2010/8/9  22:52

100歳以上の高齢者不在問題と行政の怠慢  困ったちゃん岡田前市政

■全国各地で、高齢者の所在不明が相次いでいます。このため、厚生労働省は8月6日までに、47都道府県、19政令市、40中核市に対して、それぞれの高年齢者の男女別上位5人と面会するよう求める通知を出しました。結果は9月中旬までにまとめて公表する予定です。1000人規模で、全国で同時期に、高年齢者の直接の安否確認を行うのは初めてだということです。

 厚労省はこれまで毎秋、国内の最高齢者の状況を把握するため、都道府県などに高年齢者の上位5人の生存確認を求めてきましたが、これまでは本人の状況を直接確かめなくてもよかったので、こういう事態が発生したため、今後は、今回の事態を受けて確認方法を厳格化するのだそうです。

 時事通信のまとめによると、8月6日午前1時の時点で、全国の所在不明は18都道府県で71人となったことが報じられました。


**********
【100歳以上の所在不明者】(8月6日午前1時現在)
市区町村/年齢/性別
札幌市/106歳/女性
北海道旭川市/100歳/男性
北海道岩見沢市/100歳/男性
北海道岩見沢市/100歳/女性
茨城県鉾田市/101歳/男性
埼玉県草加市/100歳/男性
埼玉県鶴ヶ島市/102歳/男性
千葉市/106歳/男性
千葉市/103歳/男性
千葉県野田市/104歳/女性
千葉県松戸市/103歳/女性
千葉県松戸市/100歳/女性
千葉県市原市/102歳/男性
千葉県市原市/103歳/男性
東京都足立区/111歳/男性
東京都杉並区/113歳/女性
東京都港区/105歳/男性
東京都港区/105歳/女性
東京都荒川区/108歳/男性
東京都荒川区/104歳/男性
東京都墨田区/100歳/男性
東京都八王子市/102歳/男性
東京都清瀬市/104歳/男性
川崎市/109歳/男性
神奈川県秦野市/104歳/女性
長野市/110歳/女性
静岡市熱海市/102歳/女性
静岡県下田市/103歳/女性
名古屋市/106歳/男性
愛知県津島市/100歳/男性
京都府宇治市/103歳/男性
京都府笠置町/102歳/男性
堺市/100歳/男性
堺市/100歳/男性
大阪府吹田市/102歳/男性
大阪府吹田市/102歳/男性
大阪府吹田市/100歳/男性
大阪府吹田市/100歳/男性
大阪府吹田市/101歳/男性
大阪府枚方市/100歳/男性
大阪府大東市/105歳/男性
大阪府和泉市/101歳/男性
尾坂府泉佐野市/103歳/男性
兵庫県姫路市/107歳/男性
兵庫県姫路市/102歳/女性
兵庫県川西市/102歳/男性
兵庫県川西市/101歳/男性
兵庫県相生市/100歳/男性
奈良市/100歳/女性
和歌山市/101歳/男性
和歌山県海南市/107歳/男性
和歌山県海南市/112歳/女性
岡山市/108歳/女性
岡山市/107歳/女性
岡山市/101歳/男性
岡山県玉野市/103歳/男性
愛媛県四国中央市/101歳/女性
福岡市/101歳/男性
大分県臼杵市/102歳/女性
(注)このほか、大阪府東大阪市に13人おり、年齢、性別は不明。(時事通信)
**********

 こういうニュースはすぐに外国に伝わります。まず、思いつくのは、こんなデタラメな状況では、世界一を誇る平均寿命が果たして本当なのか、ということでしょう。

 厚労省によると、平均寿命の上位5位はおおむね次の順番となっています。
◆男性:
 1 カタール   81.0歳
 2 香港     78.9歳
 3 アイスランド 79.7歳
 3 スイス    79.7歳
 5 日本     79.59歳
●女性:
 1 日本     86.44歳
 2 香港     86.1歳
 3 フランス   84.5歳
 4 スイス    84.4歳
 5 スペイン   84.27歳

 厚労省の人口動態・保険統計課によると、今回の所在不明の高齢者問題は、平均寿命の計算結果に影響は与えないのだといいます。というのは、自治体は、住民基本台帳に記載されている高齢者の所在や生死について調査していますが、平均寿命の算出は、住民基本台帳ではなく、5年に一度実施している国勢調査のデータをもとにしているそうです。また、男性で98歳以上、女性で103歳以上は数が少ないためにデータとして不安定で、平均寿命の歳出には使っていないといいます。

■しかし、高齢者の安否がこれだけ無関心だったことが世界中に伝わってしまったことで、一気に、長寿国のブランドは色あせてしまいました。

 女性の平均寿命が世界5位のスペインでは、真冬の首都マドリードの街角でも、老人がカップルで手をつないで散歩をする光景が毎晩見られます。二人して仲良く腕を組んで、きちんと正装して、女性は化粧をして、ゆっくりと歩道を1時間ほど散歩するのです。

 今から10年ほど前、スペイン人に、「日本人の平均寿命が男女とも世界でトップだ」と話題を持ちかけたところ、すぐさま、「平均寿命が長いだけでは価値がない。質が良くなければ比較できない」と反論されました。つまり、ベッドの上で寝たきりで、体にチューブを繋がれて生きながらえても、それは人間の尊厳にはなじまないため、長生きする価値がないというわけです。

 今ではスペインの女性は世界第5位ですから、スペイン人の高齢者は、きっと質的には世界トップクラスの長寿を謳歌しているはずです。地中海に面してイタリアやフランスも同様な生活習慣ですから、近いうちにこれらの国々が数字や質の両面でトップ争いを繰り広げることでしょう。

■それにしても、いい加減なのは行政の対応です。国も、県も、市町村も全部いい加減です。国のいい加減さは、年金問題で証明済みですが、今回の事件で判明した、住民基本台帳がいい加減ということは、税金の課税台帳もいい加減ということになります。

 大事な高齢者の動静を行政自身では、把握しようとせず、老人会や老人クラブなどの住民ボランティアや民生委員に調査を押し付け、自分たちは、国勢調査の統計調査員などカネをもらわないと動こうとしないのだから、本当に困ったものです。

 こうした基礎データがいい加減ですから、住民税の均等割り、選挙人名簿、国民健康保険、介護保険なども全部いい加減だと見たほうがよさそうです。安中市の場合は、100歳以上の高齢者の幽霊住民の事例は、いまのところ出ていないようですが、タゴ事件で税金の課税台帳がタゴの言いなりに改ざんされていたことが分かっており、実態は人一倍ひどい状態であるという懸念が膨らみます。

■市の職員は、率先して、納税者であり有権者であり、年金受給者であり被有権者でもある住民のことを日ごろから関心を持たなければなりません。それなのに、何かあれば直ぐに情報開示条例で定める個人情報に該当する、などとして、情報の開示のみならず収集さえも怠ける体質にどっぷり染まってしまいました。

 なんとか、こうした怠慢行政を是正していかねばらなりません。とりわけ安中市の場合は急務と言えましょう。

【ひらく会情報部】
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ