幼児を含む多数の国民が大量のヨウ素131に曝されていた事実を報じたETV特集番組  前橋Biomass発電問題・東電福一事故・東日本大震災


■昨日一日中放送していた3.11東日本大震災の一周年特集番組のなかで、夜10時から何気なくEテレにチャンネルを合わせていたら、「ネットワークでつくる放射能汚染地図5 埋もれた初期被曝を追え」という番組をやっていたので、思わず見入っていました。すると、東電福島第一原発事故の初期に、国民の知らないうちにベントを繰り返して大量の放射能を環境中に撒き散らしたうえに、相次ぐ水素爆発で大量のヨウ素131を含む放射能が環境中に撒き散らされていたことが改めて検証されていました。
クリックすると元のサイズで表示します
2011年3月15日14:00のヨウ素131の分布状況。


 同番組の概要についてNHKのホームページは次のように説明しています。
**********
福島第一原発事故は事故初期に大量の放射能を環境中に放出した。中でもヨウ素131は、チェルノブイリでは、体内に取り込んだ子供の一部に、甲状腺がんが現れるなど、その危険性は国際的に認められている。
しかし、今回の事故では、住民にヨウ素131の影響がどれだけあったのか、その詳細はわかっていない。ヨウ素131は半減期8日と短い間に消失してしまうため、早期の測定、調査が必要とされてきた。しかし、国は、事故初期の現場の混乱などによって、ヨウ素131の動きを十分に捕まえることができず、住民の内部被ばく調査も行うことがなかった。
浪江町津島地区は事故初期から大量の放射能におそわれた。環境中に大量のヨウ素131があったと見られる時期も、多くの住民にその情報は届いてはいなかった。無防備なままヨウ素131にさらされた可能性がある住民の間では、子どもへの影響を懸念し、どれだけ被ばくしたのか知りたいという声があがっている。
どうすれば事故初期の被ばくの実態に迫れるのか。取材を進める中で、事故初期に独自の甲状腺調査が行われていたことや、これまで公開されていなかった原発周辺のデータがあることが判明。放射能測定の草分け岡野眞治博士や気象シミュレーションを行う研究者たちとネットワークを築き、その解明に挑む。
http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/0311.html
**********

■番組を見ていると、昨年3月15日あたりのヨウ素131の飛散がもっと多く、弘前大学放射線研究所の床次教授のシミュレーションの結果、ヨウ素被曝の最大値の推定計算値として、幼児で800mSv、4歳児で400mSvが得られたという報告がありました。

 この他、政府が事故直後のサンプリングの収集をほとんどやっていなかったという事実もあきらかにされました。

 なぜ、3.11の一周年の今頃になってこのような事実が明らかになったかと言うと、津波や停電で全滅したはずだったモニタリングポストの中に、3月15日前後の放射線のスペクトルのデータが克明に残されていたものが発見されたからだということです。

 それらの蓄積データをもとに、専門家がヨウ素被曝の追跡調査を改めて行い、ヨウ素131の拡散の模様を詳細にシミュレーションしたのでした。

クリックすると元のサイズで表示します
2011年3月15日(火)03:00

クリックすると元のサイズで表示します
05:00

クリックすると元のサイズで表示します
07:00

クリックすると元のサイズで表示します
09:00

クリックすると元のサイズで表示します
12:00

クリックすると元のサイズで表示します
14:00

クリックすると元のサイズで表示します
16:00

クリックすると元のサイズで表示します
19:00風がやみ、拡散が収まった。

■その結果を見た群馬県を含む関東地方の視聴者は、みな驚愕したことでしょう。なぜなら、風に乗って流された大量のヨウ素131の帯が、関東地方北部をなでるように横切っていたからです。

 これから何十年後に亘り、どのような影響が、とくに幼い子どもたちの間に広まるのかどうか、注意深く検査する必要があることはもちろん、こうした事態を手をこまねいて招いた責任はだれにあるのかを、きちんと追求し、責任の所在を明確化しておくことが、現在の私たちの使命だということを痛感させられる番組でした。

【ひらく会情報部】
0



2012/3/19  17:38

投稿者:名無しです

そうですね。瓦礫拡散にともないゴミ業者はもちろん、この恩恵にあやかろうとする運送屋や建設会社も多そうですね。生命の安全と金を天秤にかけなくても・・・どちらが大切かは考えなくてもわかるはずですが。チェルノブイリやドイツの放射線研究機関も「汚染瓦礫の移動は非常に危険。今すぐ止めるべき。」と発信しています。これから群馬県や安中市がどのような言動をとるのか、遠く離れた地からも監視していきたいと思います。

2012/3/18  7:22

投稿者:ひらく会情報部  

>>「名無しです」さんへ
 瓦礫を利用して、地盤沈下した地区の土盛りに活用すれば、輸送距離も少なくて済み、新たに山を崩す必要もなく自然環境保護に役立つはずです。なのに、政府が瓦礫拡散にこだわるには、きっと国民に知らせたくない事情があると思われます。「絆」という言葉を履き違えて、広域に瓦礫を拡散させることにより、各地にある最終処分場の受入能力を減少させるとともに、あらたな最終処分場建設を後押しすることになります。こうなると、安中市のように既に全国のサンパイ業者から狙われている地域では、一層サンパイ処分場の建設圧力がひどくなります。瓦礫の全国展開でうるおうのはサンパイ業者であり、その背景には政官との癒着があります。残念ながらこの国の政官業の癒着状況は、中国と同レベルだと思います。

2012/3/17  17:42

投稿者:名無しです

政府による汚染瓦礫の拡散が、いよいよ本格的になってきましたね。数日前にイギリスBBCが制作した「Children of the Tsunami」という番組を見ました。被災した福島の子供たちの生の声が、約一時間の番組に納められています。まだ7,8歳くらいの子供たちが「将来は人を助ける事をしたい。」「放射能を防ぐ薬やスプレーを作りたい。」と笑顔で語るのです。大量の被曝をし、家族や家を失って今も仮説住宅で暮らしているのに・・・。自分自身も今現在被災者であるにもかかわらず、「これから生まれてくる子供のために。」と言うのですよ。これを見て胸が痛くなりました。被曝の恐怖や、病気になる危険も子供たちは理解しています。でも彼らは真っ直ぐな瞳で「人を助ける事をしたい。」と語るのです。金に群がる大人たちの、なんと醜い事か・・・。私たちは、この子供たちのためにも安全な土地と食べ物を残してあげなければ、生かされている価値がない。こんな国にしてしまったあげく、放射能汚染の恐怖まで残して消えていくのは人間として大いに恥じなければならないでしょう。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ