2010/7/25  22:04

公正な選挙には程遠い安中市選挙管理委員会のダブルスタンダード(二重基準)  安中市長選挙

■合併後2回目の安中市長選挙が今年の4月4日告示、4月11日投開票され、現職の岡田義弘市長が再選されてから、早くも3ヶ月半が経過しようとしています。当会では、いつものように公職選挙法で定められた候補者の選挙運動費用収支報告書を、6月25日付で情報開示請求をしていたところ、7月23日に情報開示を受けましたので、その結果についてご報告いたします。

■公職の候補者は、選挙の開票後、2週間以内に選挙運動費用収支報告書を選挙管理委員会に提出しなければなりません。

まずは、めでたく再選を果たした岡田義弘候補が提出した収支報告書を見てみましょう。


**********
【岡田候補からの収支報告書受理に関する安中市の起案用紙】
年度    平成22年度
文書種類  収
文書番号  第2674号
保存年限  5年
受付年月日 平成22年4月26日
保存年限  平成28年6月1日
起案年月日 平成22年4月26日
廃棄年度  平成28年度
分類番号  大0 中6 小4 簿冊番号5 分冊番号4
完・未完別 完結
簿冊名称  選挙執行書類(5)
完結年月日 平成23年5月31日
分冊名称  安中市長選挙収支報告書関係書類
施行区分  普通
公開    1 非公開 時限秘( 年)部分秘 全部秘 2 公開
起案者   安中市選挙管理委員会 職名 書記 氏名 佐藤光治 内線(1045)
決裁区分  書記長
決裁    委員長・− 書記長・鳥越 書記次長・佐俣 書記・阿部 書記・新井 書記・竹田 公印・−
関係部課合議 小坂
課内供覧   小島
差出人   岡田義弘
件名 選挙運動用収支報告書について
 上記のことについて、別紙のように受理してよろしいか伺います(別紙 枚)

【岡田候補の選挙運動費用収支報告書】
1.平成22年4月11日執行 安中市長選挙
2.公職の候補者 住所 群馬県安中市野殿969番地
         氏名 岡田義弘
3.2月24日から4月11日まで (第1回分)
4.収入の部
月日/金額又は見積額/種別/寄附をした者(住所または主たる事務所の所在地・氏名または団体名・職業)/金銭以外の寄附及びその他の収入の見積の根拠/備考
4.4/70,000/寄付/安中市野殿789-4・白石梅子・無職/労務無償提供1日8時間7日間/−
4.4/70,000/寄付/安中市野殿973・前川久代・無職/労務無償提供1日8時間7日間/−
4.4/70,000/寄付/安中市野殿1091・白石則夫・会社員/労務無償提供/1日8時間7日間/−
4.4/70,000/寄付/安中市野殿865-1・柴山典雄・会社員/労務無償提供1日8時間7日間/−
4.4/70,000/寄付/安中市野殿974・前川示枝・無職/労務無償提供1日8時間7日間/−
4.4/775,000/寄付/−・−・−/−/5,000円×155人

寄附/1,125,000
その他の収入/―
計/1,125,000
前回計
寄附/−
その他の収入/−
計/−
総額
寄附/1,125,000
その他の収入/−
総計/1,125,000
参考/−
5.支出の部
月日/金額又は見積額/区分/支出の目的/支出を受けた者(住所又は主たる事務所の所在地・氏名又は団体名・職業/金銭以外の支出の見積の根拠/備考
人件費
4.4/70,000/選挙/事務員報酬/安中市野殿789−4・白石梅子・無職/労務無償提供1日8時間7日間/−
4.4/70,000/選挙/事務員報酬/安中市野殿973・前川久代・無職/労務無償提供1日8時間7日間/−
4.4/70,000/選挙/事務員報酬/安中市野殿1091・白石則夫・会社員/労務無償提供1日8時間7日間/−
4.4/70,000/選挙/事務員報酬/安中市野殿865−1・柴山典雄・会社員/労務無償提供1日8時間7日間/−
4.4/70,000/選挙/事務員報酬/安中市野殿974・前川示枝・無職/労務無償提供1日8時間7日間/−
小計/350,000
食糧費
3.18/22,300/準備/弁当代/安中市安中鶴巻3841−5/(株)ヤマトや ※お米代。領収書宛先は岡田義弘
4.10/38,150/選挙/安中市安中2−5−15/潟с}ハチクボニワ ※米代金として。領収書宛先は岡田義弘選挙事務所
小計/60,450
広告費
4.11/52,710/立候補準備/レンタル料/高崎市東町80/トヨタレンタリース群馬 ※領収書宛先は岡田義弘
4.14/18,000/立候補準備/電気配線/安中市安中4−11−41安中群馬電装(有) ※領収書宛先は岡田義弘
4.14/5,565/立候補準備/電気配線/安中市岩井2430−1/細野自動車修理工場 ※領収書宛先は岡田義弘選挙事務所
小計/76,275
通信費
4.23/19,258/選挙/通信費/高崎市高松町13/東日本電話通信(株) ※電話番号027-382-7803。平成22年4月分。領収書宛先は岡田義弘
4.23/16,414/選挙/通信費/高崎市高松町13/東日本電話通信(株) ※電話番号027-382-7804。平成22年4月分。領収書宛先は岡田義弘
4.23/18,772/選挙/通信費/高崎市高松町13/東日本電話通信(株) ※電話番号027-382-7806。平成22年4月分。領収書宛先は岡田義弘
小計/54,444
印刷費
2.24/292,226/準備/ポスター印刷代/富岡市下黒岩812/若葉印刷(株) ※領収書添付無し(選挙公営のため別途提出と思われる)
4.4/138,600/選挙/ハガキ印刷代/富岡市下黒岩812/若葉印刷(株) ※ケント135K 両面8,000枚。領収書宛先は岡田義弘
4.7/99,960/選挙/マニュフェスト印刷代/富岡市下黒岩812/若葉印刷(株) ※A4両面スミ1色コート70K 16,000枚。領収書宛先は岡田義弘
小計/530,786
燃料費
3.20/7,700/選挙準備/灯油/安中市中宿1−7−41/藤野屋商店 ※領収書宛先は岡田義弘
4.14/23,704/選挙/ガス代/安中市中宿1−7−14/藤野屋商店 ※領収書宛先は岡田義弘事務所
小計/31,404

立候補準備ための支出/398,501
選挙運動のための支出/704,858
計/1,103,359
前回計
立候補準備のための支出/−
選挙運動のための支出/−
計/−
総額
立候補準備のための支出/398,501
選挙運動のための支出/704,858
総計/1,103,359

【支出のうち公費負担相当額】
項目/単価(A)/枚数(B)/金額(A)×(B)=(C)
選挙運動用通常葉書の作成/−円/−枚/−円
ビラの作成/−円/−枚/−円
ポスターの作成/814円/359枚/292,226円
選挙事務所の立札及び看板の類の作成/−円/−枚/−円
選挙運動用自動車等の立札及び看板の類の作成/−円/−枚/−円/
個人演説会等の立札及び看板の類の作成/−円/−枚/−円
計/−円/−枚/−円
この報告書は、公職選挙法の規定に従って作成したものであって、真実に相違ありません。
平成22年4月26日
出納責任者 住所 群馬県安中市野殿2621番地1
      氏名 塚越和昭
備考
1 収入の部においては、一件1万円を超えるものについては各件ごとに記載し、一件1万円以下のものについては、種別ごとに各収入日における合計額を一覧に記載するものとする。なお、寄附については、一件1万円以下のものについても必要に応じて各件ごと記載してさしつかえない。
2 収入の部中「種別」欄には、寄附金、その他の収入の区別を明記するものとする。
3 収入の部中「参考」欄には、選挙運動に係る公費負担相当額(選挙運動用通常葉書、ビラ若しくはポスターの作成又は選挙事務所、選挙運動用自動車等若しくは個人演説会場の立札及び看板の類の作成に係るものをいう。以下同じ。)を記載するものとし、また、その他の参考となる事項を記載することができるものとする。
4 支出の部中「区分」の欄には、立候補準備のために支出した費用と選挙運動のために支出した費用との区別を明記するものとする。
5 支出の部中「支出のうち公費負担相当額」欄には、選挙運動に係る公費負担相当額を記載するものとする。ただし、各項目において二以上の契約がある場合には、契約ごとに欄を追加して記載するものとする。
6 精算届後の報告書にあっては、「収入の部」「支出の部」ともに前回報告した金額をあわせて総額の欄に記載するものとする。
7 収入の部の記載については第三十号様式収入簿の備考中2から6までの例により、支出の部の記載については同様式支出簿の備考中3から9までの例によるものとする。
**********

■続いて、善戦空しく惜しくも届かなかった高橋候補の収支報告書を見てみましょう。

**********
【高橋候補からの収支報告書受理に関する安中市の起案用紙】
年度    平成22年度
文書種類  収
文書番号  第2673号
保存年限  5年
受付年月日 平成22年4月26日
保存年限  平成28年6月1日
起案年月日 平成22年4月26日
廃棄年度  平成28年度
分類番号  大0 中6 小4 簿冊番号5 分冊番号4
完・未完別 完結
簿冊名称  選挙執行書類(5)
完結年月日 平成23年5月31日
分冊名称  安中市長選挙収支報告書関係書類
施行区分  普通
公開    1 非公開 時限秘( 年)部分秘 全部秘 2 公開
起案者   安中市選挙管理委員会 職名 書記 氏名 佐藤光治 内線(1045)
決裁区分  書記長
決裁    委員長・− 書記長・鳥越 書記次長・佐俣 書記・阿部 書記・新井 書記・竹田 公印・−
関係部課合議 小坂
課内供覧   小島
差出人   高橋由信
件名 選挙運動用収支報告書について
 上記のことについて、別紙のように受理してよろしいか伺います(別紙 枚)

【高橋候補の選挙運動費用収支報告書】
1.平成22年4月11日執行 安中市長選挙
2.公職の候補者 住所  安中市岩井970−4
         氏名  高橋由信
3.3月5日から4月21日まで(第1回分)
4.収入の部
月日/金額又は見積額/種別/寄附をした者(住所又は主たる事務所の所在地・氏名又は団体名・職業)/金銭以外の寄附及びその他の収入の見積の根拠/備考
4.4/500,000/その他の収入/−・−・−/−/自己資金
4.4/35,000/寄付/安中市安中1230−12・長ヶ部淳子・パート/5000円×7日間/労務無償提供
4.4/70,000/寄付/安中市岩井2542−5・内田礼子・パート/10000円×7日間/労務無償提供4.4/20,000/寄付/安中市下駄間甲2944・岡田一江・主婦
4.4/30,000/寄付/安中市野殿4320−4・古達豊彦・農業
4.4/10,000/寄付/安中市下秋間2930・岡田稔治・農業
4.4/10,000/寄付/安中市上後閑1629−3・内藤光男・農業
4.4/30,000/寄付/安中市岩井576・藤井かず・主婦
4.4/20,000/寄付/安中市野殿3832・白石善也・会社員
4.4/10,000/寄付/安中市安中2−9−11・武藤高夫・会社員
4.4/20,000/寄付/高崎市並榎304・茂木正道・会社員
4.6/10,000/寄付/高崎市倉渕町水沼69−1・近藤龍良・自営
4.6/50,000/寄付/安中市松井田町入城770−1・佐藤かほる・会社員
4.6/50,000/寄付/富岡市黒川1072−2・松本友治・自営
4.6/10,000/寄付/安中市原市2592−1・飯島良平・農業
4.6/30,000/寄付/高崎市鼻高町813・国峰善次郎・自営
4.6/20,000/寄付/安中市中宿2166−1・相馬昇・自営
4.6/10,000/寄付/安中市岩井1521−2・相川市郎・会社員
4.6/30,000/寄付/安中市鷺官821−1・森泉宏昭・農業
4.6/20,000/寄付/北群馬郡榛東村新井1482−1・松ケ瀬穂津美・会社員
4.6/10,000/寄付/安中市高別当852−1・中島多万恵・主婦
4.6/30,000/寄付/安中市鷺宮376・神保実・自営
4.6/500,000/寄付/安中市岩井609−1・松本立家・自営
4.6/20,000/寄付/安中市原市1673−1・竹中千江子・主婦
4.6/10,000/寄付/安中市下磯部335−3・加藤英子・主婦
4.6/10,000/寄付/安中市岩井1625−1・白石和彦・農業
4.6/10,000/寄付/安中市岩井495−5・白石義行・会社員
4.6/20,000/寄付/北群馬郡榛東村新井2872−4・武藤昌・農業
4.6/4,000/寄付/−/−/−/揚げ物4000円
4.6/6,000/寄付/−/−/−/いなり寿司100個
4.8/4,000/寄付/−/−/−/おむすび20P
4.8/6,000/寄付/−/−/−/いなり寿司60個
4.9/10,000/寄付/安中市鷲宮2474−7・佐藤茂・自営
4.10/75,000/寄付/−/−/−/5000円×15名
4.10/24,000/寄付/−/−/−/3000円×8名
4.10/4,000/寄付/−/−/−/2000円×2名
4.10/8,000/寄付/−/−/−/1000円×8名
4.10/500/寄付/−/−/−/500円×1名
4.10/12,000/寄付/−/−/−/お茶1箱1000円×12名
4.10/3,000/寄付/−/−/−/シュークリーム1個100円 100円×30個
4.10/2,000/寄付/−/−/−/パンケーキ1ヶ400円 400円×5個

寄附/1,253,500
その他の収入/500,000
計/1,753,500
前回計
寄附/−
その他の収入/−
計/−
総額
寄附/1,253,500
その他の収入/500,000
総計/1,753,500
参考/−
5.支出の部
月日/金額又は見積額/区分/支出の目的/支出を受けた者(住所又は主たる事務所の所在地・氏名又は団体名・職業)/金銭以外の支出の見積の根拠/備考
人件費
4.4/35,000/選挙/事務員報酬/安中市安中1230−12・長ヶ部淳子・パート/−/5000×7日間無償提供
4.4/70,000/選挙/車上運動員報酬/安中市岩井2542−5・内田礼子・パート/−/10000×7日間無償提供
小計/105,000
家屋費〈選挙事務所費〉
3.5/10,815/準備/電話架設費/高崎市高松町3・NTT東日本・−/−/− ※内訳:契約1回線新設1,000+単体電話機屋内配線新設4,800+基本工事費4,500+消費税515
3.5/22,995/準備/電話架設費/高崎市高松町3・NTT東日本・−/−/− ※内訳:契約3回線新設3,000+単体電話機屋内配線新設14,400+基本工事費4,500+消費税1,095
4.12/73,500/選挙/事務所/安中市岩井609−1・(有)松本商店・−/−/10500×7日間 ※領収書宛先は高橋よしのぶ選挙事務所
4.12/21,000/選挙/事務所備品他借上/安中市原市・高橋よしのぶ後援会・−/−/3000×7日間 ※領収書宛先は高橋よしのぶ選挙事務所
家屋費(集会会場費)
4.8/3,000/選挙/会場使用料/安中市原市・原市3区甲区長宮田良平・−/−/− ※領収書宛先は高橋よしのぶ後援会
小計/131,310
通信費
4.12/14,000/選挙/通話料/高崎市高松町3・NTT東日本・−/出納責任者/高橋後援会と按分のため
小計/14,000
印刷代
3.16/320,000/準備/ポスター/安中市野殿3847・加藤政巳・−/−/1枚800円×400枚 ※領収書添付無し(選挙公営のため別途提出と思われる)
4.12/170,100/準備/はがき/安中市野殿3847・加藤政巳・−/−/1枚18.9円×9000枚 ※領収書宛先は高橋由信選挙事務所
4.12/84,000/選挙/法定チラシ/安中市野殿3847・加藤政巳・−/−/1枚5.25円×16000枚 ※領収書宛先は高橋由信選挙事務所
小計/574,100
広告費
3.31/10,500/選挙/たすき制作/伊勢崎市・O・−/−/− ※領収書宛先は高橋由信
4.8/157,500/選挙/選挙広告/前橋市古市町1−50−21・上毛新聞・アドシステム(株)・−/−/− ※内訳:選挙広告(5.0×6.6)1回4月9日掲載150,000+消費税7,500。領収書宛先は高橋よしのぶ選挙事務所
4.9/1,837/選挙/チラシ折込料/安中市安中1−22−41・東京新聞・安中専売所・−/−/− ※領収書宛先は高橋よしのぶ後援会
4.9/65,100/選挙/チラシ折込料/安中市安中4−4−21・関東折込(有)・−/−/− ※領収書宛先は高橋よしのぶ
4.12/140,000/選挙/拡声器借上料/安中市岩井609−1・(有)松本商店・−/−/− ※領収書宛先は高橋よしのぶ選挙事務所
小計/374,937
文具費
3.28/19,064/準備/コピー用紙代/安中市原市2−1042−1・セキチュー・−/−/− ※内訳:カラーPPC用紙A4@598×2+ホワイト用紙A4@1,489×12
4.5/4,213/選挙/ペン他/安中市安中362・トライアル・−/−/−
小計/23,277
食糧費
4.4/4,514/選挙/食品代/安中市原市727・Aコープ・−/−/− ※内訳:豚肉等
4.4/30,500/選挙/食品代/安中市中宿1−9−17・野尻の里・−/−/− ※領収書宛先は高橋よしのぶ選挙事務所
4.5/8,400/選挙/食品代/安中市中宿1−9−17・野尻の里・−/−/− ※領収書宛先は高橋よしのぶ選挙事務所
4.6/24,150/選挙/食品代/安中市中宿1−9−17・野尻の里・−/−/− ※領収書宛先は高橋よしのぶ選挙事務所
4.7/18,900/選挙/食品代/安中市中宿1−9−17・野尻の里・−/−/− ※領収書宛先は高橋よしのぶ選挙事務所
4.8/9,800/選挙/食品代/安中市原市727・Aコープ・−/−/− ※内訳:豚肉、天ぷら粉、マヨネーズ等
4.9/5,609/選挙/食品代/安中市原市727・Aコープ・−/−/− ※内訳:豚肉、野菜、福神漬、らっきょう漬、野菜ジュース等
4.9/27,600/選挙/食品代/安中市中宿1−9−17・野尻の里・−/−/− ※領収書宛先は高橋よしのぶ選挙事務所
4.10/4,851/選挙/食品代/安中市原市727・Aコープ・−/−/− ※内訳:コカコーラ49点
4.10/16,800/選挙/食品代/安中市中宿1−9−17・野尻の里・−/−/− ※領収書宛先は高橋よしのぶ選挙事務所
小計/151,124
雑費
4.12/4,800/選挙/ガス代/安中市岩井970−4・高橋よしのぶ後援会・−/−/− ※領収書宛先は高橋よしのぶ選挙事務所
4.12/6,800/選挙/電気料/安中市岩井970−4・高橋よしのぶ後援会・−/−/− ※領収書宛先は高橋よしのぶ選挙事務所
4.12/1,200/選挙/水道代/安中市岩井970−4・高橋よしのぶ後援会・−/−/− ※領収書宛先は高橋よしのぶ選挙事務所
4.12/14,200/選挙/灯油代/安中市岩井970−4・高橋よしのぶ後援会・−/−/− ※領収書宛先は高橋よしのぶ選挙事務所。発行元は居シ本商店となっている。
小計/27,000

立候補準備のための支出/542,974
選挙運動のための支出/857,774
計/1,400,748
前回計
立候補準備のための支出/−
選挙運動のための支出/−
計/−
総額
立候補準備のための支出/542,974
選挙運動のための支出/857,774
総計/l,400,748
【支出のうち公費負担相当額】
項目/単価(A)/枚数(B)/金額(A)x(B)=(C)
選挙運動用通常葉書の作成/−円/−枚/−円
ビラの作成/−円/−枚/−円
ポスターの作成/800円/359枚/287,200円
選挙事務所の立札及び看板の類の作成/−円/−枚/−円
選挙運動用自動車等の立札及び看板の類の作成/−円/−枚/−円
個人演説会等の立札及び看板の類の作成/−円/−枚/−円
計/−/−/287,200円
この報告書は、公職選挙法の規定に従って作成したものであって、真実に相違ありません。
平成22年4月26日
         出納責任者 住所 安中市中宿642
               氏名 岩下高志
備考
1 収入の部においては、一件1万円を超えるものについては各件ごとに記載し、一件1万円以下のものについては、種別ごとに各収入日における合計額を一覧に記載するものとする。なお、寄附については、一件1万円以下のものについても必要に応じて各件ごと記載してさしつかえない。
2 収入の部中「種別」欄には、寄附金、その他の収入の区別を明記するものとする。
3 収入の部中「参考」欄には、選挙運動に係る公費負担相当額(選挙運効用通常葉書、ビラ若しくはポスターの作成又は選挙事務所、選挙運動用自動車等若しくは個人演説会場の立札及び看板の類の作成に係るものをいう。以下同じ。)を記載するものとし、また、その他の参考となる事項を記載することができるものとする。
4 支出の部中「区分」の欄には、立候補準備のために支出した費用と選挙運動のために支出した費用との区別を明記するものとする。
5 支出の部中「支出のうち公費負担相当額」欄には、選挙運動に係る公費負担相当額を記載するものとする。ただし、各項目において二以上の契約がある場合には、契約ごとに欄を追加して記載するものとする。
6 精算届後の報告書にあっては、「収入の部」「支出の郎」ともに前回報告した金額をあわせて総額の欄に記載するものとする。
7 収入の部の記載については第三十号様式収入簿の備考中2から6までの例により、支出の部の記載については同様式支出簿の備考中3から9までの例によるものとする。

領収書を徴し難い事情があった支出の明細書
支出の年月日/支出の金額/区分/支出の目的/領収書その他の支出を証すべき書面を徴し難かった事情
4.12/14,000/−/通話料/高橋よしのぶ後援会と按分のため
1.平成22年4月11日執行 安中市長選挙
2.公職の候補者  住所 安中市岩井970−4
          氏名 高橋由信
3.出納責任者   住所 安中市中宿642
          氏名 岩下高志
備考
1 「区分」の欄には、立候補準備ために要した費用及び選挙運動のために支出した費用の区分を明記するものとする。
2 「支出の目的」の欄には、会計帳簿の支出簿備考中の例により記載するものとする。
**********

■こうして、報告書の枚数では岡田候補が11ページ、高橋候補が22ページとなっています。岡田候補の報告書の内容には注目すべきいくつかの項目があります。

 たとえば、「4.収入の部」で「4.4/775,000円/寄付/5,000円×155人」と記載があります。備考欄に「寄附については、一件1万円以下のものについても必要に応じて各件ごと記載してもさしつかえない」とありますが、155人が同日に一律5,000円を寄付したということはいかにも不自然です。おそらく、寄附をした者の氏名を明かしたくないため、こうした書き方にしてあるものと推測されます。せっかく岡田候補に寄付をした支援者にたいして、大変失礼な対応ではないでしょうか。

 また、「5.支出の部」には、岡田候補の選挙事務所の使用にかかる家屋費(選挙事務所費)が見当たりません。岡田候補が選挙用に使用した建物は、いつもは岡田義弘後援会事務所として使用している牧草小屋です。岡田後援会から借用すれば、借用料が必要ですし、無償提供であれば、収入の部に寄附として計上する必要があります。選挙管理委員会は、必ずこの点をチェックしますが、なぜか岡田候補の報告書はこのまま受理されています。一方、高橋候補の報告書にはきちんと記載されています。

 同じく「5.支出の部」には、通信費として電話代、燃料費としてガス代、灯油代が計上してありますが、電気代と水道代の記載がありません。選挙の期間中、運動員への炊き出しや、来客へのお茶の接待は必須ですが、このための電気や水も使用しているはずです。その場合、岡田後援会の名義で支払っている電気代や水道代のうち、今回の選挙のために使用した分の計上が必要となる筈です。共用の場合は按分すべきです。一方、高橋候補の候補では「後援会と按分した」旨の記載があります。

 このほかにも、いろいろな疑問点があります。安中市選挙管理委員会では「公正、公明、透明で明るい選挙」をスローガンとして掲げていますが、実際には、特定の候補者の方を持つ傾向があり、いわゆる「二重基準」を適用するケースがこれまでにも多々ありました。さっそく、安中市選挙管理委員会に対して、こうした疑問点を公開質問状で質していきたいと思います。結果は追ってご報告します。

【ひらく会情報部】
7



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ