2009/10/25  22:32

世界は今…地上で最も暑くて熱い国のひとつ、ジブチ共和国(その1)  国内外からのトピックス

■ジブチ共和国という国が、「アフリカの角」と呼ばれる地域にあります。アフリカにはセネガル、象牙海岸などいくつかのフランス語圏の国々がありますが、いずれも西海岸に面していて、アフリカ東海岸では、ただひとつのフランス語圏の国がジブチです。

クリックすると元のサイズで表示します
ジブチ共和国の地図。右手が海賊の出没するアデン湾で、下に灰色でソマリアがある。アデン湾から左に向かって海が入り込んでおり、一番左奥の白色で示された湖が、海面下155メートルのアサール湖。そこからすぐ右上にあるのが標高1517mの山。その直ぐ上に見える黒丸が海抜800mのまちロンダ。その右下の海岸に面したのがタジュラ市。一番右上に見える海岸沿いの黒丸が、オボック。上中央右手やや下の海に面している黒丸がジブチ市。そこから左に延びる赤色の線が、エチオピア街道とよばれる国道。下方に向かって延びる黒い線がエチオピアとを結ぶ鉄道。


 2年半前に初めてこの国を訪れた時は、5月下旬から6月中旬でしたが、日中は日陰でも47度C、夜も35度Cをはるかに超える超熱帯夜の連続で、世界で最も暑い国と言われるジブチでも、特に暑い時期でした。2度目の今回訪問は10月ですが、それでも日中は日本の真夏並みの猛暑で、朝方でも部屋の冷房をつけていなければ30度近い温度になります

 2年半前は「ジブチに行く」と言っても、「ジブチ?」と誰も関心を示しませんでした。それが、いまや殆どの日本人が「ジブチ」という国名を耳にするようになりました。それは、隣国のソマリア沖で頻発する海賊被害が原因です。

■ソマリア沖は、アジアと欧州を結ぶ最短ルートのスエズ運河を通過する船が、必ず通らなくてはならない海域です。もちろん、世界に名高い海運国である日本の船も、たくさん通行しています。そうした船が、海賊の襲撃に遭い辛うじて逃げ切ったというニュースを記憶している人も多いと思います。そこで日本政府は海賊対策として、今年の3月から、4か月交替で海上自衛隊の護衛艦2隻、航空自衛隊の対潜哨戒機2機、それにジブチ空港の基地防衛のための陸上自衛隊と総合チームを派遣しています。

クリックすると元のサイズで表示します
ジブチ港に船体を休める護衛艦「はるさめ」と「あまぎり」。第3次派遣隊として、10月13日に海上自衛隊の護衛艦「たかなみ」(4,650トン)と「はまぎり」(3,550トン)が横須賀を出発して現在ジブチに向かっている。ジブチの人に言わせると「日本は平和国家のはずなのに」という意見もあるのは事実。鳩山政権は、インド洋での燃料補給は継続中止の方針だが、海自による護衛活動は引き続き実施する方針。

 おかげで、2年半前は、ジブチに滞在する日本人の人数は僅か10数名で、その殆どが青年海外協力隊員でしたが、いまや、自衛隊三軍合わせて約600名がジブチに滞在しているのです。もっともこのうち400名前後は2隻の自衛艦に乗艦していて、陸に上がる時間はわずかです。

【ひらく会情報部・海外取材班・この項つづく】

1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ