつ臨時休校になって閉寮になるかわかんないので戸惑ってます。普段はパソコン授業、GWも家にいて、我慢させられました。岩佐課長って少し頭もじゃもじゃのあの太った人かな。そいつは決まり無視してたらしくてムカついてます。寮で新型コロナに感染しないか不安で仕方ないです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ