知事公舎の見学会を11月24日と25日に開催するよう大澤正明知事に申し入れた市民オンブズマン群馬  県内の税金無駄使い実態

■市民オンブズマン群馬は11月4日に、大澤知事に知事公舎の見学会の開催を書面で申し入れました。これは、先般、週刊誌沙汰となった大澤知事の知人女性宿泊に関して、不正使用が取りざたされている知事公舎の実態を県民の目で確認し、税金の無駄遣いがなかったのかどうかを、ひろく県民の目線で調査しようというものです。本日の新聞各紙は、このことを次のように報じています。

**********
「知事公舎公開を」 3回目の申し入れ
 大沢正明知事万知事公舎(前橋市大手町)に知人女性を泊めた問題で、市民オンブズマン群馬(小川賢代表)は4日、県に対し、知事公舎内部を公開し、県民向けの見学会を開くよう求める3回目の申し入れをした。11日までの回答を求めている。
 オンブズマンば7月と8月にも同様の内容を申し入れたが、県は「警備上の問題がある」として応じなかった。だが、県が公舎の存廃を検討するために設置した第三者委員会が10月末に現公舎の廃止などを答申したことから、「警備上の問題はなくなった」として再び申し入れた。
(上毛新聞2011年11月5日)
**********
知事公舎見学会 3度目開催依頼
 大沢知事が知人女性を知事公舎に宿泊させた問題で、市民オンブズマン群馬(小川賢代表)は4日、県民向けの知事公舎見学会の開催を許可するよう県に依
頼書を提出した。
 依頼は3回目。過去2回は、県が「警備上、問題がある」として許可していなかったが、知事公舎のあり方検討委員会が先月28日、現在地は公舎として不適とする報告書を出したことから、オンブズマン側は「使用を継続する可能性がなくなり、警備上の問題もなくなった」と主張している。
 県管財課は「検討委の報告を受けて、許可するかも含めて県としての対応を検討中」としている。
(読売新聞2011年11月5日)
**********
知事公舎見学会を 市民オンブズマン3回目の依頼
 市民オンブズマン群馬は11月4日、知事公舎の見学会を24、25日に開催するよう依頼書を大澤正明知事宛てに提出した。依頼書の提出は三回目。
 これまで県に「警備上の問題」などで断られていたが、県の「知事公舎のあり方検討委員会」が10月28日に現公舎は「住宅として適さず、県民のために活用していくべきだ」と報告したのを受け「警備上の問題はなくなった」として再度、開催を求めた。(伊藤弘喜)
(東京新聞2011年11月5日)
**********

■2011年11月4日に市民オンブズマン群馬が大澤正明知事宛てに提出した依頼書は次の通りです。

**********
                       2011年8月4日
群馬県知事 大澤正明様
(総務部管財課)
                     市民オンブズマン群馬
                     代表 小川  賢
   知事公舎特別見学会開催にかかる3回目の依頼書
 貴職におかれましては、日夜、知事公舎を舞台に群馬県行政に取り組まれ、そのご精力に対して、群馬県民として謹んで敬意を表します。
 さて、当会から秘書課を通じて貴殿あてに提出した2011年7月25日付「知事公舎特別見学会開催にかかる依頼書」及び2011年8月4日付「知事公舎特別見学会開催に係る再度の依頼書」に対して、貴殿はいずれも拒否する旨の回答書をよこしました。このなかで、貴殿は、知事公舎の見学会の実施ができない理由として「警備上の問題」を挙げました。
 ところが、群馬県のホームページを見ますと、【10月28日】「知事公舎のあり方検討委員会」からの報告について((総)総務課)と題して、「知事公舎のあり方検討委員会」(吉永國光座長)から、貴殿あてに次のとおり報告があったことを知りました。
 <報告書本文>
                   平成23年10月28日
群馬県知事 大澤 正明 殿
                 知事公舎のあり方検討委員会
                  座長 吉永 國光
      知事公舎のあり方について(報告)
 知事公舎のあり方について、下記のとおり意見をとりまとめましたので、報告します。
                    記
1 知事公舎の必要性について
  前橋市内に知事の居住に供する公舎が必要である。
  ただし、コンパクトで必要最小限のものにすべきである。
2 現在の知事公舎について
  現在の知事公舎は、住宅用地として適さない。
  一方で、官庁街に立地し、利用価値が高い場所であり、広く県民・市民のために活用していくべきである。
 この委員会には管財課の幹部もメンバーに名を連ねていることから、現在の知事公舎をこのまま使用継続する可能性はなくなったことがうかがえますので、既に貴殿の言う「警備上の問題」はなくなったことになります。
 そこで、貴殿が使用していた現在の知事公舎に関しまして、開かれた県政の観点から、ぜひ、下記の予定で、知事公舎を開放し、県民向けの特別見学会の機会を与えるように担当部署である総務部管財課にご指示ください。
                 記
     知 事 公 舎 特 別 見 学 会 開 催 要 領
1.希望日時: 平成23年11月24日(木)09:00〜11:00 及び
        平成23年11月25日(金)09:00〜11:00 の2日間
2.希望事項: 
  (1)すべての内部施設の開放と見学の許可
  (2)写真撮影の許可
                             以上
 なお、本依頼書に対するご回答は、平成23年11月11日(金)正午必着で、下記に郵送又はFAXにてご回答いただきますよう、お願い申し上げます。
                 記
      市民オンブズマン群馬 事務局長 鈴木 庸
 群馬県前橋市文京町1−15−10電話 027−224−8567 FAX 027−224−6624
**********

■なお、先日、群馬県から情報開示された本件に関する膨大な資料は現在、内容を分析中です。11月24、25日に予定している知事公舎見学会を県庁側が許可してくれれば、その際に詳しく説明できるように、準備を進めたいと存じます。

【ひらく会事務局】
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ